NO IMAGE

国産車フルモデルチェンジ!2018年~2023年の一覧

トヨタ クラウン:2018年6月 スタイルは17年東京モーターショーでお披露目済み。クーペのようなリアビューや足回りの進化が楽しみだ。 カローラ:2018年11月 次期型は「相当かっこいい」カローラになる見込み。TNGAプラットフォームが採用され、5ナンバーサイズは維持される。 オーリス:2018年11月 現行は2012年のフルモデルチェンジなので6年ぶり。カローラ同様TNGAが採用さ...

記事を読む

NO IMAGE

次期WRX STI。スバルヴィジヴパフォーマンスSTIコンセプト

東京オートサロンでは、市販前提のスポーツモデルが公開された。 次期WRX STIを予感させる「ヴィジヴパフォーマンスSTIコンセプト」だ。 昨秋の東京モーターショーに出展された「ヴィジヴパフォーマンスコンセプト」のSTIバージョン。 空力性能と冷却性能を向上させたモデルで、両端に翼がついた大型リアスポイラーが特徴的。 ボディサイズは全長4650x全幅1950x全高1430m...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタGRスーパースポーツ!1000馬力、1億円以上のモンスターPHV

トヨタの超ド級スポーツカー「GRスーパースポーツコンセプト」が、東京オートサロンで世界初公開された。 WEC(世界耐久選手権)参戦車「トヨタTS050」のロードバージョンで、パワーユニットはシステム出力1000psのV6、2.4L直噴ツインターボ+THS-R(トヨタハイブリッドシステム・レーシング)。 EVシステム、稀薄燃焼エンジンを組み合わせ、熱効率は驚異の50%を実現しており、市販...

記事を読む

NO IMAGE

新型フェアレディーZとスープラの比較

ボディスープラよりも一回り大きいフェアレディZ シャープなラインが印象的な新型フェアレディZに対し、スープラはロングノーズを強調した伝統的なFRスポーツのイメージを強調するフォルムが特徴的。 やはりV6エンジンを搭載するZに対し、BMWとの共同開発により直列6気筒エンジンをフロントに搭載するスープラはロングノーズとなるのだ。 ボディサイズは全体的にZの方が一回り大きくなりそう。 ...

記事を読む

NO IMAGE

日産Z35型フェアレディZ開発再開!発売は2020年か?

次期モデルの情報が入っては消えを繰り返していたフェアレディZに大きな動きが発覚! 昨年12月に開発再開が正式決定されたというのだ。 現行のZ34型は08年の登場から今年でちょうど10年を経過。 これまでも次期モデルを開発する計画はあったが優先順位は低く、売れ筋のSUVや次世代技術に人と資金の開発資源を譲ってきたという経緯がある。 一時は現行モデルを持って長い歴史に終止符を打...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタ国内新車販売計画

トヨタが今年の国内新車販売計画を前年実績比2%減に策定しているわけ トヨタは、今年の国内新車販売計画を昨年の実績に対して2%減のマイナス成長に策定しました。 この理由は昨年よりも新型車が少なく、その効果が見込めないためと思われます。 16年は11月にルーミー/タンク、12月にC-HR、17年は2月にプリウスPHV、7月にカムリなどの新型車のほか、ヴォクシー/ノアやアクア、ハリアーなど...

記事を読む

NO IMAGE

アルファロメオ ステルヴィオ・クワドリフォリオ

車体サイズを感じさせないその身のこなしに驚いた! 久々のFRサルーン、ジュリア登場で盛り上がるアルファロメオ。 けれども、本命はむしろこちら、SUVのステルヴィオだ。 ジュリア同様、新開発のFRプラットフォーム「ジョルジュ」を使う。 今のところ、全グレードがQ4、つまり4WDとなる。 ライバルはポルシェマカンやBMWX3、MベンツGLCだ。 内外装のデザインを含...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダフリードハイブリッドモデューロX。ローダウンなしでも不満なし

ローダウンなしで、しっかり感のある走りを手に入れたフリードモデューロX。 コンプリートモデルの中でもひときわ異彩を放つ。 エアロダイナミクスで安定性向上 ローダウンなしでのチューニング 後席でも分かる乗り心地の良さ 一目でわかる専用エクステリア モデューロXといえば、開発アドバイザーを土屋圭市さんが務めていることで知られる。 鷹栖のホンダテストコースを...

記事を読む

NO IMAGE

スズキクロスビー!でっかく遊べるプチクロスワゴン

ワゴン譲りの広い室内空間を実現 SUVスタイルによる高い走破性 1Lターボ+マイルドハイブリッド 充実した先進安全装備の採用 「13年の東京モーターショーでハスラーを披露して以来、お客様からハスラーの小型車版が欲しいという声があったのが開発のきっかけです」とは、チーフエンジニア。 そこでクロスビーは軽自動車のハスラーのコンセプトをもとに、小型車のクロスオーバー...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタアルファード/ヴェルファイア ビッグマイナーチェンジ

新開発V6、3.5L、301psエンジン搭載 新開発ダイレクトシフト8速AT搭載 第二世代トヨタセーフティセンス搭載 アルファード/ヴェルファイアともにエアロ仕様を新設定 内外装の高級感さらに向上! 15年1月にデビューしたアルファード/ヴェルファイアは「ミニバンの皇帝」の名にふさわしい存在感を発揮し、日本を代表する高級車に成長。 今やベンツ、BMW以上...

記事を読む

NO IMAGE

日産エクストレイル VCターボで技術の日産をアピールか?

なかなか核心的情報が得られない次期型エクストレイルだが、ここに来てその断片が見えてきた! 北米向けのローグ、そして先に新型が発表されたインフィニティQX50にその大きなヒントが隠されている! 新型エクストレイルに注目のVCターボは搭載されるのか? 2019年後半にもフルモデルチェンジが計画されているエクストレイルの大きなヒントとなるのが今回の1月14日から始まるデトロイトショーで...

記事を読む

NO IMAGE

マツダアクセラ オールニューでSKYACTIV第二世代!

アクセラのフルモデルチェンジは2019年秋に予定されている。 デザインの基本テイストは昨年の東京モーターショーで公開された「魁(カイ)コンセプト」で示されたスタイルとなり、魂動デザインの第2世代への進化がポイントとなる。 あるマツダ関係者からの証言によると、新型アクセラの基本フォルムは5ドアハッチバックとなるが、そのスタイルは全ての要素が内側に向かって凝縮されるという 「魁コンセ...

記事を読む

NO IMAGE

スバルレヴォーグ!新開発ダウンサイジングターボの尖兵

デビューから5年を迎える19年、レヴォーグは新設計のダウンサイジングターボエンジンを搭載してフルモデルチェンジする。さらにプラットフォームも一新して次期型は、新時代のスポーツワゴンへと生まれ変わる! 海外向けにサイズアップしたレガシィに代わる日本向けステーションワゴンとして14年にデビューしたレヴォーグ。 現在、登場から4年を経過したわけだが、このレヴォーグは19年にフルモデルチェンジ...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタアルファード/ヴェルファイアは好調、ヴォクシー/ノアはテコ入れ?

12月25日マイナーチェンジのアルファード/ヴェルファイアは絶好調な滑り出し トヨタが12月25日にマイナーチェンジした「アルファード/ヴェルファイア」の売れ行きが絶好調の滑り出しを見せ、早くも納期が3月以降にずれ込む異例の事態となっています。 12月中旬の予約受付開始の時点では商品説明用のパンフレットも用意されておらず、タブレット端末による画像説明だけで、外観デザインの変更点もマスキング...

記事を読む

NO IMAGE

東京オートサロン2018年1月12日(金)-1月14日(日)開催

毎年1月の車の祭典といえば東京オートサロン。 自動車メーカーのカスタマイズモデルも数多く発表される。 18年も注目モデルがカスタマイズされて登場するから要チェックだ! トヨタ 2018年はTOYOTA GAZOO Racingが主体となった出展だ。 「GRスーパースポーツコンセプト」をはじめ、スポーツカー「GRシリーズ」などが披露される。 ヴィッツGRMN GAZOO R...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダフリードモデューロX!コンプリートスポーツ

フリードモデューロXのキーワード しなやかさに定評のあるスポーツサス 空力にこだわった専用のパーツ類 シックな専用インテリアデザイン フリードにモデューロXが追加された。 モジュールXといえば、ホンダの純正部品メーカー、ホンダアクセスがチューニングしたコンプリートモデル。 ステップワゴンやN-BOXで好評を得て、今回のフリードでの展開になった。 ミニバ...

記事を読む

NO IMAGE

スズキスペーシア/スペーシアカスタムフルモデルチェンジ!個性も広さも大幅アップ

いまや軽自動車一番の売れ筋ジャンルになっている両側スライドドアを持つ超背高ハイトワゴン。 そのスズキ版である人気のスペーシア/スペーシアカスタムが2代目へとフルモデルチェンジした。 この新型スペーシア、一番力を入れたのはスタイリングだという。 「ユーザーはデザインを一番重視していると考えていて、ライバルが多い中で自己主張をしないといけないと思いました」というデザインは、スーツケー...

記事を読む

NO IMAGE

マツダCX-8はプレミアム3列シートSUV?

CX-5のフルモデルチェンジでフェーズ2へと進化したマツダの新車群。 その裏でMPVやプレマシー、ビアンテが姿を消している。 北米や中国市場ではミニバンよりも3列シートSUVの人気が上昇中でもあることから、3列シートSUVの投入はマツダにとって重要課題。 元々北米ではより大きなCX-9が販売されていて、人気は上々。 乗り心地とハンドリングのバランスの良さ。 2列目、3...

記事を読む

NO IMAGE

2018年新車カレンダー国産40車

2018年に登場する注目車をご紹介! 1月 トヨタアルファード/ヴェルファイア ビッグチェンジで魅力度up! スズキクロスビー ハスラーワイド正式デビュー 2月 ホンダレジェンド フェイスリフト&安全装備充実 3月 日産セレナe-POWER 人気のe-POWERミニバンにも搭載 マツダアテンザ マイナーチェンジでフェイスリフト 三菱エクリ...

記事を読む

NO IMAGE

PHEVエボリューションで三菱復活?

得意のエボリューション戦略でかつての勢いを取り戻す! エボリューションといえば三菱は外せない。 ランサーエボリューションが15年8月に生産を終了し、以降、スポーツモデルに関して沈黙を続けてきた三菱だが、日産ルノーグループ入りしたことで状況は一変。 社長が会見で「いつかパジェロ、ランエボの開発に挑戦したい」と発言したり、17年の東京モーターショーではコンセプトカーとはいえ久しぶりに...

記事を読む

NO IMAGE

ダイハツ ミライース、ミラココア情報

ミライースはスポーツモデル&マニュアル車設定でアルトシリーズに対抗 ダイハツはミライースに今後、ターボや5速MT車を設定するなどして商品ラインアップを強化する方針です。 同シリーズは17年5月にフルモデルチェンジしましたが、ターボ車屋5速MT車は設定していません。 CVTとターボなしの組み合わせで低価格と低燃費を売りにして販売台数を稼ぐ狙いがありました。 ただ今後、スポ...

記事を読む

NO IMAGE

GRハイブリッドスポーツ誕生!プラグインハイブリッドシステム採用か?

レース直径パフォーマンス型HV搭載で700~800ps発揮! トヨタのブランドイメージの一、そのエボリューションの打ち上げ花火と言うべきビッグプロジェクトが本格的に動き出した! 67年登場のトヨタ2000GT、そして10年登場のレクサスLFA。 この2台は、トヨタがその当時持てる技術の粋をすべて注ぎ込み、販売綿度外視で世に送り出したオリジナルシャシーのスーパースポーツモデルだ。 ...

記事を読む

NO IMAGE

ダイハツ 新型タント、ビーゴ後継車情報

ダイハツ 新型タント 2018年10月デビュー DN U-Spaceが次期型タントだ! エクステリアデザインに関しては、前席スライドドアを除けば市販化を前提にしていると感じ取れるDN U-Space、いや次期型タント。 現行型タントでも定評のあるBピラーインのスライドドアなど、現在の技術を活かしたものが多く採用されており、実現はそう難しくないだろう。 ただ前席スライドドアに関し...

記事を読む

NO IMAGE

日産セレナe-POWER、セレナNISMO、リーフNISMO情報

日産セレナe-POWER 2018年春デビュー 人気のe-POWERをセレナにも搭載! ノートで好評のe-POWERがセレナに搭載されて来年春登場。 1.2Lエンジンを発電専用に使うシリーズハイブリッドで、駆動は電気モーターだけで行うシステムだ。 ガソリンを燃料にするEVともいえるもので、新しさと使い勝手の良さで人気を呼んでいるが、セレナに積まれるのもノートと同じ3気筒、1.2...

記事を読む

NO IMAGE

スズキスペーシア、クロスビー2018年1月、2月デビュー

スズキ 新型スペーシア 2018年1月デビュー予定 ターボもマイルドハイブリッド搭載!使い勝手も向上する超ハイトワゴン 軽のスーパーハイトワゴンであるスペーシアのコンセプトモデルとして東京モーターショウで初公開された「スペーシアコンセプト」「スペーシアカスタムコンセプト」は参考出品車ながら、ほぼそのまま市販化されそうだ。 その新型スペーシアの特徴が前後ウインドウの傾斜角を立て、全高...

記事を読む

NO IMAGE

2017年国産乗用車メーカー働く車ニュース

2017年の働く車のニュースです。 1月26日 三菱ミニキャブ・ミーブ バン一部改良 充電中にエアコンが使える空調機能を採用。 回生ブレーキ力の低下を知らせる回生ブレーキ力警告灯採用など。 1月31日 トヨタ、元町工場で燃料電池フォークリフトの利用を開始 2月9日 三菱、ランサーカーゴ一部改良 先進安全装備「セーフティパッケージ」を15M、15G、16M、16Gに標準装備...

記事を読む

NO IMAGE

5代目ハイエース改良!トヨタセーフティセンスP装備、燃費向上!

ハイエース及びネッツ店扱いのレジアスエースが一部改良を受けた。 デザイン的な変更はなく、一瞬どこが変わったのか分かりづらいが、大きく改良されたのは安全性と、パワートレーン変更によるディーゼル車の燃費向上の二つだ。 安全性では先進安全装備「トヨタセーフティセンスP」の全車標準装備がトピック。 事故回避や衝突被害軽減の支援を行う「プリクラッシュセーフティシステム」の他、車線はみ出し警...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダN-VANの詳細とシビックIXの情報

18年に新型N-BOXの派生モデルとしてデビューする商用バン、N-VANの詳細がついに明らかになった!さらに来年はシビックにハイブリッドモデルが新設定される! 17年9月2代目へとフルモデルチェンジしたN-BOXが、発売から1ヵ月で5万台以上の受注と好調な売れ行きを見せているホンダは、来年には2車種のニューモデルを投入。更なるラインアップ強化で販売攻勢をかける! 18年ホンダ一番の目玉はN...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダN-ONEマイナーチェンジ、ステップワゴンHVは好調!

12月21日発表、22日発売でN-ONEをマイナーチェンジ ホンダは、軽自動車のN-ONEを12月21日発表、22日発売でマイナーチェンジします。 今回は車種ラインアップの再編、装備の充実、新ボディカラーの追加が主な改良内容となります。 装備はUVカットガラス、遮音性フロントガラス、USB差し込み口の設置など。 グレード体系は、これまで特別仕様車を含めて10タイプ以上設定されて...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタのOEM、マークX、レクサスLS情報

2019年にもコンパクト分野でダイハツOEM車を拡大 トヨタはコンパクト&スモールカーの分野でダイハツからのOEM供給車をさらに拡大する見込みです。 これまで両側スライドドア採用ハイトワゴンのルーミー/タンク(1L NA&1Lターボエンジン車)、5ドアハッチバックのパッソの3モデル体制であったものを、さらにクロスオーバーSUVと3列シートミニバンの2モデルを追加して投入しま...

記事を読む

NO IMAGE

e-ゴルフ ゴルフのEV、足かけ2年でやっと発売!

VWは25年までにEV50車種PHV30車種を投入するEVの新戦略「ロードマップE」を発表している。 日本ではPHVのゴルフGTEが15年9月、16年6月にパサートGTEを発売。 EVであるe-up!とe-ゴルフの導入は15年秋に見送られたが、今回足かけ2年でやっとe-ゴルフが発売となった。 ブルーのラインとC型LEDランプ以外は標準ゴルフとあまり見分けがつかないがフロントボンネ...

記事を読む

NO IMAGE

マツダ デミオ・ロードスター一部改良

デミオとロードスターがこのほど一部改良を受けた。 発売はデミオが12月7日からロードスターが12月14日から。 まず、デミオは先進安全技術の「i-ACTIVSENSE」採用を拡充。 具体的にはアドバンスト・スマート・シティ・ブレーキサポートやAT誤発進抑制制御(前進時、AT車全車)、車線逸脱警報システム、ハイビーム・コントロール・システムなどを新たに標準採用。 昨年、アクセ...

記事を読む

NO IMAGE

最新ミニバン10車!買いのポイント

今注目のミニバン10モデルの購入ポイントチェック! トヨタエスティマ 327万1418~492万8727円 90年に発売された初代エスティマは、卵型の外観、上質な内装、快適な居住性などにより、新時代の高級車として人気を集めた。 その後も路線を変えずにフルモデルチェンジを行い、現行型は06年に発売された三代目になる。 プラットフォームは先代ヴェルファイアあるファードと共通で、操舵感や...

記事を読む

NO IMAGE

スズキ 次期型スペーシア、新型SUVクロスビーを年内に相次いで投入

スズキは、次期型「スペーシア」、新型クロスオーバーモデル「クロスビー」の2モデルを年内に相次いで発表、発売する方針です。 その日程は12月中旬から下旬にかけてで、スケジュール調整を行っている模様です。 両モデルとも先に開催された東京モーターショーに参考出品したプロトタイプとほぼ同じ内容での市販化となります。 次期型スペーシアは12月中旬の投入となり、ワゴンRと同じプラットフォーム...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダは来春SUVラインアップ強化、N-ONEは廃止か?

ホンダは来春、SUVのラインアップ強化で巻き返し ホンダは18年3月にヴェゼルをマイナーチェンジ、5月に新型CR-Vを投入することでSUVラインナップを強化し、SUVの分野で増販攻勢を図る方針です。 ヴェゼルのマイナーチェンジの内容は内外装のデザイン変更、新グレード&ボディカラーの設定、安全パッケージ「ホンダセンシング」の進化バージョンの標準装備など。 CR-Vは、先に開催さ...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

1 2 3 4 5 35