「 ダイハツ 」一覧

NO IMAGE

トヨタの今後の販売態勢とカローラマイナーチェンジ、ダイハツ販売戦略

トヨタは4系列店4モデルの専売態勢を維持 トヨタは、このほど4系列店の主軸専売モデルについて現在の各一車種態勢を今後も維持すると、各販社に通達したようです。 その主軸モデルは、トヨタ店はクラウン、トヨペット店はハリアー、カローラ店はカローラ、ネッツ店はヴィッツの4モデルを指定しています。 ただしクラウンについては東京地区がトヨペット店との併売となっており、こちらは特殊事情で例外としま...

記事を読む

NO IMAGE

東京モーターショー2017注目モデル 三菱、スズキ、ダイハツ

三菱 一連の燃費不正問題で新車スケジュールが遅れた三菱だったが、久々のニューモデルが東京モーターショーに登場する。 今回発表するモデルには、電動技術を搭載する予定のあるものが多く、得意のSUV+電動化技術を復活への牽引力としたいという三菱の考えが見て取れる。 エクリプスクロスエボリューション 新生三菱の象徴となるクーペSUV、エクリプスクロスが来春1月にデビューを予定しているが、そのハ...

記事を読む

NO IMAGE

新型ミライース5月9日発売!ベーシック軽の本質を追求

年々派手に、高価になるいっぽうの軽自動車だが、ミライースは昔ながらのベーシック軽の本質を追求。 2011年に登場した初代はイーステクノロジーを搭載し、ガソリンエンジン車として初めてJC08モードで30.0km/Lをマークするなど、燃費性能に特化した車だった。 スズキアルトとの燃費争いはすさまじく、発売後も0.2km/L刻みの攻防を展開。最終的にミライースは35.2km/Lまでカタログ燃...

記事を読む

NO IMAGE

スズキとダイハツのデッドヒート!3月はスズキが軽自動車首位

3月はスズキが軽自動車首位。今後、ダイハツとのデッドヒートに注目! 3月の新車販売実績で注目したいのは軽自動車の首位交代です。スズキが久しぶりにダイハツを抜き、トップを奪還しました。 3月の軽自動車届出実績はスズキが7万1215台、前年同月比9.4%増だったのに対して、ダイハツは7万857台、2.7%減と明暗を分けたです。 スズキが好調だったのは2月にフルモデルチェンジしたワゴンRと...

記事を読む

NO IMAGE

ダイハツミライース、新型ムーヴ、モデルチェンジ情報

新型ミライース 燃費だけを追わない斬新スタイル 2011年、イーステクノロジーをまとい、驚きの低燃費軽自動車として登場した現行ミライース。あれから6年、今年の5月9日に新型が誕生する。 先進技術で注目は確実で、販売面でダイハツの屋台骨を背負うモデルだけに、今年一番の注目車と言っていい。 まずスタイルは2015年東京モーターショーに出品したDベースコンセプトの流れを汲む「とんがり系」で...

記事を読む

NO IMAGE

ダイハツのトヨタ化進む 2017年6月社長交代で再度トヨタから就任

2013年6月に就任したダイハツの三井正則社長は、21年ぶりに誕生したダイハツ生え抜きの社長。 1998年にトヨタがダイハツの株式過半数を取得し連結子会社化する以前からトヨタとは密接なつながりがあり、トヨタから社長が送り込まれていた。 昨年8月、トヨタの完全子会社となり、一体的な経営が推進されていくなか、次期社長は再びトヨタから奥平総一郎専務役員が就任することが明らかにされている。 ...

記事を読む

NO IMAGE

新エコカー減税で減税が縮小する車種予想(スズキ・ダイハツ)

スズキ、ダイハツは軽自動車メーカーなので、以前の軽自動車の税金引き上げの時に販売台数が減少するなどの問題がありました。 燃費がいいのでエコカーに指定されていた軽自動車ですが、ここでエコカー減税幅の縮小にあうとなると、売れ行きがさらに厳しくなりそうです。 街中をちょっと走って、というセカンドカーの用途として便利な軽自動車ですが、買い替え時期に来ているのならエコカー減税が縮小する前に購入を...

記事を読む

NO IMAGE

スズキとダイハツ次の一手!ジムニー、ブーンX4

スズキジムニーコンセプト 歴代最強のモデルライフとなった現行ジムニーの次期モデルがついに登場。卓越した悪路走破性はそのままに最新エンジンで燃費性能も向上 現行型登場から20年目となる2018年にジムニーが新型に切り替わる可能性が極めて高い。となれば、その前年の東京モーターショーにプロトタイプ的なモデルが出展されることになるはずだ。 新型のトピックは搭載エンジンの変更。従来のK6A型か...

記事を読む

NO IMAGE

新型コンパクト2BOX勢はダイハツが苦戦

ダイハツが開発しトヨタにOEM供給している「パッソ」「ルーミー/タンク」が好調に売れている半面、苦戦を強いられているのが本家であるダイハツブランドの「ブーン」「トール」です。 トヨタブランドとボディパネル、エンジンなど基本コンポーネンツを共用しているので、この新型コンパクト2ボックス勢は車としての出来は良いのです。 販売面でも低金利の残価設定クレジットやカーナビなどオプションサービスで...

記事を読む

NO IMAGE

次期型ミラは来夏以降に投入か?

年内にも一新すると見られていた次期型ミラですが、モデルチェンジは来年中盤以降に先送りされる見通しです。 ダイハツは9月7日にムーヴシリーズの追加モデル「ムーヴキャンバス」を発表、発売しましたが、販売店筋によると、この他年内に予定しているニューモデルは11月9日に発表、発売するベースの新型トールワゴンだけで、軽自動車の新型はないそうです。 ムーヴキャンバスはは有力な戦略モデルであり、これ...

記事を読む

NO IMAGE

ムーブキャンバスはタントとムーブのいいとこ取り?

ムーヴキャンバスのポイント クラス初の両面スライドドア 国産車初の後席シート下収納「置きラクボックス」 軽自動車初の「ステアリング連動ヘッドランプ」 ダイハツ初「パノラマモニター」採用 e:Sテクノロジー採用で28.6km/Lの低燃費を実現 経の市場構成の中で多くを占める女性をターゲットとした、新型ワゴン「ムーブキャンバス」が2016年9月7日に発売された。...

記事を読む

NO IMAGE

ダイハツ、9月7日にムーヴベースの両側スライドドアワゴン発売

ダイハツは、9月上旬にもムーヴベースの両側スライドドアワゴンを発売する見込みです。ダイハツ車ユーザーで両側スライドドア車を発売して欲しいとの要望があり、それに応える狙いがあります。 ボディサイズはムーブと全長、全幅は同じだが、全高を30mm程度引き上げて1660mm。背はタントより90mm低くして高速走行や横風安定性に配慮したレイアウトを採用します。 エンジン&駆動方式はムーヴと同じN...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタの新型コンパクトトールワゴン情報が流れないわけ

10月から12月までの3ヶ月間にトヨタの新型戦略モデル3車種が投入されます。これらのうち、プリウスPHVとC-HRの2モデルについては、今後のセールスプロモートのスケジュールについての動きが販売店筋に通達されていますが、もうひとつの新型コンパクトトールワゴンについては、7月末現在いっさい流れていません。 理由は「開発しているのは子会社のダイハツ工業でトヨタにOEM供給する形を取るため」である...

記事を読む

ダイハツタント おすすめグレード

ダイハツタント おすすめグレード

ダイハツタント(3代目)は2013年10月3日登場。2016年5月販売台数は1万1283台となっています。 グレード別販売構成比 カスタムRSトップエディションSAⅡ:25.0% カスタムXトップエディションSAⅡ:20.0% X SAⅡ:15.0% 人気ボディカラー パールホワイトⅢ:25% ブラックマイカメタリック:25% ファイアークォ...

記事を読む

8月中旬にもミライースをフルモデルチェンジ。ムーヴコンテ&ミラココアをマイナーチェンジ

8月中旬にもミライースをフルモデルチェンジ。ムーヴコンテ&ミラココアをマイナーチェンジ

ダイハツは8月中旬の夏休み明けにもミライースをフルモデルチェンジし、同時にムーヴコンテ&ミラココアをマイナーチェンジします。このため3車種とも従来モデルの在庫一掃セールをスタートさせています。 ミライースはキープコンセプトで進化させます。ミラとの統合で新型「ミラ」の名称を採用する見込みです。 新開発のプラットフォームとイーステクノロジーを進化させた低速アイドリングストップ直噴エ...

記事を読む

ダイハツ ムーヴカスタム 6月21日発売

ダイハツ ムーヴカスタム 6月21日発売

今回の一部改良では、ムーヴカスタムに求めやすい価格の「カスタムXスペシャル」を新設定。ハイパーシリーズではインテリア加飾や仕様を変更するなど、質感を向上した。また通常はメーカーオプションの「純正ナビ装着用アップグレードパック」を標準装備するなどお買い得な設定となっている。その他、全車共通でオートライトの点灯タイミングを早期化や、内装色の一部変更なども行った。 カスタムXスペシャルはNA車のみ...

記事を読む

ダイハツキャスト 6月20日発売

ダイハツキャスト 6月20日発売

「スタイル」のデザインフォルムトップの2トーンカラーに「ヘアライン調/シルバー」を新たに設定。さらに「カーボン調/ワインレッド」も選択可能としたことで、従来の1色から3色に拡大した。またインテリアアクセントカラーも4色が追加された。「アクティバ」にも「カーボン調/ブラック」を新たに設定し、インテリアアクセントカラーも4色追加し、外板色との組み合わせを楽しめるようになった。 「アクティバ」、「...

記事を読む

NO IMAGE

ダイハツコペン 一部改良 4月4日発売

ドレスフォーメーションによる新たなデザイン提案として、樹脂外板パーツの塗り分けにより個性ある外観とした「カラーフォーメーション タイプA」をメーカーオプションとして、ローブ、ローブSに新設定。 車体色はブラックマイカメタリック、フロントグリル、サイドステップ、リアバンパーには、マタドールレッドパールがアクセのとして入っている。ほかにもホイールやインテリアカラーも選択肢が増え、より自分らしさを...

記事を読む

NO IMAGE

ダイハツ4月中旬にウェイクを一部改良、バンを新設定

ダイハツはこの4月上旬にもウェイクを一部改良すると同時に、新たに4ナンバーの商用車、バンを設定して発売します。一部改良は安全パックの「スマートアシストⅡ」装備車の追加などで商品ラインアップを強化します。 バンはウェイクの室内の広さを活かし、業務用としての活用範囲を広げるのが狙いです。こちらにも安全パックが設定されます。 ウェイクはトヨタに「ピクシスメガ」としてOEM供給していて、同モデ...

記事を読む

NO IMAGE

ダイハツの次世代登録小型車はプラットフォームひとつで3カテゴリーをカバー

ダイハツは今年8月、トヨタの完全子会社となりますが、国内登録車の小型車はプラットフォームひとつでベーシックコンパクトクラス3分野をカバーすることが濃厚となっています。4月11日発表、12日発売で次期型パッソ(トヨタ)/ブーン(ダイハツ)を投入しますが、このプラットフォームをベースにトールワゴンSUVを派生させる可能性が強いのです。展開するパワーユニットは1L3気筒のNA&ターボ、4気筒1....

記事を読む

NO IMAGE

ハスラーがキャストを販売台数で3ヶ月ぶりに抜き返す

ダイハツキャストは昨年9月9日に発売されました。発売約1ヶ月後の10月から3ヶ月連続してライバルのハスラーを販売実績で上回っていましたが、今年1月に抜き返されました。 今年1月の届出実績はハスラーが7378台に対してキャストは6395台で983台の差。キャストが初期のバックオーダーをほぼ消化し、新車効果が鎮静化しつつあるのに対して、ハスラーは昨年12月に一部改良、特別仕様車の設定などで商品ラ...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタ ダイハツ子会社化

1月29日、金曜日の午後7時30分からという異例に遅い時間の開始となったトヨタ、ダイハツの記者会見。周知のようにトヨタがダイハツの株を100%取得し、完全子会社にするというものだ。この子会社化により、今後の両社による新車開発はどうなっていくのだろうか。 今回の子会社化の狙いの中に、ダイハツが得意としてきたインドネシアやマレーシアにおける今後の新車開発の原資の集中をトヨタがバックアップするとい...

記事を読む

NO IMAGE

4月11日 新型パッソ登場 燃費はガソリン登録車トップの28.0km/L

トヨタがダイハツと共同開発したコンパクトカー「パッソ」。ダイハツのブーンは姉妹車になるが、その3代目となる新型パッソが間もなく4月11日にデビューする。その新型のポイントは、パッソ本来の良さをさらに強化した点にあるという。 その1つが、コンパクトなボディはそのままに実現した、より広い室内空間だ。ボディサイズは全長と全幅は現行型と同じで、全高は現行型より10mm低くなったが、ホイールベースは5...

記事を読む

NO IMAGE

パッソを4月11日にフルモデルチェンジ!

トヨタはパッソを4月11日にフルモデルチェンジする予定。次期型はダイハツが全面的に開発し、トヨタにOEM供給する方式。キープコンセプトで進化させますが、100kg以上の軽量化と新開発1L3気筒直噴+アイドリングストップ機構付きエンジンの搭載で同クラス最高の低燃費を実現させる見込み。JC08モード燃費は30km/L超えを目指して開発を進めています。既にカローラ店向けにスタッフマニュアルを送付、2月下...

記事を読む

NO IMAGE

ダイハツ タントシリーズ マイナーチェンジ

ダイハツは15年12月14日、マイナーチェンジしたタント(122万400~165万7800円)とタントカスタム(152万8200~187万3800円)を発売した。主な改良点は、内外装のデザイン変更である。カスタムRSトップエディション系は、バンパーやフロントグリルの意匠を刷新。存在感のアップを狙っている。 フォグランプはハロゲン式からLED式に変更された。内装はセンタークラスターやドアアーム...

記事を読む

NO IMAGE

NA車だがパッソもフルモデルチェンジ!16年4月登場

コンパクトカーはガソリンエンジン搭載モデルの新型も16年に予定されていて注目。16年4月中旬に、パッソがフルモデルチェンジするのだ。 新型は現行型パッソの良さである扱いやすいコンパクトなボディサイズはそのままに、より広い室内空間を実現するのがポイント。ボディサイズは全長と全幅は現行型と同じで、全高が10mm低くなるだけだが、ホイールベースを50mm拡大。パッケージングの効率化が図られ、145...

記事を読む

NO IMAGE

新型コンパクトSUVの登場でラッシュはどうなる?

16年12月、トヨタは新型コンパクトSUVを発売します。クロスオーバータイプで対抗モデルはホンダヴェゼル。トヨタ全チャンネル扱いとなります。 ★★毛のない頭で考えるな!無料相談受付中!★★ 詳細はここをクリック→>>アイランドタワークリニック<< そこで気になるのがトヨペット店の専売モデル「ラッシュ」をどうするのか。ラッシュは4WDのみでオフロード色が強いが、新型はより乗用車色を強め...

記事を読む

NO IMAGE

ハスラー VS キャストのシェア争いが一段と熾烈に

ハスラーとキャストの販売競争が一段と熾烈になりそうな雲行きになっています。9月9日に発売したキャストは10月の販売で同ジャンルのトップに立ちました。 が、10月の販売台数はキャストの8895台に対してハスラーは8375台でわずか520台差。ハスラーは12月7日にマイナーチェンジし、より燃費のいいS-エネチャージ車や装備を充実させたG-2グレードの設定などで巻き返しを図りつつあります。 ...

記事を読む

NO IMAGE

ダイハツ キャストスポーツ

キャストの「アクティバ」「スタイル」に続く3つ目のバリエーション、「スポーツ」が発売された。 赤色をアクセントカラーとした外観や内装デザインでスポーティさを表現。また、コペンで培ったサスペンションチューニングをほどこし、高い操縦安定性を実現している。さらに、7速マニュアルモードのパドルシフトも専用に搭載している。 専用装備としてはMOMO製革巻きステアリングホイールや、専用デザインの1...

記事を読む

NO IMAGE

スズキvsダイハツは長期的にはスズキが優位?

国内四輪販売戦線でスズキvsダイハツは長期的に見ればスズキが断然優位な図式となっています。軽自動車に絞ってみてもしかりです。ダイハツは親会社であるトヨタとの住み分けに配慮しなければならないので、軽自動車に限定する必要があります。商品戦略的&技術的にもしかりです。これに対してスズキはしばりが無いので、登録者の展開も自由で技術開発でも軽自動車と小型社の交流も自由になっています。 ...

記事を読む

NO IMAGE

新型乗用車「キャスト」が好調な滑り出し

ダイハツが9月9日に発表発売した新型軽乗用車キャストが好調な滑り出しを見せています。 8月20日に事前予約をスタートさせています。9月中旬現在の納期は2ヶ月待ちの11月中旬となっています。 キャスト、人気なんですね~。すでに2ヶ月待ちとは。欲しいんだけど人気車種はなかなか値引してくれないと思っているあなた!新車の値引が難しいなら愛車を高く売りましょう。 無料一括査定サイトのカービューなら...

記事を読む

NO IMAGE

ダイハツ キャスト 9月9日 発表

選べる3つの個性 肝入 キャスト 上質さと機能美を両立して登場!! クロスオーバーテイストのアクティバは122万~165万円! ついにダイハツが先行するライバルにガチンコ勝負を挑む。新型軽自動車「CAST(キャスト)」を発表した。コンセプトは「新ワゴン感覚の個性的なオシャレ軽自動車」だ。今回発表されたのは3モデルで、力強さを感じさせるクロスオーバーテイストの「ACTIVA(アクティバ)」、...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。