新型カローラ&カローラフィールダー。若者に向けた新生カローラが18年登場!

12年5月にフルモデルチェンジした、現在販売中のE160系で11代目となるカローラ。この前の型から国内向けと欧州、北米、中国をはじめとした海外向けでプラットフォームを別物として、国内向けはあくまでも全幅1700mm以下の5ナンバーサイズとする一方で、海外向けは全幅を1760mmまで拡大した、一回り大きなボディサイズとしたのが特徴。国内向けでは13年8月にハイブリッドを追加、15年3月にはマイナーチェンジを実施して自動ブレーキ「トヨタセイフティーセンスP」を搭載。

次期型カローラは18年春頃に登場の予定で進められている。現行E160系は5ナンバーサイズを堅持する意味もあり、ヴィッツと共通のBプラットフォームを採用するが、新型はTNGAプラットフォームとなり、現在開発中の次期型ヴィッツと基本部分を共通化することで全幅1695mmの5ナンバーサイズとする計画。セダンとともにステーションワゴンのフィールダーも設定されるのは現行型同様。

パワートレインハイブリッドが中心となる。新型アクアにも搭載される1.5L+モーターのTHSⅡでJC08モード燃費は35km/Lを越えてくる。トヨタのハイブリッド開発エンジニアに聞くと「まだまだニッケル水素バッテリーの進化の余地はあり、信頼性の高いニッケル水素のメリットは大きい」ということなので、引き続きニッケル水素バッテリーを採用する可能性が高いのもポイントだ。

カローラフィールダー予想スペック

全長☓全幅☓全高(mm) 4400☓1696☓1450
ホイールベース(mm) 2600
パワーユニット 直4DOHC 1496cc+モーター
最高出力(ps) 74(モーター/61)
最大トルク(kgm) 11.3/(モーター/17.2)
トランスミッション 電気式CVT
JC08モード燃費(km/L) 35.0
価格 230万~250万円
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加