TOYOTA NEW ハリアー HVプレミアム・アドバンストパッケージ

ハリアーは国産ハイブリッドSUVのパイオニアだ。2ndモデルにハイブリッド車が設定されたのは2005年。最新モデルは、ハイブリッド仕様が2.5L4気筒+モーター、ガソリン仕様が2L直列4気筒と、時代の要請に応えてダウンサイジングを果たしている。

ここで、ハリアーHVにお得に乗り換える方法をご紹介!
やり方は簡単。カービューで無料一括査定して愛車を高く売ればいい!
下取りよりも高く売り、浮いたお金でフルオプション!

詳細はこちら→>>あなたの愛車は今いくら?<<

ハリアーHVの性能

ボディサイズも2ndモデルと比較してやや小ぶりになった。試乗車はハイブリッドの最上級グレード、プレミアム・アドバンストパッケージである。JC08モード燃費は21.4km/Lとガソリン4WDの14.8km/Lに大差をつけている。ハイブリッドシステムの最高出力は197psと、ガソリン車の151psを大きく上回る。そのため、ガソリン車から乗り換えると、加速性能の違いに圧倒される。モーターアシストがもたらす強力なダッシュは1.8tの重量を忘れさせてくれる。

スムーズな加速感や静粛性の面でもハイブリッドはすぐれている。市街地から高速道路のクルージング、山岳ワインディングロードまで、すべての走行シーンでハイブリッドは大きな余裕が感じられる。

ハリアーHVのスタイリング 都会的イメージ発散

スタイリングは、とがったノーズや大きく傾斜した前後ウインドウ、スポーティなサイドウィンドウグラフィックなど、ハリアーの伝統を継承した上で、さらにスタイリッシュにまとめられている。モダンでエレガントなイメージは、個性的で強い存在感を発揮する。SUVと言うとタフなイメージの車が多いが、ハリアーは都会的で、車高がやや高い5ドアスペシャルティのイメージが漂う。

インテリアは斬新だ。インパネはメーターから助手席に伸びるラインをはじめ大胆な造形で、本革調の素材をふんだんに使用するなど質感は高い。室内は快適。前席は厚みがあり、座り心地は良好。後席は身長170cmのパッセンジャーがすわった場合、足が楽に組める。また座面は高めで角度も適切であり、背もたれはリクライニングするので、長距離ドライブが楽にこなせる。

荷室も広い。ハイブリッド用バッテリーを床下に積みながら、ガソリン車と同等の容積を確保している。そして、電動リアゲートを備えるなど使い勝手にも優れる。フットワークはしなやかだ。18インチタイヤを装着しているのでグリップ力が高く、走りに安定感がある。ただし、乗り心地はやや固い。乗り心地を重視するなら、17インチタイヤ仕様がおすすめだ。ハリアーの先進イメージにハイブリッドはよく似合う。最新モデルはハイクオリティなプレミアムSUVの代表である。

主要諸元

グレード HVプレミアム・アドバンストパッケージ
価格 THS 459万1963円
全長☓全幅☓全高(mm) 4720☓1835☓1690
ホイールベース(mm) 2660
トレッド(mm) F1560☓R1560
最低地上高(mm) 175
車重(kg) 1800
エンジン(レギュラー仕様) 2493cc直4DOHC16V
最高出力(kW(ps)/rpm) 112(152)/5700
最大トルク(Nm(kgm)/rpm 206(21.0)/4400~4800
モーター最高出力(kW(ps))/
最大トルク(Nm(kgm))
F105(143)/270(27.5)
R50(68)/139(14.2)
JC08モード燃費(km/L) 21.4(燃料タンク容量56L)
サスペンション Fストラット/Rダブルウィッシュボーン
ブレーキ Fベンチレーテッドディスク/Rディスク
タイヤ&ホイール 235/55R18+アルミ
駆動方式 4WD
乗車定員(名) 5
最小回転半径(m) 5.7
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加