「 N-BOX 」一覧

ホンダ新型N-BOXはヒット?オデッセイマイナーチェンジは?

ホンダ新型N-BOXはヒット?オデッセイマイナーチェンジは?

cタイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名:佐藤秀峰 新型N-BOXはヒットモデルになれるか? ホンダが9月1日に発売した新型N-BOXがヒットか、それとも今一歩か、評価が微妙な状況にあります。 月間計画1万5000台に設定したのに対して、事前約1ヶ月の受注台数は2万5000台でした。 この数字だけを見ると「好調な滑り出しでヒット作の予感がする」ということになります。...

記事を読む

新型N-BOXは中身がすごい

新型N-BOXは中身がすごい

cタイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名:佐藤秀峰 日本にベストな乗り物を創造する、と言う意志のもと、新型Nシリーズを開発したホンダ。 従来型N-BOXはその第一弾として2011年に登場し、その広い室内や使い勝手の良さで、ベストセラーモデルとなったのはご存知の通り。 そんなN-BOXの新型が8月31日、ついに姿を現した。 「全ての領域で性能を向上させた」と言...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダ N-BOX、シャトル、レジェンドの動向

新型N-BOXの予約開始。納期は3ヶ月待ち ホンダはこのほど8月31日に発表、9月1日に発売する新型N-BOXの予約受注をスタートさせました。 新型の売れ筋は標準タイプ、カスタム共にホンダセンシング付きのG・Lパッケージとなっています。 新型は新開発のパワートレーンや助手席ロングスライド機能を採用し、約100kgの軽量化やクラス最大の居住空間の確保、クオリティアップなどを図るにもかか...

記事を読む

NO IMAGE

N-BOX、ステップワゴンスパーダHV 最新情報

次期型N-BOXは発売直後に納期が来年にずれ込む? ホンダが8月に発売する次期型N-BOXは発売直後の納期が早くも来年にずれ込む見通しとなっています。 ホンダは最近、ホンダカーズ店の営業担当者を集め、商品説明会を実施し、あわせてタブレットによる商品内容の情報発信を行い、実質的なティザーキャンペーンを実施しています。 そして、販売店向けには「新開発のプラットフォームによる室内の居住空間...

記事を読む

NO IMAGE

N-BOX、フィットの販売目標台数

次期型N-BOXは過去最高の初期受注2万7000台規模を目指す 9月1日発表、発売予定の次期型ホンダN-BOXは、発売後1ヶ月までの初期受注台数を過去最高の2万7000台に設定していることが明らかになりました。 次世代モデルは新開発のエンジン、プラットフォーム、CVTを採用し、同クラス最大の室内居住空間を確保しながら、走りの進化と燃費の向上を実現しています。 新型は、クラストップレベ...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダN-BOX 8月下旬デビュー

モデル末期の今の好調に売れているN-BOXだが、8月下旬にフルモデルチェンジ。新型は最新の予防安全装備「ホンダセンシング」を採用するのが最大のポイント。 「ホンダセンシング」はミリ波レーダー+単眼カメラで事故を予防するもので、現在のN-BOXに搭載されている緊急自動ブレーキが30km/h以下でしか使えないのに対し、こちらは80km/hまで対応。 また、歩行者も検知するので安全性は大きく...

記事を読む

NO IMAGE

N-BOX モデル末期でも売れ行き衰えず!他のモデル末期でも売れた車は?

2011年12月の発売からもう5年半が経過。しかもあと数ヶ月でモデルチェンジするというのに売れ行きが全く落ちない車がある。ホンダのスーパーハイトワゴン軽N-BOXだ。 N-BOXはデビュー直後から高い支持を獲得。2012~13年度と軽自動車販売1位となり、2014年度はタントにトップを譲って2位になったものの、2015~16年度とトップを奪還。 また、今年3月単月でも登録車を含めた全て...

記事を読む

NO IMAGE

新型N-BOX 新エンジンで燃費性能アップ、S07A型エンジンは廃止?

ホンダ新型N-BOX 2017年8月デビュー予定 今年ホンダが導入する新型車は2車種。そのひとつはシビックでこちらの内容はほぼ明らかにされているだけに、注目されるのはもう一台、次期型のN-BOXだ。 現行型N-BOXは、ホンダ軽自動車のNシリーズ第一弾として2011年にデビュー。7年目を迎える今年も好調な売れ行きを続けていて、昨年は年間ベストセラーとなった。 そんな人気モデルのフルモ...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダステップワゴンハイブリッドとN-BOXの最新情報

今秋発売のステップワゴンハイブリッドは2L&リチウムイオンバッテリー方式か? ホンダは今秋の9月頃にもステップワゴンをマイナーチェンジすると同時に、ハイブリッドモデルを設定する方法で開発を進めています。 パワートレインは2L&2モーター&リチウムイオンバッテリーの組み合わせが有力になっています。 ただ、同方式のハイブリッドはオデッセイやアコードに搭載されていま...

記事を読む

NO IMAGE

新型ワゴンR好調!N-BOXを抜くか?

2月1日に発表、発売したスズキの新型ワゴンRの売れ行きが好調なスタートを切っています。売りのメインは新開発のマイルドハイブリッド搭載車で、滑り出しは受注の90%を占めています。 新シリーズでは標準のワゴンRをノーマルとスタイリッシュなFZに分け、さらにスティングレーを加えた3つのフロントマスクを設定。 初期の受注では、標準のワゴンRが80%でうち40%ずつがノーマルとFZ、残りの20%...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダフィット、N-BOXモデルチェンジ

フィットをマイナーチェンジしホンダセンシング装備車を設定 ホンダは6月上旬にもフィットをマイナーチェンジすると同時に安全パッケージ「ホンダセンシング」装備車を設定、発売します。 マイナーチェンジでは内外装のデザイン変更と同時に、Fパッケージを除くL&Sパッケージにホンダセンシング装備車を設定します。 ハイブリッド車は新型フリードに採用した改良ユニットを移植する可能性もあります...

記事を読む

NO IMAGE

2017年ホンダ!N-BOX、シビックR、フィットなど

これから1~2年後、ホンダはまたスポーツモデルを続々投入する! 11月下旬、関東地方のあるサッカーアリーナで、ホンダディーラーの代表者を招き、17年度に導入する新車ラインアップを紹介する「ビジネスミーティング」が開かれた。 15年のS660の市販、750台限定とはいえイギリスからシビックタイプRの導入、そして16年のNSX発表と、ホンダファンにとって注目すべきモデルがここ1~2年で続々...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダN-BOX、ステップワゴンHV、S2000で巻き返し!

売れ筋モデルの新型からリアルスポーツまで。NSX登場でスポーツ路線回帰が見られるホンダだが、新型N-BOXの投入など売れ筋モデルにも力を入れる。 好調な販売を見せるフリードの一方で、苦戦を続けているステップワゴンだが、2017年のマイナーチェンジでついにハイブリッド投入。一気に巻き返しを図る。 17年にはもうひとつ大きな動きがある。人気ナンバーワン軽自動車、N-BOXのフルモデルチェン...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダが2017年に投入する新型車、次期型は?

ホンダが17年に導入する新型車は次期型N-BOX、シビックセダン、ステップワゴンハイブリッド、フィットのビッグマイナーチェンジなど。 ホンダは17年投入の新型車として次期型N-BOXをはじめシビックセダン、ステップワゴンハイブリッド、フィットのビックマイナーチェンジを予定しているようです。 最も力を入れているのは次期型N-BOXで、このフルモデルチェンジによって軽自動車ナンバーワンの販...

記事を読む

N-BOXに最大10万円分のオプションプレゼントキャンペーンを実施

N-BOXに最大10万円分のオプションプレゼントキャンペーンを実施

ホンダはN-BOXに最大10万円分、ほかのNシリーズを対象に5万円分のオプションプレゼントキャンペーンを実施しています。期間は設けておらず、予告なく取り止めるとしていますが実際は8月いっぱいまで継続する見込みです。 N-BOXは5万円分のホンダ純正ナビに5万円分の乗り換えクーポンをプレゼント。他のNシリーズは5万円の乗り換えクーポンでNワゴン、N-ONE、N-BOXスラッシュが対象となってい...

記事を読む

ホンダN-BOX ズバリおすすめグレートはこれだ!

ホンダN-BOX ズバリおすすめグレートはこれだ!

ホンダN-BOXは2011年12月16日登場。2016年5月販売台数は1万532台となっています。 グレード別販売構成比 G・Lパッケージ FF:31.6% カスタムG・Lパッケージ FF:24.8% カスタムG・ターボLパッケージ:16.8% 人気ボディカラー プレミアムホワイトパールⅡ プレミアムアイボリーパール カトラリーシルバーメタリ...

記事を読む

NO IMAGE

新型N-BOX 細部を徹底ブラッシュアップ 燃費も走りもグンと進化

11年12月にデビューしたN-BOXは、ホンダの新世代型自動車への変革をアピールするモデル。その後N-BOX+が12年7月に加わり、11月にNシリーズ第3弾となるN-ONEが登場。さらに13年11月には中核モデルとなるハイトワゴンのN-WGNが加わりラインアップを強化した。その後14年12月にはN-BOXスラッシュが加わり、Nシリーズが完成した。開発を統括する浅木LPLはスラッシュのデビュー時、「...

記事を読む

NO IMAGE

12月下旬にN-BOX、16年1月にフィットを一部改良&特別仕様車を設定

ホンダは、12月下旬にもN-BOXを一部改良、同時に廉価版の特別仕様車を設定します。一部改良は仕様変更、装備充実が中心で、360度スーパーUVカットの採用や、ETCの標準装備設定など。特別仕様車は売れ筋Sグレードベースの廉価版であるCグレード設定します。 また、来年1月中旬にもフィットを一部改良します。360度スーパーUVカットの標準装備車設定など小幅の手直しにとどまる見込みです。

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。