86/RZの後継者開発を明言!2018年にPHV2021年にEVも登場

新生SUBARU今後の戦略を占う!

営業利益、前期比33.7%増の5656億円と発表した15年度決算報告会で、吉永泰之社長は今後の新車戦略について、いくつもの重大な発表をした。

  1. 18年にZEV寄生に対応したPHVを投入
  2. 18年に北米向けの多人数乗車SUVを投入
  3. 19年に新設計のダウンサイジングターボを投入
  4. 21年にEVを投入

PHVは提携先であるトヨタの技術協力を受け、EVはスバル独自の技術で開発。EVは小型車ではなく、北米でも受け入れられるように中型以上のサイズ(XVクラス)を想定しているとのこと。新開発ダウンサイジングターボは1.5Lクラスが予想される。また、決算の場ではなかったが、吉永社長は86/BRZの後継モデルを再びトヨタとの共同開発で作るべくトヨタと協議していることも明らかにしている。

今年は10月に新型インプレッサを出し、来年はフォレスターとXVがフルモデルチェンジ。いずれもSGP(スバルグローバルプラットフォーム)を使った新世代の車となるだけに、ファンならずとも期待が膨らむ。スバルの快進撃は続く!

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加