エスティマは来春にビッグマイナーチェンジし、3.5L V6モデルを廃止

エスティマは来春にビッグマイナーチェンジを実施します。ドア以外のボディパネルは新開発。内装も新材質や新カラーリングを採用、使い勝手の向上やクオリティアップを図ります。パワートレインは現行4気筒2.4Lをアエラスに一本化。ハイブリッドは変更無し。3.5L V6は販売が落ち込んでいるため廃止となります。

衝突回避を中心とした安心パッケージのトヨタセーフティセンスPを標準装備します。こちらはプレミオ/アリオン、アルファード/ヴェルファイア、ヴォクシー/ノアの量販モデルにも来年初めの一部改良時に順次展開します。本来であれば2.4Lは2.5Lに格上げするはずですが、今回はマイナーチェンジのために送られるようです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加