プリウスαはモデル廃止か?

トヨタ販売店種類によると、「トヨタは次期型プリウスαの開発プロジェクトを稼働させておらず、モデル廃止の方向で検討中らしい。」とコメントしています。

プリウスαは先代プリウスをベースに全長や全高を拡大し、ステーションワゴン感覚のボディレイアウトにしながら、2列シート5人乗り&3列シート7人乗り仕立てとしたコンセプトで11年に登場しました。

最近はモデルが古いこともあり、月販1500台弱の推移でプリウスシリーズ全体の10%前後に止まっています。

ステーションワゴンや3列シート車はここ数年、ボックス型のミニバン以外はニーズが急速に低下しており、モデルチェンジしても売れ行きの回復は難しいことから、今後モデル廃止を検討することになると思われます。

プリウスに比べ車重が重くて燃費改善が難しいという事情もあります。まだ最終決定をしていないことから、多少コンセプト変更して違ったレイアウトで継続する可能性も残されています。

  • 先代プリウスベースの5人乗り&7人乗りワゴンのプリウスα。ハイブリッド車らしい低燃費が実感できるが現行型でモデル廃止の可能性もある。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。
 
▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<

 

かんたん車査定ガイド

 
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加