レクサスからRXが10月デビュー フローティングルーフ採用のRX

今年10月29日に開幕する東京モーターショーの直前に発表されるのがレクサスRXだ。レクサスNXの兄貴分というよりも、日本のプレミアムSUVの本家といえるモデル。トヨタブランドにハリアーが復活して注目されたが、フローティングルーフと呼ばれる、浮いたように見えるルーフの他、張りのあるクォーターパネルを採用しスタイルは風格あるもの。パワーユニットは従来からのV6、3.5LのRX350、V6、3.5L+前後モーターのRX450hに加え、直噴2LターボのRX200tがラインアップされることになり、欧州プレミアムSUVに対抗できる充実のラインアップとなる。

○10月に開かれる東京モーターショー直前で発表されるはず。新型は5人乗りに加え、サードシートを持つ7人乗りが1年後をめどに追加となる見込み。ルーフが浮いて見えるフローティングルーフや2L直噴ターボなど見所は多い。

【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。
 
▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<

 

かんたん車査定ガイド

 
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。