スポンサーリンク

ただいま人気絶好調 オススメミニバン 160万円~210万円

記事内に広告が含まれています。

まだまだ人気のミニバン。ボーナスで購入という人も多いはず。ここでは人気のミニバンの中から価格160万円~210万円の車種をご紹介。値引きの目安も!

シエンタがここに入るんですが、売れ行き絶好調です。もう、販売ランキングはアクアに次いで2位だし、納車は半年待ちとかになってるようです。ボーナスで買い換えの人も多いでしょう。

ところで、買い替えのとき、今の愛車を無料一括査定サイトで価格確認した方がお得なんですがご存じですか?オススメは、データを入力するだけで営業電話が来る前に概略価格が分かるかんたん車査定ガイドです。目安が分かれば交渉もやりやすいし、ディーラー下取りよりも30万円高く売れたら浮いたお金でオプション追加できますよ!


概略価格がスグわかる→
>>かんたん車査定ガイド<<

シエンタ絶好調

この価格帯は7月に一新したばかりのシエンタの売れ行きだけが絶好調だが、他のモデルは世代交代の直前だったり、生産中止の予定だったりして売れ行き激減状態にある。新型シエンタは月間1万台ペースでコンスタントに売れている。登録車の販売ランキングではアクアについで2位だ。とはいえ、成約後の納期は来年5月と半年待ちで受注も抱えているから実質的にはトップセラーになっているといえる。

フリードは来年中盤にも一新する末期モデルだから、販売は激減状態にある。それでも月販3000台近辺をコンスタントに売り、登録車の販売23位あたりに位置しているので人気の根強さは維持していると言える。

ウィッシュ、アイシス、プレマシーの3モデルは次期型の開発プロジェクトは動いておらず、ゆくゆくは生産中止の運命にある。NV200は法人向け主体だから、絶対的な販売台数は限られる。

値引き状況は、シエンタ以外であれば25万円以上の大幅値引きがゲットできる状況にある。シエンタは新型になりたての超人気モデルだから、ガードが固い。車両本体だと10万円、ナビ付きでも15万円近辺で限度となるケースが多い。トヨタ全系列店扱いだから、四店以上と同一車競合をさせて攻めるのが効果的。

フリードは来年中盤の一新だから、これを活用する。次期型の購入検討を匂わし粘るのも手。生産中止予定の3モデルは35万円引き以上を狙える。シエンタとNV200バネットは待ちだが、これ以外の4モデルは買いと言えるだろう。

トヨタ シエンタ 168万9709~212万1709円

15年7月の登場以来、売れ行きは絶好調。小型&普通車ではアクアに次ぐ2の登録台数を誇る。特徴は全長4235mmの小さなボディと広い車内の組み合わせ。独自の薄型燃料タンクにより、フラットフロア構造ながら床が低く3列目に座っても膝が持ち上がらない。多人数乗車が快適で、3列目をたためば自転車も積める。ハイブリッド、緊急自動ブレーキを作動できる安全装備などの設定も魅力。

●人気グレード:G/46%
●価格:198万327円(2WD)
●エンジン:1.5/1.5HV 2WD/4WD
●サイズ:4235☓1695☓1675mm
●価格:22万円

トヨタ ウィッシュ 190万5709~249万9709円

1.8Lエンジンを搭載したワゴン風のミニバンで、売れ筋になるXの価格は190万円少々。ミドルサイズながら、2列シートのカローラフィールダー1.8Sよりも約30万円安い。3列目は窮屈だが、たたんでワゴンとして使うユーザーが多い。ミニバンでは低重心で走行安定性もすぐれた部類に入る。今はエコカー減税に該当しないために売れ行きが下がったが、価格の割に実用性と内装の質感が高い。

●人気グレード:1.8X/46%
●価格:190万5709円(2WD)
●エンジン:1.8/2.0 2WD/4WD
●サイズ:4600☓1720☓1590mm
●値引き:28万円

トヨタ アイシス 197万4857~255万6000円

5ナンバーサイズで、全高はヴォクシー/ノアとウィッシュの中間的な高さ。3列目もヴォクシー/ノアほど広くないが、ウィッシュよりは快適だ。片道1時間半程度なら大人の多人数乗車も可能とする。全高が1700mm以下だがスライドドアを備え、左側は中央のピラーをドアに埋め込んだ。前後ドアを開くと開口幅が1890mmに広がり乗降性がいい。床面地上高も380mmと低く高齢者に優しい。

●人気グレード:L/28%
●価格205万7143円(2WD)
●エンジン:1.8/2.0 2WD/4WD
●サイズ:4640☓1710☓1640mm
●値引き:31万円

ホンダ フリード 174万6000~239万2400円

1.5Lのノーマルエンジンとハイブリッドを選べる小さなミニバンだが、外観の見栄えやシートアレンジは2Lクラスに劣らない。2列目はセパレートタイプが基本で座り心地も快適だ。3列目は膝が少し持ち上がるが、ジェイドほど窮屈ではない。荷室の床面地上高は480mmと低く、3列目をたたんで自転車を積むときも、自転車を大きく持ち上げる必要がない。モデル末期で来年に一新する予定。

●人気グレード:Gプレミアムエディション/51.5%
●価格:201万2400円(2WD/7人)
●エンジン:1.5/1.5HV 2WD/4WD
●サイズ:4215☓1695☓1715mm
●値引き:25万円

日産NV200バネット 193万7520~204万5520円

商用車のNV200バネットをベースに開発されたワゴンで、3列シートの他に2列仕様もある。全長は4400mmと短いが、車内は広く、3列目にも大人が座れる。シートアレンジも実用的。3列目を左右に跳ね上げ、2列目も前方に倒してたたむと、車内の大半が床の平なボックス状の荷室になる。自転車を積みやすく車中泊にも使える。1.6Lエンジンは力不足で燃費も不満だが、積載性は抜群だ。

●人気グレード:DX(2/5人乗りAT)/29.6%
●177万5520円(2WD)
●エンジン:1.6 2WD
●サイズ:4400☓1695☓1900mm
●値引き:19万円

マツダ プレマシー 200万8800~241万9200円

エンジンは2Lだが、全幅はワイドな3ナンバー車になる。全高は1700mm台だが、スライドドアの装着で後席の乗降性はいい。ワゴン風のミニバンとあって3列目は少し窮屈だ。2列目はベンチ&セパレートの兼用タイプで実用的。ボディ剛性を高めて足回りの設定も入念に行い、走行安定性はミニバンではすぐれた部類に入る。20C-SKYACTIVは、価格が200万円少々で買得だ。

●人気グレード:20S-SKYACTIV/35.8%
●価格:226万8000円
●エンジン:2.0 2WD/4WD
●サイズ:4585☓1750☓1615mm
●値引き:33万円

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

シエンタミニバン
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました