「 2018年03月 」一覧

NO IMAGE

トヨタ オーリスからカローラスポーツへ

新型オーリス公開!日本ではカローラ名で6月デビュー 3月8日から18日にかけて開催されたジュネーブモーターショー。 そこで新型オーリスが世界初公開された。 TNGAに基づくプラットフォームが採用された新型。 先代より40mm長くなった全長と、同じく先代比で約25mm低められた全高により、クリーンで魅力的な外観となった。 また、40mm伸びた全長はホイールベースの延長分であ...

記事を読む

NO IMAGE

新型クラウン6月25日発売!ロイヤルとアスリートも一本化

マジェスタ廃止で最上級グレードはV6、3.5L HVとなる 新型クラウンの発表&発売日が「6月25日」に決定。 いよいよカウントダウンに入ってきた。 それに向け、トヨタは全国の販売店対応として試乗会&商品説明会を富士スピードウェイでの走行体験も含めて積極的に展開するという話もある。 さて、15代目となる新型クラウン。 新開発となるTNGAプラットフォームが...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタRAV4復活、改良型アクア事前予約受付開始

RAV4が来夏~秋に復活 トヨタは来夏か来秋にもRAV4の国内販売を復活させる方向で検討をしている模様です。 C-HRとハリアーの中間に位置づけることで、量販価格帯での圧倒的なSUV国内トップシェアを確保する狙いがあります。 パワーユニットは新開発2LのNAガソリンエンジンと同ハイブリッドを搭載すると思われます。 NAガソリンは2列シート5人乗りと3列シート6~7人乗り、ハイブ...

記事を読む

NO IMAGE

シニア世代におすすめの8車種

この記事ではシニア世代に推奨できる車種を具体的にあげてみます。 日産ノート e-POWER 推奨グレード:X(196万5600円) 全長4100x全幅1695x全高1520mm 直3 1.2Lハイブリッド 109ps/25.9kgm(モーター) FF 無段変速 JC08モード燃費34.0km/L マツダデミオ 推奨グレード:XD...

記事を読む

NO IMAGE

特別仕様車とはどんな車?装備や値引きはどうなるのか

特別仕様車 よくある仕様の主な装備 本革ステアリング 上級グレードに設定のある本革のステアリングやシフトノブなどが特別装備として設定されるケースが多い。 リアカメラの装備 ベーシックモデルでは標準装備されないリアカメラ、カーナビなどを特別装備として標準化。 専用シート地の採用 カタログモデルにはない専用デザインの表皮を使ったシートを特別仕様として採用 LED ヘッ...

記事を読む

NO IMAGE

三菱エクリプスクロス 期待のPHEVも!3月1日発売

すでに姿は見せていた三菱エクリプスクロスが3月1日に発売開始。 発表の場で益子CEOが「中期経営計画を達成するためのグローバル戦略者第1弾で、鍵となるモデル」と力強く語ったように、三菱自動車四年ぶりの新型車はユーザー期待以上の「魅力武装」をまとっているようだ。 それは続けて発せられた益子CEOの「PHEVモデルもできるだけ早い時期に出したい」という言葉からも伝わる。 エクリプスク...

記事を読む

NO IMAGE

日産セレナe-POWERデビュー

日産の日本市場の稼ぎ頭、セレナにe-POWERが追加された。 e-POWERはエンジンで発電し、モーターだけで駆動するシリーズハイブリッドで、初搭載されたノートe-POWERが大ヒットしているのはご存知の通り。 その勢いに乗り、日産はe-POWER車を増やす方向で、第2弾として選ばれたのはセレナというわけだ。 ノートと同じ3気筒の1.2Lエンジンとモーターを使っているが、車重がノ...

記事を読む

NO IMAGE

スバルヴィジヴツアラーコンセプト

レガシィTWの誇りを継承するターボ搭載ワゴンはSGP+新開発ダウンサイズエンジンで進化 先代レガシィツーリングワゴンの正当な継承車である現行型レヴォーグ。 その先に控える次期型レヴォーグを示唆するコンセプトカー、「スバルヴィジヴツアラーコンセプト」がジュネーブショーでワールドプレミアとなった。 そのエクステリアは昨年の東京モーターショーで発表された次期型WRXのコンセプトモデル、セダ...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタクラウン、ニューセンチュリー情報

次期型クラウンは6月上旬に発表、発売か? トヨタは6月上旬にも次期型クラウンを発表、発売する方向でスケジュール調整をしているようです。 次期型は、昨年の東京モーターショーに参考出品したプロトタイプとほぼ同じボディスタイルに一本化する見込みで、従来のようなロイヤル、アスリートのようなシリーズ分けはしません。 搭載するパワーユニットは当面2.5Lハイブリッドと2Lターボのみのラインアップ...

記事を読む

NO IMAGE

スバルレヴォーグ、フォレスタPHV情報

スバルレヴォーグ 登場時期19年6月 マッシブなスポーツワゴンに進化する次期型レヴォーグは3月のジュネーブで 3月6日より開催されるジュネーブショーにスバルが出展することを明らかにした「ヴィジブツアラーコンセプト」こそ、次期型レヴォーグのデザインコンセプトを示すものとなる。 事実上レガシィツーリングワゴンの後継者として登場したレヴォーグも、2014年のデビューからすでに3年が経過して...

記事を読む

NO IMAGE

スズキ クロスビー、ソリオ、アルト情報

クロスビーのヒットで年間登録者販売が15万台? スズキが昨年12月下旬に発売した新型コンパクトSUV「クロスビー」の販売が好調な滑り出しを見せています。 この1月の登録実績は2442台でソリオの3442台、スイフトの2664台に次いでスズキでは3番手につけました。 スイフトとの差はわずか222台に迫っています。 今後の展開次第ではさらに売れ行きに加速がつく可能性があります。 ...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタ C-HR、アクア、RAV4、カローラ5ドア情報

5月、C-HRの1.2Lターボ22WD車を設定 トヨタは5月、C-HRを一部改良すると同時にガソリン1.2Lターボに2WD車を加えます。 従来の4WD車より20万円程度安い価格に設定することで、頭打ち傾向にある同モデルの販売にテコ入れする狙いがあります。 また、1.8Lハイブリッド車は2WD車のみのため、プリウスに設定があるように今後は4WD車が設定される可能性もあります。 アクア...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。