2016-12

クラウン

クラウンとレクサス 次期型はどう変わるのか?

日本車の頂点と言ってもジャンルごとに色々浮かんでくるだろう。アメリカ開発とはいえ2016年に発表されたホンダNSXも日本の誇るスーパースポーツだし、日産GT-Rもしかり。スポーツモデルだけではなく、高級車として認知されている「頂点」も当然あ...
インプレッサ

スバル インプレッサは納期待ちだがエクシーガは苦戦?

スバルの登録車は全モデル納期が2~3ヶ月待ちに スバルのインプレッサはじめ、レガシィ、レヴォーグ、フォレスター、XVの各車種が軒並み2~3ヶ月の納車待ちとなっています。 インプレッサは新型に切り替わったばかりで多数のバックオーダーを...
トピック

2017新車カレンダー国産車(10~12月)

2017年10月 三菱RVR後継モデル クリーンディーゼル搭載のコンパクトSUV RVRの後継モデルは、15年のジュネーブショーで公開されたコンセプトカー、XR-PHEVⅡをベースとしたコンパクトクロスオーバーSUVとしてデビューする。...
コンパクト

新型コンパクト2BOX勢はダイハツが苦戦

ダイハツが開発しトヨタにOEM供給している「パッソ」「ルーミー/タンク」が好調に売れている半面、苦戦を強いられているのが本家であるダイハツブランドの「ブーン」「トール」です。 トヨタブランドとボディパネル、エンジンなど基本コンポーネン...
トピック

2017新車カレンダー国産車(7~8月)

2017年7月 日産ジューク e-POWERでクラス1の低燃費をマーク 今までの日本車にはない衝撃的なデザインでデビューしてから7年。コンパクトSUV人気の先駆け的存在でもあるジュークが17年7月にもフルモデルチェンジする。 注目...
スズキ

スズキは16年の登録車販売が10万台で悲願達成確実

スズキの16年(1~12月)における登録車販売は、目標だった10万台を突破して、悲願を達成しそうです。 1~11月の販売実績は9万5677台で前年同期比35.6%増ですから、あと4323台に迫っています。11月が7422台であり、12...
トピック

2017新車カレンダー国産車(4~6月)

2017年1月 ホンダフィット 加速性能の向上と低燃費を両立 ホンダの人気コンパクト、フィットのマイナーチェンジが4月に行われる。 今回の変更ではフロントとリアのデザインに手が入れられ、よりアグレッシブなものとなる他、搭載エンジンも熟成...
CX-3

マツダはミニバンから完全撤退しCXシリーズの次世代SUVラインアップ強化で対応

マツダは18年までの国内次世代商品ラインナップでプレマシーとビアンテを廃止してミニバン市場からて完全撤退し代わってCX-3、CX-4、CX-5、CX-6のSUVラインアップの確立で対応する方針のようです。 CX-3がコンパクト、CX-...
トピック

2017新車カレンダー国産車(1~3月)

2017年1月 トヨタヴィッツ 1月12日 マイナーチェンジでハイブリッド追加 1月12日にヴィッツがマイナーチェンジを実施し、ハイブリッドモデルが追加される。ハイブリッドアクアなどと同じ1.5L+モーターのハイブリッドシステム。 ...
トヨタ

プリウスαはモデル廃止か?

トヨタ販売店種類によると、「トヨタは次期型プリウスαの開発プロジェクトを稼働させておらず、モデル廃止の方向で検討中らしい。」とコメントしています。 プリウスαは先代プリウスをベースに全長や全高を拡大し、ステーションワゴン感覚のボディレ...
CX-5

マツダCX-5 来年2月デビュー12月15日発表

乗り心地や静粛性アップで上質な走りを予感させる 現行型CX--5のデビューは2012年と割と最近だ。マツダが大きく変わり始めた、スカイアクティブ技術と魂動デザインを採用した新世代商品の第一弾として登場したのが、このCX--5。 ...
ソリオ

ソリオが買い!最新プチバン5車比較

プチバンは全てファミリー向けだが、各車種が独自の特徴を備え、使用目的に応じて選べる。高齢者のいる世帯では、助手席の乗降性が優れたポルテ&スペイドは便利だ。 キャンプに出かけたり、たくさんの荷物を積んだり車中泊を楽しむならフリー...
スズキ

スズキソリオ NEWハイブリッドの走りは?

最近のスズキはパワートレイン関連の技術革新が実にアグレッシブ。ワゴンRなど最多量販車である主力軽自動車をほぼすべてマイルドハイブリッド(S-エネチャージ)化したのをはじめ、1.2LのNAなどではツインインジェクター(デュアルジェット)を採用...
ダイハツ

トール、ルーミー、タンク試乗 使い勝手も走りっぷりも期待値以上

全長3700mm、全幅1670mm、全高1735mmというボディサイズ。まさにスズキソリオにがっぷりとつけてきたダイハツトール/トヨタタンク&ルーミー。ベースとなるのはパッソ/ブーンである。 パッソ/ブーン、正直言って乗り心地...
スズキ

プチバン戦争勃発?トール登場で販売競争が激化!

この10年間ほどで軽自動車は急速に進化した。車内が広く、質感も高まり、安全装備も充実。燃費数値は10年前の1.7倍前後まで向上したから、燃料代は数値的には以前の6割程度ですむ。売れ行きも急速に伸びて、14年には新車販売される車の41%が軽自...
タイトルとURLをコピーしました