トヨタシエンタのおすすめグレード

トヨタシエンタは2015年7月9日登場。2016年5月販売台数9,450台となっています。

グレード別販売構成比上位3グレード

  1. G:43.0%
  2. ハイブリッドG:36.0%
  3. X:13.0%

640px-シエンタ_X_ホワイトパール_外観(3)

人気ボディカラー

  1. ホワイトパールクリスタルシャイン:31%
  2. ブラックマイカ:19%
  3. シルバーメタリック:14%

この車のポイント

トヨタの末っ子ミニバン。個性的なデザインも目を引くが、全長4235mmの中に3列シートを保ち、シートアレンジも秀逸。フラットフロアということもあり使い勝手のいい車に仕上がっている。2WD、4WD合わせて8グレード。

ズバリおすすめグレードは「X・7人乗り」(ガソリンエンジン)181万6363円

ハイブリッドの価格は、装備差を補正してノーマルエンジンの35万円高。エコカー減税の差額を差し引いても実質32万年の差。この実質差額を燃料代の節約で取り戻せるのは16万kmを走った頃だ。したがってノーマルエンジンを選ぶ。グレードは7人乗りのXで充分だが、エアコンのオート機能、右側スライドドアの電動機能などがほしいなら、上級のGでもいい(左側スライドドアの電動機能はXにも備わる)。Gは価格上昇に見合う装備が加わって割高ではない。

Gであれば6人乗りも選べるが、これは避けたい。2列目の中央が収納設備に変わるだけで、座り心地はむしろ7人乗りが快適だ。オプションではトヨタセーフティセンスCとサイド&カーテンエアバッグを装着したい。合計額は約14万円と高いが、安全性が向上して数年後の査定も有利になる。

シエンタX(7人乗り)主要諸元

全長☓全幅☓全高(mm) 4235☓1695☓1675
ホイールベース(mm) 2750
車両重量(kg) 1320
エンジン 直4DOHC
排気量(cc) 1496
最高出力(ps/rpm) 109/6000
最大トルク(kgm/rpm) 13.9/4400
トランスミッション CVT
JC08モード燃費(km/L) 20.2
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。
 
▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<

 

かんたん車査定ガイド

 
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加