トヨタGRスーパースポーツ!1000馬力、1億円以上のモンスターPHV

トヨタの超ド級スポーツカー「GRスーパースポーツコンセプト」が、東京オートサロンで世界初公開された。

WEC(世界耐久選手権)参戦車「トヨタTS050」のロードバージョンで、パワーユニットはシステム出力1000psのV6、2.4L直噴ツインターボ+THS-R(トヨタハイブリッドシステム・レーシング)。

EVシステム、稀薄燃焼エンジンを組み合わせ、熱効率は驚異の50%を実現しており、市販時にはさらにその数値を上げると明言している。

ポイントは「市販車をベースにスポーツカーを作る」のではなく「レーシングカーからスポーツカーを作る」こと。

ラジエーターをフロントに、インタークーラーをサイドに置くな冷却系の位置は変更されているが、中身はほぼTS050そのものなのだ。

「レース用エンジンはほとんどアクセル全開か全閉でしか使われません。

逆にロードカーはほとんど全開にしないので、ハーフスロットルでの排ガスを混合気の濃さや燃料を噴くタイミングなどで細く最適化させなければなりません。

もちろん、排気系に触媒をつけますが、それでもパワーは出せます」とチーフエンジニア。

当然のことながら、ただ単にWECマシンのTS050にロードカーのボディを載せればできるものではなく、ここからの開発は一筋縄ではいかないと思われる。

その点に関し、デザイン担当者は「箱根駅伝で言うと、まだ往路の険しい山越えまでもいっていない段階です。これから時間はかかりますね」と現状を語る。

この車の特徴はレーシングカーを市販車にするというだけではなく、最先端のコネクテッド技術を満載する「近未来スポーツ」を具現化することにもある。

インテリアはスパルタンでもフォーマルでもなく「未来的」を目指しており、その点でも新しい価値観を提供する。

マクラーレンP1(約1億円)、ラ フェラーリ(約2億円)、AMGプロジェクトワン(約3億円)のカテゴリーとなる車だけに、価格も1億円オーバーは確実。

100~200台規模の限定車として21年頃の登場が予想される。

【広告】


GRスーパースポーツコンセプト

パワートレイン
エンジン型式 V6直噴ツインターボチャージャー
エンジン排気量(cc) 2400
システム出力(kW/ps) 735/1000
ハイブリッドシステム トヨタハイブリッドシステム・
レーシング(THS-R)
ホイール
フロント 18x13J
リア 18x13J
タイヤ
フロント 330/710R18
リア 330/710R18
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加