2015-12

コンパクト

ハイブリッド激化!トヨタ、日産、ホンダに続きスズキ参入

16年からはコンパクトカーもSUVのハイブリッド化へとさらに加速。新興勢力のスズキも本格的にハイブリッド競争に参入する。 スズキ、マイルドハイブリッドはやってますが、ついに本格HV参入なんですね。もっと早く参入する予定が他が好調すぎて...
オデッセイ

12月下旬から16年2月上旬発売の「オデッセイHV」の事前予約受付を開始

ホンダは16年2月上旬に発売する「オデッセイHV」の事前予約受付を12月下旬から開始します。同パワートレインはアコードと同じ2L&2モーター&リチウムイオンバッテリー方式を採用。アコードHVのJC08モード燃費は30km/L...
ホンダ

ホンダ 2016年 新車スケジュール

ホンダ-20-16スケジュールがわかった安全なフルモデルチェンジはフリードただ一台だが数多くのモデルがビッグマイナーチェンジを受けるフレッシュなモデルに生まれ変わる フリードは1.5Lハイブリッド、ターボは中止 12月上旬、埼玉県の某所...
ダイハツ

新型コンパクトSUVの登場でラッシュはどうなる?

16年12月、トヨタは新型コンパクトSUVを発売します。クロスオーバータイプで対抗モデルはホンダヴェゼル。トヨタ全チャンネル扱いとなります。 ★★毛のない頭で考えるな!無料相談受付中!★★ 詳細はここをクリック→>>アイランドタワー...
PHV

出たばかりのプリウスだが本命はPHV EV走行距離は倍増の50km超

2016年末、プリウスPHVが生まれ変わる。MIRAIにも似た専用ボディにも似た専用ボディに大容量のバッテリーを搭載し、ソーラーパネル付きルーフも手に入れた次期型はゴルフGTEやアウディe-tronがライバルのプレミアムモデルに進化する。 ...
トヨタ

16年1月6日、一部改良、追加グレードを設定するノア/ヴォクシー/エスクァイアは1万1000-8万2000円の値上げ

16年1月6日に一部改良、追加グレードを設定するノア/ヴォクシー/エスクァイアは装備充実によるコストアップ分1万1000~8万2000円の値上げとなります。上げ幅に差があるのは安心パッケージのトヨタ・セーフティセンスCやセルフリストアリング...
レクサス

レクサス RC-F 477ps、5L・V8自然吸気

レクサスRC-Fはスポーツモデルでトップクラスの実力の持ち主だ。ルックスは海外でも高い人気を呼んでいる。それは当然だろう。コックピットもまたかっこいい。夜間の照明はいい雰囲気を演出している。後席の実用性も十分にある。 RC-Fは今や少...
カムリ

マークXのFF化がついに正式決定!次期カムリも加え、トヨタのセダンが大きく変わる!

トヨタミドルサイズセダン戦略大幅見直し アウディ、BMW、ベンツを直撃!マークXスポーツFFへ。カムリは燃費優先。どちらも大胆にスポーティ! トヨタが推進するまったく新しいクルマづくりの骨格TNGA(トヨタニューグローバルアーキテク...
トヨタ

トヨタ 2016年の登録車は独走の可能性あり

16年の新車試乗のうち軽自動車を除く登録者ではトヨタが独走しそうな趨勢になっています。15年にフルモデルチェンジやビッグマイナーチェンジしたアルファード、ヴェルファイア、カローラ、シエンタ、クラウンに加え、16年に入ると12月9日一新のプリ...
ターボ

ホンダS2000 マツダSKYACTIV-Rともにターボで始動 21世紀ターボ新時代

これから2~3年後に量産化されるターボの新技術をマツダとホンダが採用するという。その目的はともにスポーツ。電気を使ったターボが車を変える。 ロータリー50周年の2017年に間に合うか? ヨーロッパを中心にディーゼルエンジンやガソリンエン...
トヨタ

新型プリウスの死角?社内登録車のナンバーを外し、輸出に振り向けることを禁止。4系列販売店競争激化ですでに値引き10万円以上か?

12月9日に発表、発売した新型プリウス。16年3月末までの各販社への枠配車分のほとんどを売切り、すでに4月以降分の受注活動に入っています。ところが首都圏某販売店での情報によると、トヨタ営業部より「新型のプリウスについては中古車での輸出を禁止...
スバル

スバル フォレスター 2.0XTアイサイト コーナリングがより軽快に

4代目フォレスターが初のマイナーチェンジを実施した。新型はフェイスリフトと安全装備の充実を図り、魅力がアップした。ウィンターシーズンに心強いSUVである。 販売好調のスバル車を牽引するモデルがフォレスターである。北米市場ではレガシィ・...
SUV

雪に強いSUV 4WDの真骨頂!

雪道と言っても大きく2つに分けられる。まず、ミラーバーンに代表される「氷」。そして吹雪の最中に出くわす深雪の類だ。ミラーバーンの場合、滑りやすい路面での駆動&制動性能が重要になり、後者だと最低地上高でほとんど決まってしまう。どんなに...
スバル

レヴォーグ「1.6G EyeSight S-Style」、クロスオーバー7「Modern Style」、レガシィ アウトバック「Limited Smart Edition」

スバルレヴォーグ「1.6G EyeSight S-Style」価格291万6千円、12月10日発売 特別装備として、上質な手触りと光沢感が特徴のパールスウェードと本革を組み合わせた専用シートを採用して、インテリアの質感を高めた。さらに18...
SUV

現行国産スポーツ4WD

現在、国産で本格スポーツ4WDとよべる車はわずか7台という状態になってしまっている。そのスポーツ4WD車たちも、直結4WDや単純に機械式LSDを組み込んだセンターデフ式フルタイム4WDシステムの車は絶滅してしまっている。今、時代を引っ張るの...
タイトルとURLをコピーしました