スポンサーリンク

ヴィシヴフューチャーコンセプト 1.6LターボHVを搭載し、NEWフォレスターとして登場!

スバルが東京モーターショーで出品したコンセプトカー「ヴィシヴフューチャーコンセプト」。 ヴィシヴコンセプトは13年のジュネーブショーから発表されてきたが 今回はその第4弾となる。そのボディは 全長4400☓全幅1950☓全高1770mmとワイドフォルムで、リアドアがスライド式になっているのが特徴。デザインもワイド感にあふれていてダイナミックだ 。

ヴィシヴコンセプトのコンセプトが次期フォレスターに活かされることになるようです。フォレスター人気車種ですからそこで買い替えるという人も多いでしょう。

ところで、買い替えのとき、無料一括査定サイトで愛車の価格確認した方がお得なんですがご存じですか?オススメは、データを入力するだけで営業電話が来る前に概略価格が分かるかんたん車査定ガイドです。目安が分かれば交渉もやりやすいし、ディーラー下取りよりも30万円高く売れたら浮いたお金でオプション追加できますよ!


概略価格がスグわかる→
>>かんたん車査定ガイド<<

ヴィシヴコンセプトのコンセプトは次期フォレスターに!

注目はパワートレーンで、新型ダウンサイジングターボ組み合わせた次世代ハイブリッドを搭載。リアにシングルモーターを搭載して駆動させるシンメトリカルAWDが組み合わされ、これによりプロペラシャフトが廃止されてフラットなフロアが実現できるという。

市販化には少し遠い段階だがこのコンセプトが次期フォレスターに活かされる。市販型では全幅は1800mm以下に抑えられ、リアドアも通常のヒンジ式になるはずだが、デザインテイストは継承。パワートレーンは1.6Lターボとハイブリッドの組み合わせになる可能性がある。登場は2017年の予想だ。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

スバル フォレスター モーターショー
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました