NO IMAGE

コンパクト&ジャストサイズFR50年の歴史を振り返る

コンパクト&ジャストサイズFRの歴史は、1963年デビューのホンダS500から始まった。その頃の日本車はFRが当たり前で、その駆動方式に希少性はなかったものの、本格的なスポーツカーというのは貴重な存在だった。 1965年にはトヨタがスポーツ800を発売。以降、70年代に向かって日本人はスポーツカーに夢中になっていく。TE27レビンや初代サバンナ&初代RX7などの名車が続々と登場。80年代はターボ...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタ注目のニューカーは今秋の東京モーターショーで世界初公開が決定!

世界最小FRいよいよ登場間近。10月の東京モーターショーで世界初公開が決定。正式デビューは来年末頃か?来年末の登場が噂される開発呼称270B、トヨタのコンパクトFRスポーツをご紹介。 コンパクトFR、楽しみですね。次に狙ってみるのもありだと思います。 ここでお得に乗り換える簡単な方法をひとつ。 愛車を下取りに出す前に無料一括査定サイトのカービューで価格確認! 高く売れたら浮いたお金で支...

記事を読む

NO IMAGE

新型パジェロスポーツタイで誕生日本導入を熱望

●2.4Lディーゼルターボ(181ps/43.8kgm)搭載 アウトランダーに続いてタイで新しいフロントフェイスとなって生まれ変わったパジェロスポーツが公開された。ピックアップトラック、トライトンをベースにした7人乗りSUVだがデザインは洗練されていて扱いやすいサイズもいい。さらに魅力的なのは2.4リットルMIVECディーゼルターボが搭載され8ATと組み合わされること。日本に導入されればハリ...

記事を読む

NO IMAGE

小型車にもS-エネチャージ搭載!新型ソリオ登場

●1.2LデュアルジェットエンジンにISGを付けマイルドハイブリッド化し27.8km/Lを達成。 スズキソリオが8月末に5年ぶりのフルモデルチェンジを行う。注目はマイルドハイブリッドのラインアップ。すでにハスラーなどの軽自動車ではモーター機能付き発電機ISGを使い、S-エネチャージモデルとして実用化しているが、登録車への搭載は今回が始めて。 具体的には1.2Lデュアルジェットエンジンと...

記事を読む

NO IMAGE

クラウンにターボ復活

●クラウンが10月1日に大幅刷新!ボディ剛性もアップ!アスリートに2Lターボ8AR-FTS設定で燃費は13.4km/L。 2012年に登場した14代目となるS210系クラウン。大胆なフロントマスクが印象的。このS210系クラウンの大きなトピックだったのが、ハイブリッドをダウンサイジングして、従来の「3.5L、V6ハイブリッド」から、「2.5Lの直列4気筒エンジンハイブリッドから、より燃費コン...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタが計画するオリンピックカーの正体

トヨタが計画するオリンピックカーは ミライ、だけじゃない! それ以外の8種類のニューカー、モビリティをご紹介! 【サルーン4ドア系の協賛車種】 ○レクサスLS FCV(2018年デビュー) ○新型クラウンFCV(2019年デビュー) ○プリウスPHEV(2016年デビュー) トヨタは2020年までにミライ以外にも2~3種類のFCVを用意していると言われてい...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

1 32 33 34 35