日産GT-R、エクストレイルXtt、ノートeパワー

17年型GT-Rが好調な滑り出し。グローバルでは従来より倍増の売れ行き

今年7月中旬に大幅改良して発売したGT-Rが好調な滑り出しを見せています。国内、海外とも好調な立ち上がりを見せていて、16年度はグローバルで従来の倍増に当たる5千台突破が確実になっています。

ニスモバージョンは国内の扱い店である100店舗のパフォーマンスセンターに一台ずつの割り当てとなりましたが、既に完売状態となっています。

高性能のプレミアムバージョンに磨きをかけていますが、普通のドライバーでも運転しやすいハンドリング、操作性が売りです。海外ではFRベースの4WD車に対する信頼の高さも好評の要因として挙げられます。

下取り車は歴代GT-Rの他、フェラーリ、ポルシェ、ランボルギーニなどの輸入車も目立って増えています。

11月24日、エクストレイルに買い得モデル「Xtt」を設定

日産は11月24日、エクストレイルに買い得モデル「Xtt」を設定して発売します。従来の特別仕様車「Xtエマージェンシーブレーキパッケージ」はメーカーオプションのカーナビを標準装備しているため、車両本体価格が281万7720円と割高でした。

これをはずして割安なディーラーオプションのカーナビを選べるようにすることで10万円以上安く購入できるのがウリになります。

【広告】


11月2日発表、発売の「ノートeパワーは」177万2280~224万4240円

日産はこの程、傘下販売店に11月2日発表、発売する「ノートeパワー」の価格を提示し、これを受けて各社は10月14日に予約受注をスタートさせました。

ハイブリッド車のeパワーは3タイプあり、消費税込み車両本体価格はベーシックのSが177万2280円、中間グレードで売れ筋のXが195万9120円、最上級のメダリストが224万4240円。

ライバルとなるアクアに対してはベーシックグレードや売れ筋はほぼ同じですが、最上級タイプだと10万円弱高い設定となっています。

従来のノートも同時にマイナーチェンジして、その価格は売れ筋のXで2万~3万円程度のアップ。ボディカラーは13色が用意されます。

eパワーモデルはノートシリーズ全体の半分程度の販売構成比率確保を目指すものと思われます。販売店の期待度は高く、これによって月販15000台規模への回復を目指す見込みです。ガソリン車新価格は以下の通りです。

新型ノート・ガソリン車価格

2WD車

  • S:139万3200円
  • X:149万5800円
  • メダリストX:162万7560円
  • X DIG-S(SC車):173万8800円
  • Xメダリスト(SC車):198万5040円

4WD車

  • X:171万1800円
  • Xスマートセーフティーエディション:182万7360円
  • メダリストX:184万3560円
  • Xメダリストスマートセーフティーエディション:192万9960円
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。
 
▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<

 

かんたん車査定ガイド

 
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。