日産の安全技術説明会

日産は2015年10月23日、先進技術開発センター(神奈川県厚木市)で自動運転技術の説明会を開催した。日産は、走行中の二酸化炭素排出ゼロと日産車が関わる交通事故の死亡・重傷者数ゼロを掲げ、車の開発を進めている。

説明会では、EVのリーフをベースにした実験車両公開。このモデルは、ミリ波レーダーや360度をモニタリングする8個のカメラなどを搭載し、先進安全技術の実用化に向けた実証実験をおこなっている。

これからの課題としては、赤信号とRランプの識別や白線のない交差点内での制御、歩行者の行動予測などがあり、産学連携のもと、研究開発をおこなっているという。日産は16年に渋滞や単一レーン、18年に高速道路と複数レーン、20年に市街地や交差点の自動運転を実用化する予定だ。また、日産は海外に13箇所の研究開発拠点を設定している。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加