新型と現行プリウス比較

プリウスは現行モデルもそうだが歴代モデルがいずれも居住性に優れている。新型はTNGAプラットフォームを採用し、スペース効率が飛躍的に高まった。

ところで、プリウスからプリウスに買い換える時、今の車、ディーラー下取りより、
もっと高く売れるんですけど、カービューというサイトをご存じですか?

このサイトで今のお車をぜひ査定してみて!
驚きの買い取り価格が、なんとディーラー下取りの30万アップもありとか?
このコストダウンは大きいですよ!

詳細はこちら→>>あなたの愛車は今いくら?<<

●居住性の大幅アップと乗り心地の改善

その最も大きなメリットが居住性で、なんと室内長は1905mmから2110mmへと20cm以上も拡大している。ちなみにクラウンは1975mmレクサスGSは2050mmだから両者を完全に上回っている。さらに駆動用バッテリーが小型化し、トランク下からリアシート下に移動出来たことで、荷室容量が446Lから502Lと56Lも拡大。E-Fourだって457Lもある。パッケージングに関してはモーターを持つ不利のあるハイブリッド車として完璧と言えるかもしれない。

●走りのポテンシャルも大幅にアップ

現行プリウスの最大の弱点は走っていて楽しくない事と乗り心地が悪い事だ。それは多くの人が指摘するところだ。ハイブリッド車なのだから燃費優先で現行プリウスまではやって来た。そして爆発的に売れた。しかし、ハイブリッドが当たり前になって4代目となる新型プリウスに人々が何を求めるかと言えば、それはハイブリッド車にはないものだ。想像でしかないが、「燃費のいいだけのハイブリッドではこれから通用しない」となったのかもしれない。とにかくTNGAプラットフォームを開発し低重心で操縦安定性にすぐれるハンドリングを目指したことは確か。これは欧州市場でハイブリッドよりもディーゼルがまだまだ優位という事情を覆しトヨタがシェアアップを果たすために不可欠なことだ。そのためにリアサスペンションはトーションビームからあえてコストのかかるダブルウィッシュボーンに改められてもいる。全ては気持ちのいい走りと劇的と言えるほどの乗り心地の改善のためだ。新型プリウスの走りは相当期待してよさそうだ。

●トヨタセーフティセンスPを量販車として初搭載

ミリ波レーダーと単眼カメラを使った歩行者検知機能付きプリクラッシュセーフティ、ブレーキ制御付きレーダークルーズコントロール、レーンディパーチャーアラートそしてオートマチックアラームがセットになったトヨタセーフティセンスPがAグレード以上に標準装備となる。既にランクル200には標準装備となっているが、量販車への採用は新型プリウスが初めてだ。トヨタセーフティセンスPの大きな特徴は歩行者も認識する自動ブレーキが装備されていることだ。トヨタはこの分野でやや遅れを見せていたがベストセラー必至の新型プリウスに採用されれば印象も一変しそうだ。燃費もデザインも居住性も走りもそして安全性も高いレベルとなれば、まさに敵なし。発表、発売は12月9日。トヨタの全チャンネルでの発売だが、6ヶ月待ちといった事態が必ず起きると予想される。今すぐディーラーに相談することをお勧めしたい。

【新型と 現行プリウス比較】

グレード 新型S 新型S E-Four 現行S
全長 4540mm 4480mm
全幅 1760mm 1745mm
全高 1470mm 1475mm 1490mm
ホイールベース 2700mm 2700mm
室内長 2110mm 1905mm
室内幅 1490mm 1470mm
室内高 1195mm 1225mm
車両重量 1360kg 1430kg 1350kg
エンジン 直4DOHC1797+モーター
エンジン最高出力 98ps/5200rpm 99ps/5200rpm
エンジン最大トルク 14.5kgm/3600rpm 14.5kgm/4000rpm
モーター最高出力 72ps 82ps
モーター最大トルク 16.6kgm 20.1kgm
JC08モード燃費 37.0km/L 35.0km/L 30.4km/L
サスペンション(前・後) ストラット/ダブルウィッシュボーン ストラット/トーションビーム
最大回転半径 5.1m 5.2m
燃料タンク容量 43L 45L
価格【新型は予想) 245万円 265万円 238万6000円
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。
 
▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<

 

かんたん車査定ガイド

 
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加