マツダ SUV拡大、ミニバン廃止、CX-5オーダーストップ

ラインアップ再編でマツダは2020年までにSUVを拡大、ミニバンは全車廃止に

マツダは2020年までに商品ラインナップを再編、SUVシリーズを拡大、ミニバンのプレマシー、ビアンテを廃止する見込みです。

SUVは現行CX-5、CX-3の2車種体制からCX-4、CX-9を加え4モデルに拡大するものと思われます。CX-9は3列シート7人乗りですが、国内バージョンはCX-7当たりに名称変更する可能性があります。

乗用車により近いクロスオーバーや、オフロード色に振ったSUVと言ったコンセプト分けをしたラインアップにするものと思われます。

現行CX-5は11月中旬にオーダーストップ

マツダは、このほど11月中旬に現行CX-5をオーダーストップすると傘下マツダ店に伝えました。来年年明け早々の1月下旬にもフルモデルチェンジし、次期型に切り替えるものと思われます。

次期型の商品内容はまだ明らかになっていませんが、デザイン的にはキープコンセプトで、次世代環境技術の「SKYACTIV」をさらに進化させた「SKYACTIV・ジェネラルⅡ」を採用してパワートレーンをさらに改良。

カーブ走行での重量配分を自動制御する「Gベクタリングコントロール」を導入して、走りのポテンシャルアップを図っているのは確実なところです。

  • 11月中旬に現行CX-5はオーダーストップがかかる。フルモデルチェンジの為と思われ、その新型は新世代のSKYACTIVが搭載される。
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。
 
▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<

 

かんたん車査定ガイド

 
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。