「 ベンツ 」一覧

NO IMAGE

メルセデス・ベンツEクラスのすべて Kindle

ニューモデル速報 インポート Vol.58 メルセデス・ベンツEクラスのすべて 管理人です。 今回は、メルセデス・ベンツEクラスのすべて Kindle、のご紹介です。 管理人、ベンツは高級車ということくらいしか分かりません。 なので、こういう本が必要なんでしょうけど。 ということで。 この記事では、「メルセデス・ベンツEクラスのすべて」、を紹介したいと思...

記事を読む

NO IMAGE

メルセデス・ベンツCクラスのすべて Kindle

MercedesーBenz Cーclass (CARTOP MOOK) 管理人です。 今回は、メルセデス・ベンツCクラスのすべて、のご紹介です。 ベンツって何となく近寄りがたいんですよね。 管理人なんかが乗るクルマでないと言うか、高級車っていうか。 管理人のように古い人間はそうなんですが、今は普通にあちこちで見かけますから、そういうブランドのハードルは...

記事を読む

NO IMAGE

ベンツ、BMW、レクサスの残価設定 本当に価値ある車は?

一つのブランドの中で、どの車種が販売店に「価値がある」と思われているのか。普通は新車価格が高い順にそれが示されているように思うが、さにあらず。ここでも残価設定ローンの残価設定率がその大きな参考になる。 ここではメルセデスベンツ、BMW、そしてレクサスという3つのプレミアムブランドで調査。基本的に各車種で最もベーシックなグレードの3年後の残価設定率を取り上げているが、「新車価格が車の価値を示し...

記事を読む

NO IMAGE

BMW7代目5シリーズはベンツEクラスを超えたか?

6世代で世界累計生産台数が720万台以上。アッパーミドル級サルーンの雄、BMW5シリーズが7世代目へとフルモデルチェンジし、ついに日本上陸を果たした。 ちなみにベンツEクラスはと言うと、昨年夏10代目が日本にやってきた。世界累計は1200万台以上と言うから、歴史という点では5シリーズを圧倒する。 先駆者というわけだ。とはいえ世代ごとの台数を平均して考えれば、両車がっぷり四つ。FRアッパ...

記事を読む

NO IMAGE

日欧Cセグメントハッチバック10車

新型インプレッサがデビューし、にわかに脚光を浴びているのがCセグメントカテゴリーだ。 VWゴルフをベンチマークとして新開発のプラットフォームが与えられた新型インプレッサは、大幅に完成度を上げて登場したが、その好敵手であるアクセラも今夏にマイナーチェンジを施して魅力度をアップ。 さらに、このカテゴリーのスタンダードモデルであるVWゴルフもこの11月にドイツ本国で大幅マイナーチェンジを受け...

記事を読む

NO IMAGE

コミコミ350万円ならメルセデス・ベンツも選べる!

メルセデス・ベンツBクラス 316万~505万円 メルセデスが「ニュー・ジェネレーション・コンパクトカーズ」と呼ぶFFベースモデルで最初に登場したBクラス。 見た目のバランス感がちょっと微妙な気もするが、プレミアムブランドでは数少ないスペースユーティリティ志向のコンパクトカーであり、後席の住居空間や荷室はサイズの割に広く、それでいて走りは軽快だ。 ひとつ上の「B180スポーツ」とは実...

記事を読む

NO IMAGE

メルセデス・ベンツ Cクラス カブリオレ 9月28日発売

Cクラス初のオープンモデル「Cクラスカブリオレ」が発売された。 ベースとなるセダンモデルでも、ルーフの無いカブリオレとして十分なボディ剛性を確保できるように考慮されていたが、さらにボディシェルのフロントエンドとフロア周辺、ルーフ周りなどをカブリオレ用に新設計することで、軽量化と高いボディ剛性を実現させた。 エンジンラインアップは、 1.6L直4ターボ(156ps/25.5kg...

記事を読む

NO IMAGE

日本で買える自動運転、どの車がNo1? 

最近になって自動車業界で大ブームの自動運転。輸入車のみならず、日産がセレナに自動運転を搭載。そしてEクラスが新型になり事実上の自動運転がついに日本に上陸。自動運転を早くから実用化していたテスラはその地位を脅かされるのか、今後はどうなっていくのだろうか。 自動運転とACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)の違いは? ACC(完全停止まで対応し、レーンキープのような操舵支援システムが付帯する...

記事を読む

NO IMAGE

ベンツの未来がもう買える!ベンツ新型Eクラス

7月27日、迎賓館赤坂離宮にて新型Eクラスがベールを脱いだ。 新型Eクラスについてメルセデスベンツ日本の上野社長は「未来的な安全装備だけでなく、数々の革新的技術が採用されています。エンジンは効率の高い4気筒にターボを組み合わせ、9速ATも導入し、最適な動力を効率的に確保しています。クラストップレベルの省燃費による環境性能も実現しており、新世代のスタンダードとなっていくと考えています」とコメン...

記事を読む

メルセデスベンツ Cクラス おすすめグレード

メルセデスベンツ Cクラス おすすめグレード

メルセデスベンツ Cクラス(4代目)は2014年7月11日登場。 グレード別販売構成比上位3グレード C200 C220d C250アバンギャルド 人気ボディカラー パラジウムシルバー イリジウムシルバー テノライトグレー この車のポイント 遠目にはSクラスと見分けがつかない堂々としたデザインを持つCクラスセダン。基本Cセグだが、日本...

記事を読む

メルセデス・ベンツのSUV戦略

メルセデス・ベンツのSUV戦略

VWを抜いて今や輸入車ナンバーワンの新車販売台数を誇るメルセデスベンツ。かつての高級車だけを作るメーカーではなく、今や下はAクラスから上はAMGまでラインアップするフルラインメーカーになっている。そのメルセデスベンツがここのところ怒涛の勢いで発表するのが車名にGLが付くSUV軍団だ。 もともとSUVマーケットは、車界の埋蔵金市場と言われていたマーケット。その成長は2020年頃まで続くと200...

記事を読む

NO IMAGE

メルセデスAMG GLE 43 4MATIC 4月27日発売

メルセデスAMG 43モデル」として発表される最初のモデルで、メルセデスAMGが専用開発した3L V型6気筒ツインターボBlue DIRECTエンジン(367ps/53kgm)と、パフォーマンス志向の四輪駆動システム「AMG 4MATIC」などを搭載する。 また、Eクラスと同等の安全装備も標準装備される。5つのモードを選択可能なAMGダイナミックセレクトで、ドライバーが望むキャラクターにスイ...

記事を読む

NO IMAGE

メルセデスベンツGLEクーペ 4月27日発表、8月発売

クーペとしてのスタイリッシュなフォルムと走行性能にSUVらしい存在感と利便性を加えたモデル「GLEクーペ」が発表された。リアエンドはSクラスクーペと同様のデザインを採用。低いルーフラインと高いベルトラインというメルセデスベンツのクーペの独自性も継承している。 パワーユニットは、3L V6ターボと5.5LV8直噴ツインターボのガソリンと、3L V6直噴ターボのディーゼルをラインアップする。クー...

記事を読む

NO IMAGE

メルセデスベンツ GLS 4月27日発売

メルセデスの最上級SUV「GL」が「GLS」として刷新された。エクステリアには特徴的なAMGデザインを採用、クロームルックなパーツを取り入れることで、スポーティさとSUVのデザイン要素を融合している。 シャシーでは、電子制御式エアサスペンションや、最新のフルタイム四駆機構により、高い走行性能を実現する。3LV6直噴ディーゼルターボと、4.7LV8直噴ツインターボをラインアップしている。 ...

記事を読む

NO IMAGE

ベンツAクラス BMW1シリーズ アウディA3スポーツバック 比較

エンジンは排気量も微妙に異なれBMWのみ3気筒という違いもある。サウンドや振動、吹け上がりのスムーズさでは4気筒が勝るも、性能面では3気筒の方がトルク特性にすぐれ、力強さを感じる。シャシー性能はどうこういってもBMWがFRにこだわった意義を感じる。FFの2台も回頭性は良いが、動きの素直さや前後バランスなど、コーナリングでの懐の深さはFRの1シリーズに軍配。ランフラットタイヤの履きこなしも巧く、乗り...

記事を読む

NO IMAGE

ベンツGLC BMW X3 アウディQ5 比較

以前のこのクラスは、ボクシーなややオフロードよりのデザインで左ハンドルしかなかったGLKが一人負け状態で、X3とQ5がしのぎを削っていたが、16年2月に日本導入されたばかりのGLK改めGLCは「これは売れる!」と誰もが確信する程商品力をアップしてきた。 最新のメルセデスらしい官能的で洗練されたエクステリア、高級感のあるインテリアなどデザインでは最下位からトップに踊り出た感があり、右ハンドルも...

記事を読む

NO IMAGE

メルセデスAMG C63 BMW M3&M4 アウディRS5 比較

走りがとにかく魅力的だと思えるのは、やはりBMWのM3/M4だ。現行型は、エンジンをそれまでの4L版V型8気筒自然吸気(420ps)から、3Lの直列6気筒ツインターボ(431ps)へと変更したことが、技術面でのハイライト。同時にストイックなまでの軽量設計を実現することで、ドライビングファンがピュアに追求された。 コーナーでの動きは、ミドシップのスーパースポーツと比較しても全く見劣りしない。常...

記事を読む

NO IMAGE

メルセデスAMG A45 BMW M2 アウディRS3 比較

初代(E30型)や二代目(E36型)M3で走りの楽しさを知った者には、まさに待望の1台とも言えるニューモデルが誕生した。それは新たにMモデルのベーシックラインを担うことになった、2シリーズベースのM2クーペだ。 実際に見るM2クーペは、その第一印象から、パフォーマンスへの期待感を高めてくれるアピアランスに満ちあふれている。フロントに搭載されるエンジンは、370ps誇る新開発の3L直列6気筒タ...

記事を読む

NO IMAGE

メルセデスAMG GT、BMW i8、アウディR8比較

スーパースポーツの世界には、それを生み出す各社の哲学が常に強くアピールされる。スーパースポーツとしてのデザイン、そしてエンジニアリングの斬新さが最も強く感じられるのはBMWのi8。その姿を初めて見た時の感動は、かつてあのスーパーカーブームのなかで、ランボルギーニカウンタックの存在を知った時のそれにも似ている。 実際の走りにも、これまでのスーパーカーにはない独特なフィーリングがある。i8はエレ...

記事を読む

NO IMAGE

メルセデス・ベンツCクラスクーペ 3月14日発売

アルミハイブリッドボディのAピラーより2ドアクーペ用に専用設計したCクラスの新しいモデル「Cクラスクーペ」が発売された。メルセデスクーペの伝統的プロポーションである、流れるようなルーフライン、力強いリアエンドを踏襲。フロントセクションは、先代よりもスポーティさを強調している。 パワートレーンは156ps/25.5kgmを発揮する1.6L直列4気筒Blue DIRECTダイレクトターボエンジン...

記事を読む

NO IMAGE

好調レクサス 2016年日本の高級ブランドがベンツを凌駕するのか?

15年販売台数でBMWを抜いたレクサスクル。車好きの評価は必ずしも高くはないけれど、今売れているレクサスの秘密とは? 前年からアップで15年販売台数はレクサスがBMWを逆転 レクサスの売れ行きが好調だ。年間販売台数は13年が4万6772台。14年は4万4246台と前年より2000台以上減少したものの、15年は前年比109%の4万8231台にアップ。リーマンショックのあった08年以降は14年を除...

記事を読む

NO IMAGE

メルセデスベンツ GLC 2月9日発売

SUVモデルを表す「GL」と車格を表す「C」を組み合わせ、ベストセラーモデルであるCクラスの先進性を踏襲した新世代SUV「GLC」がデビューした。 ボディサイズは全長4660mm、全幅1890mm、全高1645mmで、先代に比べ室内空間が広くなった。特に、後席レッグルームは57mm拡大し、ゆったりとしたスペースが確保されている。 パワーユニットは、最高出力211ps、最大トルク35.7...

記事を読む

NO IMAGE

新型Eクラス 日本発売は今年中頃

デトロイトショーの初日、1月11日に新型Eクラスがワールドプレミアとなった。W123というコードネームが与えられた5代目EクラスはCクラスに続いて、アルミと高張力鋼板のハイブリッド構造によるプラットフォーム、MRA(モジュラー・リアホイールドライブ・アーキテクチャー)が使われている。 エクステリアデザインはCクラスと同様、スリーポインテッドスターがグリル内に装着されるアヴァンギャルドとアバン...

記事を読む

NO IMAGE

ベンツAクラス マイナーチェンジ

今、Aクラスのバリエーションは何種類あるでしょう、と聞かれると答えにつまる。それほどメルセデスベンツは間口を広げることに熱心。とにかく、初めてベンツを買う若いユーザーを増やしたいのだ。 だからそこに向けたど真ん中エントリーモデルのA180は、仕立てがかなりスポーティ。1.6Lターボは122ps/20.4kgmだが、加給エンジンらしくグイッとくる瞬発力があるし、7速DCTとの組み合わせもシャキ...

記事を読む

NO IMAGE

ベンツC350eアバンギャルド 15年12月4日発売

直4、V6、V8の直噴ガソリンターボと直4ディーゼルターボを持つベンツCクラスに、第3のユニットとなるプラグインハイブリッドが登場した。ベンツのPHVはS550eロングに続く2車種目。 C250スポーツに搭載されている直4、2L直噴ターボエンジン(211ps/35.7kgm)に、ブースト機能を合わせ持つ高出力モーターをくわえ、システム出力279ps/61.2kgmを実現。航続距離約30km、...

記事を読む

NO IMAGE

2015年モータースポーツ F1

フェラーリ大幅戦力アップも最強メルセデスがシーズンを席巻 15年F1グランプリもアブダビを最後に幕を閉じた。結果はメルセデスワークスの圧勝。最後までクラス違いの速さを誇り、ワールドチャンピオンにルイス・ハミルトン、そして2位にはニコ・ロズベルグ。ポールポジションは常にメルセデスのものであった。結果ドライバーズとマニファクチャーのダブルタイトルを2年連続で獲得。他チームにはアンタッチャブルな勢でF...

記事を読む

NO IMAGE

ベンツ 新型ミニバンVクラス デビュー

メルセデスの三列シートミニバン、Vクラスがモデルチェンジした。新型は全車2142ccの直4ディーゼルターボ(163ps)を搭載し、駆動方式はFR。 今の愛車7年落ちで下取り査定ゼロ・・・でも! >>かんたん車査定ガイドなら高く売れます!<< ラインアップは4グレード ・V220dトレンド ・V220d (ともに全長4905mm) ・V220dアバンギャルドロング(全長51...

記事を読む

NO IMAGE

メルセデス・ベンツ 新型GLC Cクラスのクロスオーバーモデル

メルセデスGLCはCクラスベースのSUV。従来のGLKの後継モデルである。日本発売は15年12月の予定。ボディサイズは全長☓全幅☓全高4656☓1890☓1639mm(欧州仕様)。室内は前後席ともにたっぷりとしたスペース。最大ラゲッジ容量はGLK比80L増の1600L。 今の愛車7年落ちで下取り査定ゼロ・・・でも! >>かんたん車査定ガイドなら高く売れます!<< 欧州仕様はガソリンが2L...

記事を読む

NO IMAGE

新V8、ツインターボ搭載で、新型ベンツGクラスの走りが激変した!

1979年から基本骨格をそのままにドイツのグラツ工場でのみ製造される本格的オフローダー「Gクラス」。本国ではこの5月にフェイスリフトが行われた。 ベンツGクラス、オフロード車としてはライバルはいないとか。乗ってみたい人多いかも。 それで、購入する時に今の愛車を売却するなら無料一括査定サイトを利用して下さいね。 複数の会社が競争するので通常より高く売れます。高く売れば支払いも楽になりますよ...

記事を読む

NO IMAGE

フェイスリフトした新型ベンツAクラス。その熟成された走りに驚く!

欧州では7月3日に予約を開始し、9月末からユーザーの手に渡り始めた新型「Aクラス」のインプレッションをいち早くお届けする。試乗したのは、日本への導入が濃厚な「A250スポーツ4マチック」と「Mercedes-AMG A454マチック」の2台だ。 新型ベンツAクラス、もうすぐ日本導入ですか。楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。ところで次こそはベンツという人も多いと思いますが、そうなる...

記事を読む

NO IMAGE

新型スマート発売迫る

マイクロコミューターのパイオニア、経済性と環境性、そして利便性を世界のユーザーに提供してきたスマートが、3rdモデルにフルチェンジした。すでに欧州での販売が始まり、日本でも発表・発売は年内にも行われる予定。 スマート、東京モーターショーでも出展予定ですね。街中でちょっとそこまで、小さい車でいいかなと。メインの愛車から乗り換えという人は少ないと思いますが、もしも乗り換えるなら今の愛車を無料一括...

記事を読む

NO IMAGE

メルセデス・ベンツ C220d

メルセデス・ベンツ日本は9月28日、CクラスのセダンおよびステーションワゴンにクリーンディーゼルモデルのC220dを追加設定し、受注を開始した。発売は10月を予定している。 クリーンディーゼル、最近なにかとVWも不正で話題ですが。ベンツは大丈夫なんでしょう。日本の規制は緩いみたいだし。まあノンストップで長距離走るならHVよりディーゼルの方が燃料費を考えるとメリットがある、という話もありますね...

記事を読む

NO IMAGE

メルセデス・ベンツ Vクラス

3代目となるメルセデス製の大型ミニバン、新型Vクラスが日本導入となった。3代目Vクラスは最新のメルセデスに見られるような押し出しの強いグリルに切れ長のヘッドライト、フロントフェンダーからリアへと続くキャラクターラインや両端が弓なりに見えるようデザイン処理されたサイドウィンドウの下端ラインなど歴代モデルの中で最も高級感を感じさせるデザインだ。 今度のベンツのミニバン、期待されてるみたいですね。...

記事を読む

NO IMAGE

マツダCX-3 vs ベンツGLA180

1.5LのSKYACTIV-Dを搭載し、洗練された乗り味も高く評価されるマツダCX-3。ベンツのコンパクトSUV、GLAと比較し、その優れた資質に迫る。 CX-3、評価高いです。ディーゼルSUV、次に乗り換えるならコレという人も多いのでは。 それで、ちょっとお得に乗り換える簡単な方法なんですが。 愛車を下取りに出す前に無料一括査定サイトで価格確認してみてください。 ディーラーとの交渉が...

記事を読む

NO IMAGE

IS200tの勝算

強力輸入車が待ち構える2Lターボセダンカテゴリに参入したレクサスIS200t。その実力の程をスカイライン200GT-tも交え検証する。 レクサスIS200t、なかなかの人気みたいですね。日本でこのクラスは弱いといわれてますが、輸入車よりも国産車と思っている人にはいいクルマなんじゃないでしょうか。わざわざ輸入車から国産車に乗り換えという人に、ちょっとお得情報。 今乗っている輸入車、どうせ...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

1 2