マツダCX-8はプレミアム3列シートSUV?

CX-5のフルモデルチェンジでフェーズ2へと進化したマツダの新車群。

その裏でMPVやプレマシー、ビアンテが姿を消している。

北米や中国市場ではミニバンよりも3列シートSUVの人気が上昇中でもあることから、3列シートSUVの投入はマツダにとって重要課題。

元々北米ではより大きなCX-9が販売されていて、人気は上々。

乗り心地とハンドリングのバランスの良さ。

2列目、3列目シートの居住性の良さがあった。

一見、CX-5を伸ばして3列シートモデルを作った、と思うかもしれないが、CX-8はCX-9のプラットフォームを採用していて、サスペンションアーム類はCX-9のものを短くしてセットしている。

5人乗りのCX-5よりも6~7人乗りを考慮して、より剛性の高いサスペンションとしているのだ。

車幅はCX-5と同じ1840mmとしているので、外から見る大きさの割には運転はしやすく、Aピラー周りの側方視界もドアミラーをボディマウントとしているので良好。

駐車時などは360°モニターによって安心させてくれるので大きさはあまり感じさせない。

ただし、ディスプレイモニターのサイズが他のマツダ車と共通なので、今時の車の割には小さい。

先進安全技術のi-ACTIVSENSEはさらに進化していて、運転支援のアダプティブクルーズコントロールとレーンキープアシストの性能はBMW5シリーズに近い制御だ。

2列目シートはセパレートした2座のキャプテンシートと3座のベンチタイプが選べる。

3列目シートは座面が厚く、最高級グレードではナッパレザーによって座面の感触がとてもよく、大柄な人では体育座りは致し方ないところだが、かなりくつろげる。

ただし、CX-8のすごいところは3列目シートでもドライバーと普通の声で会話ができるところ。

驚くほど静か、というわけでもないのに、人の声レベルの周波数帯がしっかり通るように静粛性にこだわっているのだ。

2.2Lディーゼルエンジンはさらに改良が加えられ+15ps/30Nmアップ。

音振が良くなり、また低速域からスムーズにトルクを発揮する。

重量もCX-5比で重いが、多人数乗車をもしっかりこなす力感がある。

ハンドリング面ではボディの剛性感が高く、G-ベクタリングコントロールもより効果的にセットされ直している。

フロントにリバウンドスプリングを採用して高横G時にはロールを抑えているが、それ以外ではしなやかなストローク感だ。

CX-5に決める前に、一度は試乗してみるべきかもしれない。

【広告】


CX-8 XD Lパッケージ(4WD)主要諸元

全長☓全幅☓全高(mm) 4900☓1840☓1730
ホイールベース(mm) 2930
重量(kg) 1900
最低地上高(mm) 200
トランスミッション 6AT
エンジン 直4、2.2L DOHCクリーンディーゼル
総排気量(cc) 2188
最高出力(ps/rpm) 190/4500
最大トルク(kgm/rpm) 45.9/2000
JC08モード燃費(km/L) 17.0
WLTCモード燃費(km/L) 15.4
価格 419万400円
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加