マツダ RX-VISIONⅡ、CX-6

新型ロータリークーペ&新型7人乗りSUV。「RX-VISION」は市販化に向け超進化

RX-VISIONⅡ

次世代ロータリーエンジン+電動化技術。21世紀を走るにふさわしいスポーツとして登場

SKYACTIV戦略の成功で、現在最も勢いのある国産メーカーの一つとなったマツダ。しかし、そんなマツダにも、まだ一つだけ欠けているパズルのピースがある。

それがロータリーエンジンだ。前回の東京モーターショーに、ロータリーエンジン搭載のコンセプトモデル「RX-VISION」を出展。「マツダはロータリーをあきらめていないんだ」とファンを喜ばせたが、その後、大きな動きは伝わってこない。

しかし2017年はマツダのロータリーにとって50周年という特別な年。このタイミングに合わせて、マツダは新しいロータリーエンジン搭載モデルを提案してくる。

ボディサイズなどの詳細はまだ不明だが、全長は前回の「RX-VISION」よりかなり短くなるのは間違いない。「RX-VISION」はスタイルこそよかったものの、コンパクトさをウリにするロータリーエンジン搭載の割にはノーズが長すぎるのだ。

また、サスペンションストロークに関しても、より現実的な数値を確保するためフェンダーの峰部分が高くなり、全体に塊感と凝縮感が増したデザインとなる。

そのボディに収まるエンジンはSKYACTIV-Rと呼ばれる次世代ロータリー。07年にやはり次世代ロータリーとして発表された「16X」とは別物とされるこのユニットが新型ロータリーモデルの心臓となる。

ただ、その先については、未だ不透明な状態。マツダは電動化を進めると明言しているため、どこかにモーターが使われるのは間違いないが、それがモーターで過給がかからない低回転域を補う電動ターボのことなのか、それともミッションとの間にモーターを挟み込んだハイブリッドなのかが不明なのだ。

出力的には350psほどとみられ、GT-R、NSXと言ったハイパースポーツ勢には及ばないが、軽量なエンジンとマツダは標榜する「人馬一体」のコンセプトにより、その走りは凄まじく気持ちの良いものとなるだろう。

気になる市販開始はマツダ100周年に当たる2020年で、価格は500万~600万円級が予想される。

【広告】


CX-6

ミニバン派をも取り込む、CX-5。ベースの魅力的な3列シートSUV

ミニバンからの撤退を表明したマツダが、3列シートを求めるユーザーの声に応えるべく投入するのがCX-6。

ベースはCX-5でボディサイズのほぼ同様ながら、3列シート化に伴って、全長は4700mm程度にまで伸ばされる。

CX-5はベースとなるため、搭載エンジンも同一。すなわち2Lと2.5Lのガソリン、2.2Lディーゼルターボの3種類だ。

高いレベルの安全装備も魅力で、全車速対応のクルーズコントロール「MRCC」装備グレードも用意される。気になる価格帯は300万円前後、2017年秋市販開始予定だ。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加