燃費が良くて個性が光るスズキスペーシア&ハスラー

とにかく人気の軽自動車。中でも確実に装備を充実させているスズキのスペーシアとハスラーは大注目の2台だ。スズキが減速エネルギーを電気エネルギーに変換するエネチャージを開発した時、軽自動車の1つの方向性が定まった。そして、エネチャージをさらに進化させたS-エネチャージを投入した時、その方向性が正しいことであったことが証明された。ワゴンRに加えスズキの軽自動車ラインアップの中で最もファミリーよりなモデル、スペーシアとファニーなスタイルでファンを獲得しているハスラーにもS-エネチャージが採用された。

【広告】


S-エネチャージは、車が減速するときにそのエネルギーを電気に変換して蓄え、アイドリングストップからの再始動や、加速時のエンジンアシストに使うシステム。S-エネチャージを知るポイントはモーター機能付き発電機ISGだ。一般的なアイドリングストップは、エンジンを最初に始動するセルモーターを利用して再始動するが、S-エネチャージではISGのスターターモーター機能を使ってエンジンを再始動させる。セルモーターによる再始動は大きなノイズと振動を伴うが、ISGのそれはスムーズで静か。ドライバーは気づくが話に夢中な助手席の乗員は気づかないこともあるというかなり静かな再始動となる。

スペーシアはもともとしっかりとしたトルクを備えるエンジンを搭載するモデルで、自然吸気ならではの素直な特性を持ちつつ、力強い走りを獲得。アクセルを踏むと軽自動車らしからぬ確かな質感で加速をする。これもモーターアシスト機能によってキープされた走りの良さの一端。また、質感の良いしっかりとした加速のため、余分にアクセルを踏むことも減り、またS-エネチャージの効率の良い減速エネルギー回生も手伝って、クラストップの32.0km/Lという低燃費を実現している。スペーシアは適度にゆるさを与えられたハンドリング特性で、快適な乗り心地を重視。ロールがゆっくりと始まるので、助手席や後席の乗員が体制を整える余裕があり、家族で満足できる乗り味といえる。

一方のハスラーはちょっとキビキビした走り。タイヤサイズはスペーシアに比べると1サイズアップされている。ステアリング操作に対する反応はシャープで、車に乗って走らせることを楽しみたいという方にはこちらがおすすめだ。

●S-エネチャージ搭載モデル
○スペーシア
高い室内高によってもたらされる、広々とした室内空間でファミリーに最適
○スペーシアカスタム
スペーシアの使いやすさをそのままに、力強いエクステリアとしたモデル
○ハスラー
ファニーなルックスのエクステリアが大人気。ボディー色10種、ルーフ色3種を用意
○ワゴンR
軽自動車の大定番。遊び心も実用性もたっぷりと詰め込まれたスズキの傑作
○ワゴンRスティングレー
シャープなエクステリアを与えられたワゴンRのスポーティ版

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<


かんたん車査定ガイド

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス UcarPac ローラ ピンクver.

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加