「 2017年12月 」一覧

NO IMAGE

ダイハツ ミライース、ミラココア情報

ミライースはスポーツモデル&マニュアル車設定でアルトシリーズに対抗 ダイハツはミライースに今後、ターボや5速MT車を設定するなどして商品ラインアップを強化する方針です。 同シリーズは17年5月にフルモデルチェンジしましたが、ターボ車屋5速MT車は設定していません。 CVTとターボなしの組み合わせで低価格と低燃費を売りにして販売台数を稼ぐ狙いがありました。 ただ今後、スポ...

記事を読む

NO IMAGE

GRハイブリッドスポーツ誕生!プラグインハイブリッドシステム採用か?

レース直径パフォーマンス型HV搭載で700~800ps発揮! トヨタのブランドイメージの一、そのエボリューションの打ち上げ花火と言うべきビッグプロジェクトが本格的に動き出した! 67年登場のトヨタ2000GT、そして10年登場のレクサスLFA。 この2台は、トヨタがその当時持てる技術の粋をすべて注ぎ込み、販売綿度外視で世に送り出したオリジナルシャシーのスーパースポーツモデルだ。 ...

記事を読む

NO IMAGE

ダイハツ 新型タント、ビーゴ後継車情報

ダイハツ 新型タント 2018年10月デビュー DN U-Spaceが次期型タントだ! エクステリアデザインに関しては、前席スライドドアを除けば市販化を前提にしていると感じ取れるDN U-Space、いや次期型タント。 現行型タントでも定評のあるBピラーインのスライドドアなど、現在の技術を活かしたものが多く採用されており、実現はそう難しくないだろう。 ただ前席スライドドアに関し...

記事を読む

NO IMAGE

日産セレナe-POWER、セレナNISMO、リーフNISMO情報

日産セレナe-POWER 2018年春デビュー 人気のe-POWERをセレナにも搭載! ノートで好評のe-POWERがセレナに搭載されて来年春登場。 1.2Lエンジンを発電専用に使うシリーズハイブリッドで、駆動は電気モーターだけで行うシステムだ。 ガソリンを燃料にするEVともいえるもので、新しさと使い勝手の良さで人気を呼んでいるが、セレナに積まれるのもノートと同じ3気筒、1.2...

記事を読む

NO IMAGE

スズキスペーシア、クロスビー2018年1月、2月デビュー

スズキ 新型スペーシア 2018年1月デビュー予定 ターボもマイルドハイブリッド搭載!使い勝手も向上する超ハイトワゴン 軽のスーパーハイトワゴンであるスペーシアのコンセプトモデルとして東京モーターショウで初公開された「スペーシアコンセプト」「スペーシアカスタムコンセプト」は参考出品車ながら、ほぼそのまま市販化されそうだ。 その新型スペーシアの特徴が前後ウインドウの傾斜角を立て、全高...

記事を読む

NO IMAGE

2017年国産乗用車メーカー働く車ニュース

2017年の働く車のニュースです。 1月26日 三菱ミニキャブ・ミーブ バン一部改良 充電中にエアコンが使える空調機能を採用。 回生ブレーキ力の低下を知らせる回生ブレーキ力警告灯採用など。 1月31日 トヨタ、元町工場で燃料電池フォークリフトの利用を開始 2月9日 三菱、ランサーカーゴ一部改良 先進安全装備「セーフティパッケージ」を15M、15G、16M、16Gに標準装備...

記事を読む

NO IMAGE

5代目ハイエース改良!トヨタセーフティセンスP装備、燃費向上!

ハイエース及びネッツ店扱いのレジアスエースが一部改良を受けた。 デザイン的な変更はなく、一瞬どこが変わったのか分かりづらいが、大きく改良されたのは安全性と、パワートレーン変更によるディーゼル車の燃費向上の二つだ。 安全性では先進安全装備「トヨタセーフティセンスP」の全車標準装備がトピック。 事故回避や衝突被害軽減の支援を行う「プリクラッシュセーフティシステム」の他、車線はみ出し警...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダN-VANの詳細とシビックIXの情報

18年に新型N-BOXの派生モデルとしてデビューする商用バン、N-VANの詳細がついに明らかになった!さらに来年はシビックにハイブリッドモデルが新設定される! 17年9月2代目へとフルモデルチェンジしたN-BOXが、発売から1ヵ月で5万台以上の受注と好調な売れ行きを見せているホンダは、来年には2車種のニューモデルを投入。更なるラインアップ強化で販売攻勢をかける! 18年ホンダ一番の目玉はN...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダN-ONEマイナーチェンジ、ステップワゴンHVは好調!

12月21日発表、22日発売でN-ONEをマイナーチェンジ ホンダは、軽自動車のN-ONEを12月21日発表、22日発売でマイナーチェンジします。 今回は車種ラインアップの再編、装備の充実、新ボディカラーの追加が主な改良内容となります。 装備はUVカットガラス、遮音性フロントガラス、USB差し込み口の設置など。 グレード体系は、これまで特別仕様車を含めて10タイプ以上設定されて...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタのOEM、マークX、レクサスLS情報

2019年にもコンパクト分野でダイハツOEM車を拡大 トヨタはコンパクト&スモールカーの分野でダイハツからのOEM供給車をさらに拡大する見込みです。 これまで両側スライドドア採用ハイトワゴンのルーミー/タンク(1L NA&1Lターボエンジン車)、5ドアハッチバックのパッソの3モデル体制であったものを、さらにクロスオーバーSUVと3列シートミニバンの2モデルを追加して投入しま...

記事を読む

NO IMAGE

e-ゴルフ ゴルフのEV、足かけ2年でやっと発売!

VWは25年までにEV50車種PHV30車種を投入するEVの新戦略「ロードマップE」を発表している。 日本ではPHVのゴルフGTEが15年9月、16年6月にパサートGTEを発売。 EVであるe-up!とe-ゴルフの導入は15年秋に見送られたが、今回足かけ2年でやっとe-ゴルフが発売となった。 ブルーのラインとC型LEDランプ以外は標準ゴルフとあまり見分けがつかないがフロントボンネ...

記事を読む

NO IMAGE

マツダ デミオ・ロードスター一部改良

デミオとロードスターがこのほど一部改良を受けた。 発売はデミオが12月7日からロードスターが12月14日から。 まず、デミオは先進安全技術の「i-ACTIVSENSE」採用を拡充。 具体的にはアドバンスト・スマート・シティ・ブレーキサポートやAT誤発進抑制制御(前進時、AT車全車)、車線逸脱警報システム、ハイビーム・コントロール・システムなどを新たに標準採用。 昨年、アクセ...

記事を読む

NO IMAGE

最新ミニバン10車!買いのポイント

今注目のミニバン10モデルの購入ポイントチェック! トヨタエスティマ 327万1418~492万8727円 90年に発売された初代エスティマは、卵型の外観、上質な内装、快適な居住性などにより、新時代の高級車として人気を集めた。 その後も路線を変えずにフルモデルチェンジを行い、現行型は06年に発売された三代目になる。 プラットフォームは先代ヴェルファイアあるファードと共通で、操舵感や...

記事を読む

NO IMAGE

スズキ 次期型スペーシア、新型SUVクロスビーを年内に相次いで投入

スズキは、次期型「スペーシア」、新型クロスオーバーモデル「クロスビー」の2モデルを年内に相次いで発表、発売する方針です。 その日程は12月中旬から下旬にかけてで、スケジュール調整を行っている模様です。 両モデルとも先に開催された東京モーターショーに参考出品したプロトタイプとほぼ同じ内容での市販化となります。 次期型スペーシアは12月中旬の投入となり、ワゴンRと同じプラットフォーム...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。