レクサス 既存車のモデルチェンジ&新規車の投入ラッシュ!

新規投入モデルが相次いで計画されるレクサス。次世代のレクサスを担うのはどのモデルになるのか?

車種ラインナップの拡充を図るレクサスだが、9月29日から開催されたパリモーターショーで「UXコンセプト」と呼ばれるコンパクトクロスオーバーが発表された。

サイズなど詳細は明らかにされていないが、CTのSUV版といったサイズ感で、トヨタC-HRのレクサスバージョンと言えよう。このCTのモデルチェンジも予定されている。

レクサスではこの他にもフラッグシップスポーツとなるLC500のデビューが控えておりLSのフルモデルチェンジなどもスタンバイ。

【広告】


UXコンセプト デビュー時期2017年3月

TNGA採用のコンパクトSUVがいよいよデビュー

パリモーターショーで発表されたUXコンセプトはトヨタC-HRをベースとしたコンパクトクロスオーバー。エンジンは1.8Lハイブリッドのほか、直4、2Lなどが搭載予定。

プラットフォームは新型プリウスと同じくTNGAを採用する。低重心でバランスの良さが高く評価されており、UXの操縦安定性に期待が持てる。

エクステリアはかなり現実的に見える一方、インテリアについてはコンセプトモデルの雰囲気が強く、市販時にはもうちょっと違った形になるはずだ。

LC500 デビュー時期2017年1月

レクサスのフラッグシップスポーツに大いに期待する

全長4760mm、全幅1920mm、全高1345mmというビッグサイズスポーツクーペがLC500。V8、5LとV6、3.5Lハイブリッドをラインアップ。来春には日本国内で市販開始予定だ。

NEW LS デビュー時期2018年秋

次期型LSはFCVに注目だがまずはハイブリッドがデビュー予定

2018年にフルモデルチェンジが予定されるフラッグシップサルーンLS。ハイブリッドはV6、3.5Lにダウンサイジングされ、この他V6、3Lターボモデルも設定されるが、何と言っても注目はFCVだろう。

NEW CT デビュー時期2017年3月

新型プリウスをベースとしたCTは走りの良さレベルアップ

クロスオーバーのUXと事実上の兄弟車となるCTもフルモデルチェンジが予定されている。TNGAを採用したプラットフォームで1.8Lハイブリッドの他、1.2Lターボエンジンも搭載される計画がある。またプラグインハイブリッドの設定も検討されている。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加