スポンサーリンク

ホンダ 新型NSX 待望のスーパースポーツ、走る

ホンダNSXのプロトタイプ。新型NSXは、2016年春から北米(アキュラ・ブランド)で生産販売が始まり、日本発売は16年秋以降の予定である。開発責任者テッド・クラウス氏からの説明によると、「新型の技術は人間のためにある」という点を強調していた。これは1stモデルから継承したNSXの伝統と言う。1990年にデビューした1st・NSXは一般道でも扱いやすいミッドシップモデルだった。新型この設計思想を受け継ぎ、人間の感性に合うスポーツカーを目指したしたという。
今の愛車7年落ち下取り査定ゼロ・・・でも!
>>かんたん車査定ガイドなら高く売れます!<<

新型NSXのボディ

新型NSXの核になるのは、低重心、軽量、高剛性に徹底的にこだわったボディである。アルミを主体に様々な素材を組み合わせて構築した。この強靭なボディ(1stモデルとの比較で、ねじり剛性は静的特性が2倍、動的特性は3倍)が、パワートレインやサスペンションのコントロール性を高めたという。

新素材の利用にも積極的だ。衝突安全性が要求されるフロント周辺には、アブレーションキャストという新鋳造アルミを使用した。鋳造でありながら特性は鍛造に近く、強い衝撃を受けてもクラックが入りにくい。この素材の採用で全長が50mm以上短縮出来たという。

新型NSXの二人乗りキャビンは、アメリカ人の体格を考慮してヘッドクリアランスが確保されていた。リアエンドにトランクを備えるなど、荷物スペースにも配慮している。このあたりは実用的に使えるスポーツカー、1st・NSXの長所を継承している。

新型のパワートレーンは、メーカーが「スポーツハイブリッドSH-AWD」と呼ぶ先進システムである。当初、V型6気筒自然吸気エンジンをキャビン背後に横置きするミッドシップ方式を予定していた。しかし、ひとクラス上の走りを目指すために、新開発の75度3.5L V6直噴ツインターボを縦置きにするミッドシップに変更された。モーターはエンジンと9速デュアルクラッチトランスミッションの間に1基、フロント左右輪用に2基使う3モーター方式。

スペックは強烈だ。エンジンの最高出力は500ps、最大トルクは56.1kgm。モーターはフロントが左右それぞれ36ps/7.4kgmで、リアが47ps/15.1kgm、システム全体での最高出力は573ps、最大トルクは65.9kgmとなる。

車両重量は1725kg。V6ツインターボエンジン、3モーターのハイブリッド車という構成上、重量が増した。だが、前輪用モーターを左右で独立制御する機構で回頭性を高め、モーターアシストによりクイックレスポンスの加速感が楽しめる。これをホンダは「軽量感」と表現している。音は静かでかつ心地よいサウンドを目指したという。

全体にクリーンな印象でまとめられた新型は、実寸(全長☓全幅☓全高4470☓1940☓1215mm)より小さく引き締まって見える。サイドシルは低く、乗降性がいい。シートのサポート性は優秀。前方視界はワイドで車両感覚がつかみやすい。発進はモーターで行い、発進後にエンジンが始動する。加速感はスペック以上に強力だ。モーター特有の鋭いレスポンスが実感できる。パワーやトルクの出方に特別なピークはない。これは高度なハイブリッド制御の成果と思われる。

音はクルージング時は静かで、加速時も適度な音量に保たれる。ただし、クワイエット、スポーツ、スポーツ+、トラックの4種類が設定されたドライブモードをスポーツからスポーツ+に切り替えると、音もメーターの色も変わり、走りの高揚感は一気にアップする。

乗り心地は、アルミボディのスーパースポーツらしい硬質感があった。フットワークは、ステアリングを切った際のノーズの鋭い動きが印象的だ。前輪左右のモーターを独立制御する効果が、明快に伝わってきた。実際よりかなり小さく軽い車に乗っているような気がした。

走行モードがスポーツ+の場合、ステアリングが重くなり、回頭性を高める制御がさらに明確になった。この変化は好みが別れるかもしれないが、ハイテク駆使したスーパースポーツらしいと感じた。今後、発売までに走りの磨き込みを積極的に行うというから、新型NSXの実力は一段と向上するに違いない。新型NSXのアメリカでの価格は15万ドル(約1800万円)。日本仕様もほぼ同じと思われる。

NSXプロトタイプ主要諸元

全長☓全幅☓全高(mm) 4470☓1940☓1215
ホイールベース(mm) 2630
車重(kg) 1725
トランスミッション 9速DCT
エンジン 3.5L・V6DOHC24Vツインターボ
最高出力(ps) 500
最大トルク(kgm) 56.1
モーター(ps/kgm) F36/7.4(左右1基ずつ)/R47/15.1
サスペンション(F/R) F・Rダブルウィッシュボーン
ブレーキ(F/R) F・Rベンチレーテッドディスクブレーキ
タイヤサイズ(F/R) F245/35ZR19、R295/30ZR20
駆動方式 4WD
乗車定員(名) 2
最高速度(km/h) 307

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

NSX ホンダ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました