「 日産 」一覧

NO IMAGE

セレナがステップワゴンを抜き返した!

9月の登録車の販売実績で注目したいのはセレナがステップワゴンを抜き返したことです。9月の登録台数はセレナが6133台に対して、ステップワゴンは5732台で401台差。ステップワゴンは今年4月下旬にフルモデルチェンジし、新開発の1.5Lダウンサイジングターボとわくわくゲートなどがウリ。セレナは来年中盤にもフルモデルチェンジする末期モデルですので、当然新型ステップワゴンに引き離されました。ところがわず...

記事を読む

NO IMAGE

エクストレイルがHV投入でSUVトップに復帰!

エクストレイルがが絶好調な売れ行きを見せています。4月発表、5月中旬に追加発売したハイブリッド車が追い風になっているのです。9月の登録実績は6944台でこれまで一貫して同分野首位を走っていたホンダのヴェゼルを抜いてトップブランドに復帰しました。 登録車の銘柄別ランキングは8位で現行モデルになって初めてベスト10入りを果たしました。シリーズ全体に占めるハイブリッド車の割合は9月実績で45%強と...

記事を読む

NO IMAGE

日産 テアトロ・フォー・デイズ 新発想KカーEV

日産 テアトロ・フォー・デイズは、2020年以降に免許を取得するユーザーを対象にしたKカーのEVコンセプト。ターゲットユーザーの「生まれた時からインターネットがあり、モバイル端末の革新とともに育った世代」という特徴を意識し、仲間とつながる要素を重視してデザインされた。 開発コンセプトは、「真っ白なキャンバス」で、スタイリングはシンプルなボックス、インテリアはすべてを白で統一した。これはユーザ...

記事を読む

NO IMAGE

モコを年内に生産中止し、これに変わる新型車を16年中にも投入か?

★★毛のない頭で考えるな!無料相談受付中!★★ 詳細はここをクリック→>>アイランドタワークリニック<< 日産はスズキからOEM供給している軽ワゴンの「モコ」を年内に廃止する方向で検討しています。いったん販売は停止しますが16年中にもこれに代わる新型軽乗用車を導入する見込み。詳細は明らかになっていませんがNMKVの企画開発により日産、三菱の両ブランドで販売することは確実。これによってスズキ...

記事を読む

NO IMAGE

日産歴代GT-R(1969~現在)

初代ハコスカGT-R(PGC10)は当然ながらその前身たる初代スカG(S54)を抜きには語れない。モータースポーツに勝つために特別のクルマを仕立てる。今では当たり前になったこの手法を、日本で初めて実行に移したのが「スカG」だったからだ。 初代スカイラインGT-R、伝説ですよね。探してみたくないですか?もちろん個人的に探すのはかなり面倒です。ですが無料登録でプロが探してくれたらどうですか?ズバ...

記事を読む

NO IMAGE

IS200tの勝算

強力輸入車が待ち構える2Lターボセダンカテゴリに参入したレクサスIS200t。その実力の程をスカイライン200GT-tも交え検証する。 レクサスIS200t、なかなかの人気みたいですね。日本でこのクラスは弱いといわれてますが、輸入車よりも国産車と思っている人にはいいクルマなんじゃないでしょうか。わざわざ輸入車から国産車に乗り換えという人に、ちょっとお得情報。 今乗っている輸入車、どうせ...

記事を読む

NO IMAGE

ルノーキャプチャー VS 日産ジューク

ジュークもキャプチャーも車本来の性能よりも、個性的なスタイリングやコンセプトが購入の動機になる車だ。そしてこの2台、ボディサイズを比べてみるとかなり似ている。日産はルノーの子会社という関係なので、両者は共通の分も多いのかと思うほどサイズは似ている。 ところで、愛車を安く買い換えるためにカービューってサイトご存じですか? このサイトで今のお車をぜひ査定してみて! 驚きの買い取り価格が、なん...

記事を読む

NO IMAGE

日産 NEW エクストレイル 20X・HVエマージェンシーブレーキ パッケージ(4WD)

セダンやワゴンよりもボディが重く重心も高くなるSUVは、ハイブリッド(HV)システムと相性がいい。すぐれた燃費により行動半径が広がる上、モーターはごく低回転で最大トルクを発生するので、オフロードなど道なき道を歩くようなスピードで進む際にも威力を発揮する。 エクストレイルHV、魅力的ですよね。買い換えます? その時は今の愛車の相場を無料一括査定サイトのカービューで確認。 ディーラー下取り価...

記事を読む

NO IMAGE

人気急上昇 エクストレイル

ただいま絶好調のエクストレイルに乗りまくり!燃費競争をしつつ、オフロード試乗も体験し、その人気の秘密を探った! ところで、愛車をあっというほど安く買い替えるために カービューというサイトをしってますか? このサイトで今のお車をぜひ査定してみて! 驚きの買い取り価格が、なんと相場の30万アップもありとか? カーナビがワンランクアップ出来ますよ! >>あなたの愛車は今いくら?<...

記事を読む

NO IMAGE

サニーとカローラ、大衆車の時代

日本の国民はアメリカの豊かなライフスタイルに憧れていた。1950年代後半になると、日本の経済成長が始まった。1956年経済白書は「もはや戦後ではない」と宣言。テレビ、冷蔵庫、洗濯機が三種の神器と呼ばれ国民の指針となった。1955年、当時の通産省が国民車構想発表。1960年(昭和35年)9月池田内閣が所得倍増計画を打ち出す。テレビの受信契約500万件突破。映画は、アランドロンの「太陽がいっぱい」が公...

記事を読む

NO IMAGE

GT-Rファン、垂涎の切手セットが登場

プリンス自動車を吸収合併した日産自動車が、1969年にレーシングカー「R380」の心臓部だったGR8型(2.0L直6)のユニットをベースとした、S20型を搭載した初代スカイラインGT-R「PGC10」を誕生させてから、2015年で45周年を迎えた。 愛車をあっというほど安く買い替えるために カービューというサイトをしってますか? このサイトで今のお車をぜひ査定してみて! 驚きの買い...

記事を読む

NO IMAGE

エクストレイルHVを増産し、同クラスのトップブランドに浮上か

5月中旬に発売したエクストレイルHVが順調な受注推移を見せています。月販売目標1000台に設定したのに対して発売2ヶ月後の受注台数は1万台を突破。月間販売目標の10倍ですが、発表は4月7日であり、実質的な受注活動を開始したのは4月上旬からなので、すでに3ヶ月半以上が経過。それでも月間販売目標の3倍の勘定となるから、売れ行きは好調といえるでしょう。7月下旬現在の納期は9月下旬で約2ヶ月待ち。当初より...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

1 2 3 4