マツダロードスターRF 今秋予約受付、年内発売か?

「私はロードスターを最も愛している人間だと自負しています。私のガレージには、初代NA型とND型ロードスターが仲良く並んでいます。この26年間、ロードスターと共に過ごした時間や経験を糧にして、”守るために変えていく”、挑戦を続けていくことを約束します」

と就任挨拶で語ったのは、新たにロードスターの開発責任者に就任した中山主査だ。

7月に退任した山本氏の後任が、開発畑からではなくND型ロードスターのチーフデザイナーという異例の抜擢には、マツダのロードスターへの並々ならぬ思い入れが表れていると言えるだろう。

そんな中山主査がデザインし、山本氏が開発責任者として、常識にとらわれることなく挑戦したロードスター「ロードスター RF」が一般公開され、今年の秋から予約を受け付け、年内には発売されることが発表された。

詳細な価格や、スペックは依然明らかにされていないが、エンジンは2Lで北米仕様のスペックから考えて、160ps/20.5kgmになると予想される。トランスミッションは6MT、6ATどちらも用意される。

約12秒で開閉できるトップからのぞく落ち着いたインテリアと、シックな「マシーングレープレミアムメタリック」のボディーカラーを纏ったたたずまいは、まさに大人のスポーツカーと言える。

ロードスターRF予想スペック

全長☓全幅☓全高(mm) 3915☓1735☓1245
ホイールベース(mm) 2310
車重(kg) 1100
エンジン 直列4気筒DOHC
排気量(cc) 1998
最高出力(ps/rpm) 160/6000
最大トルク(kgm/rpm) 20,5/4600
価格 320万円

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加