レクサスLS FCV(燃料電池)、HV、ツインターボ。3種類のパワーユニットで頂点を狙う。

開発呼称200B。レクサスのフラッグシップ、LSはいよいよ18年に待望のモデルチェンジ。待たされた分その内容は充実しており、現行型とは全く違うラインアップとなる。

最大のトピックはFCVが設定されることで、これがトップモデルとなる。また、ガソリンもハイブリッドもV8エンジンは廃止され、V6にダウンサイズ。ハイブリッドはV6、3.5L+モーターとなり、ガソリンエンジンには新開発のV6、3Lツインターボが搭載される。

この3Lツインターボは400ps以上で、目標燃費は10.6km/L。ハイブリッドは18.6km/Lが目標となっており、スポーツのターボ、エコのハイブリッドという住み分けがなされる。

ボディサイズは全長5225☓全幅1900☓全高1450mm、ホイールベース3125mm。現行型よりも一回り大きなサイズとなり、ベンツSクラスやBMW7シリーズ、アウディA8と勝負することになる。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加