マツダは登録車の商品ラインアップを再編。ミニバンを廃止し、SUVを強化へ

マツダは17年以降の登録者における商品ラインナップでミニバンを廃止し、SUVにシフトした再編を行う方針のようです。パッセンジャー系では、アテンザ、アクセラ、デミオの体制で定着、旧型デミオベースで派生させたベリーサは10月で廃止しています。スポーツモデルではロードスターがあり、これに近い将来、プレミアムバージョンについてはロータリーエンジン搭載モデルの復活を目指し開発を進めています。

これに対してミニバンはMPV、ビアンテ、プレマシーをそろえていますが、これらはここ数年、国内マーケットが縮小し存続が難しくなっています。このため近い将来、これらを廃止し、代わって得意の分野となっているSUVの商品ラインナップの強化でカバーする方向で検討を進めています。

SUVは現在、コンパクトクラスでCX-3、ミディアムクラスでCX-5がありますが、今後はラグジュアリークラスも投入する方向で開発を進めています。パワートレインについてはNAガソリンの1.5L、2Lと2.5Lガソリンターボ、クリーンディーゼルは1.5L&2.2L、ハイブリッドはガソリン2Lのほかディーゼルとの組み合わせについても開発を進める方向にあります。国内だけでなく海外向けもふくめグローバルでのニーズが高まっているためです。ミニバンについては国内需要の低迷と海外でもニーズが見込めないため、順次モデル廃止に踏み切る方向にあります。

マツダもラインアップ再編なんですね。ロータリーエンジン復活なんかはちょっと楽しみですが。逆に、廃止される車種についてはそろそろ買っておかないともう買えなくなりますけど。そういう車種は大幅値引きも狙えますし。

それで、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格なんですが、ディーラー下取りよりお得なのが一括査定。特にデータを入力するだけで営業電話が来る前に概略価格が分かるかんたん車査定ガイドがオススメです。30万円高く売れたら浮いたお金でオプション追加できますよ!

概略価格がスグわかる→>>かんたん車査定ガイドなら高く売れます!<<

【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。
 
▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<

 

かんたん車査定ガイド

 
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。