トヨタ フルモデルチェンジラッシュ!アクア、エスティマ、カローラ

トヨタのビッグネームのフルモデルチェンジラッシュに注目続々とNEWモデルが登場するトヨタ。スタンバイする注目車はどれも魅力的だ!

車種ラインナップが豊富なトヨタは既存車のモデルチェンジだけでもNEWモデルの予定が次々とやってくるのだが、特に注目なのがエスティマ。

一時期はプリウスαとの統合で消滅する方向に決定していたものが一転、根強い人気を誇るミニバンのブランド車として存続が決定した。

トヨタの定番といえばカローラだが、次期型では次に5ナンバーサイズから脱却しグローバルサイズになるBMW製1.5L直3ターボが搭載されるという。トヨタの動きから目が離せない状況だ。

【広告】


NEWアクア:TNGA+新ハイブリッドでJC08モード45km/L超か?

2011年12月に発売開発開始されたアクアは来年12月に2代目へ進化する。基本プラットフォームはTNGAを採用し、このプラットフォームをベースに次期型シエンタなどへと横展開をしていくため、相当力の入った開発になる。

ドライブトレーン自体に大きな変化はなく1.5Lハイブリッドだが、各部の効率アップでモード燃費45km/L程度を目指すという。デビュー時期17年12月。

NEWエスティマ:超未来的デザインを追求する!次期エスティマはミニバンの革命児

プリウスαとの統合による消滅から一転、存続が決定したエスティマは、将来的にはFCVへの発展性を残しながらもまずは2Lハイブリッドでデビューする計画だ。デビュー時期20年。

NEWカローラ:グローバルプラットフォーム採用で3ナンバー化する次期型カローラ

カローラのフルモデルチェンジは来年の予定。現行型では日本国内モデルは5ナンバーサイズとするために海外向けとは異なるプラットフォームを使用してきたが、新型ではグローバルプラットフォームを採用し3ナンバーサイズとなる。

エンジンはBMW製1.5L、3気筒ターボ。デビュー時期17年5月。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加