クラウンマジェスタは廃止、カローラシリーズは改良

クラウンマジェスタモデル廃止へ

トヨタは18年6月にクラウンをフルモデルチェンジしますが、その際、上級バージョンとして設定していた「クラウンマジェスタ」を廃止する方向で検討しています。

同ユーザーは今後レクサスブランドへの吸収を図ります。

トヨタは、2~3年以内にセダンラインアップの再編を目指しています。

継続するのはクラウン、カムリ、カローラの3モデルで、現行型のプレミオ/アリオン、マークX、SAIはあと1回程度の改良後に順次廃止されると思われます。

マジェスタの廃止もその一環と思われます。

今後トヨタブランドのセダンはセンチュリーを含めて、新規モデル投入または旧モデルの復活も予定には入っていないようです。

  • ドライバーズカーのトヨタブランド、フラッグシップサルーンという位置付けだったクラウンマジェスタだが、現行モデルで生産終了となるのか?

【広告】


カローラシリーズの改良前モデルの在庫はまだある

カローラシリーズ(アクシオ&フィールダー)は10月11日にマイナーチェンジしますが、従来型の在庫はまだかなり残っており、激安で買える状況にあります。

首都圏のカローラ店で気が付くのは、アクシオの1.3L車やフィールダーの1.8L車はほぼ売り尽くしていますが、

メインの1.5Lのガソリン車、ハイブリッド車はまだ在庫がかなり残っている店舗が多くあることです。

これらを狙えば30万円以上の大幅値引きがゲットできます。

今回の改良は内外装のデザイン変更が主で、メカニズム面では従来モデルとほとんど同じです。

在庫車はボディカラーがホワイトやシルバー系に限られます。

オプションパーツにも限りが生じつつあるので、希望があれば早めに商談する必要があります。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加