スポンサーリンク

アバルト124スパイダー 広島製のイタリアンスポーツ

個性派オープンスポーツ10月8日より388万円で販売開始!

サイドからリアにかけてのラインと言うかフォルムは確かに「マツダロードスター」なんだけど、ハニカム形状のグリルと大きな目玉のようなヘッドライトのフロントマスクで随分と違った雰囲気。8月5日、アバルト124スパイダーが正式に日本で発表された。ワングレードで価格は6MTが388万円。

この車、言うまでもなく基本骨格をマツダロードスターと共にする。とは言え共同開発というのではなく、あくまでも「共通」なのはフロアやボディ骨格、サスペンション形状などと言ったアーキテクチャのみで、これをベースにフィアットが独自に内外装デザイン、パワートレーン、サスペンション開発などをして「124スパイダー」を完成。そしてさらによりスポーティに仕上げたのがこの「アバルト124スパイダー」なのである。

 

【広告】


ロードスターと真逆の魅力をトコトン追求!

搭載されるエンジンは1368ccの直列4気筒ターボエンジンで最高出力170ps、最大トルク25.5kgmを発揮する。マツダロードスターは「原点回帰」をキーワードに、軽量化とエンジンのダウンサイジングを実行。

前型では2Lまで排気量が拡大したのに対し、あえて131ps/15.3kgmの1.5L NAエンジンを搭載するのとは対照的。

「ちょうどいいパワーと軽快なフットワーク」を身上とするロードスターに対し、同じ基本骨格から誕生したアバルト124スパイダーはパワーとトルクを生かしたグイグイ走る魅力をアピールするあたりが面白い。

これ、「どちらが正しい」ということではなく、車の魅力は人によって感じ方が違うし、作り手の考え方によっても千差万別、ということを改めて知らしめてくれる好例だ。

ちなみに車重はロードスターRSの1020kgに対しアバルト124スパイダーは1130kgと110kg重たい。この差がフットワークの違いにどう現れるかは、早く試乗で確かめたい所。

インテリアはインパネの基本造形やセンターパネルなどにロードスターの面影を感じるものの、メーターデザインやシートなどがアバルトオリジナルでイタリアンデザインを感じる。価格は388万円でロードスターRSに対し68万円プラスと、割高感はない。ちなみにアバルト124スパイダー、広島県のマツダ本社工場でロードスターと混流生産される。

アバルト124スパイダーとマツダロードスターRSの比較

アバルト124スパイダー マツダロードスターRS
全長☓全幅☓全高(mm) 4060☓1740☓1240 3915☓1735☓1235
ホイールベース(mm) 2310 2310
車重(kg) 1130(1150) 1020
エンジン 直列4気筒DOHCターボ 直列4気筒DOHC
排気量(cc) 1368 1496
最高出力(ps/rpm) 170/5500 131/7000
最大トルク(kgm/rpm) 25,5/2500 15,3/4800
トランスミッション 6MT(6AT) 6MT
サスペンション(F/R) ダブルウィッシュボーン/マルチリンク ダブルウィッシュボーン/マルチリンク
タイヤサイズ 205/45R17 195/50R16
JC08モード燃費(km/L) 13.8/12.0 17.2
価格 388万円(399万6000円) 319万6800円

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

フィアット
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました