「 2016年03月 」一覧

NO IMAGE

トヨタ86デビュー4年目のビッグマイナーチェンジ

デビュー4年目に入ったトヨタ86が初めてのビッグマイナーチェンジ。これまでも足回りの変更やボディー剛性の向上など、マニアックな改良は続けてきたが、エクステリアに手を入れるのは今回が初めて。 【広告】 // エクステリアで大きく変わるのはフロント周り。バンパー下のラジエターグリルが拡大され、うねりを感じさせるデザインとなる。同時に、その左右にあるエアインテークの形状も変わ...

記事を読む

NO IMAGE

アコードが6月にマイナーチェンジ

ホンダはアコードを6月にもマイナーチェンジします。内外装のデザイン変更、新ボディーカラーの設定、装備の充実などが主な内容。装備面では安全パッケージの「ホンダセンシング」を採用します。現行モデルは既にオーダーストップになっています。メカニズム面の改良は今回行われない見込みです。

記事を読む

NO IMAGE

R35GT-Rの最終進化モデルが10月デビュー!V6ツインターボの走りは?

07年のデビュー以来、毎年年次改良モデルを出していたGT-Rだが、16年モデルは不在。次期R36型の開発に集中するため現行モデルの改良を中止したという説もあったがさにあらず。日産はGT-Rをしっかりと進化させてきた。 16年モデルが空いてしまったのには様々な理由がありそうだが、アメリカの安全基準が変わり、ルーフの強度が強化されたこともその一つ。ルーフを強化すること自体は簡単だが、重量バランス...

記事を読む

NO IMAGE

リーフの販売が絶好調。2~3月は2500台超えで倍増ペースに

日産の主力電気自動車「リーフ」が今年に入って絶好調の売れ行きを見せています。登録台数は1月2503台、2月2819台で1~2月の前年同期比は103.8%増と2倍強の急増ぶりです。 この第一要因として挙げられるのは、昨年12月に発売した航続距離280kmの改良モデル30kWhバッテリー仕様が好評のため。従来の228kmモデル「24kWhバッテリー仕様」より52kmも延長したのが売りとなっていま...

記事を読む

NO IMAGE

プリウスPHV、いよいよ11月登場!EV走行距離60km!

EV走行距離60kmを実現するプリウスPHVがニューヨークショーで発表された。その中身を徹底解剖する! いよいよ待ちに待った4代目プリウスの本命とも言えるPHVが登場した。と言ってもニューヨークショーで公開されただけで、実際の市販開始は11月頃となる。 エクステリアがガラリと雰囲気を変えて、PHV専用デザインとなっている。なんといっても4つ目のLEDランプを配したヘッドランプの形状が異...

記事を読む

NO IMAGE

アイシスが4月6日一部改良。装備充実、燃費改良などで約2万円の値上げ

アイシスが4月6日に一部改良します。今回の改良はFF車1.8LのJC08モード燃費が従来の15.2km/Lから15.4km/Lに向上。シート表皮の質感向上、プラタナ、Gなどに99%UVに加えIR(赤外線)カット、サイドミラーの自動格納にリバース機能をくわえるなどの変更がおこなわれています。安心パッケージのトヨタセーフティセンスは設定しません。次期型の開発はせず、最後の手直しとなるためです。改良モデ...

記事を読む

NO IMAGE

ロードスターRHTの市販モデルがNYショーで初公開!日本仕様にも2Lエンジンが積まれる!

2L、RHTの追加で、さらに人気が増しそうなマツダロードスター。アルファ版も年内に登場するなど進撃が続く! 3月中旬マツダは車名を明かさず「何らかの新型車」をNYショーで発表すると言っていた。その車こそがロードスターRHT(リトラクタブルハードトップ)だ。 ロードスターRHTは06年8月、先代NC型の登場1年後に新設定されたモデル。わずか12秒で自動開閉する電動格納式ハードトップで、そ...

記事を読む

NO IMAGE

6月13日にプレミオ/アリオンがマイナーチェンジ

トヨタは6月13日にプレミオ/アリオンをマイナーチェンジします。内外装のデザイン変更、エコカー減税対応、安心パッケージ「トヨタセーフティセンスC」の標準装備車設定などが主な内容です。 エンジンラインナップはFFが1.5Lと1.8L、4WDが1.8Lで、FFに設定している2Lは売れ行き不振のため廃止となります。フロントマスクはバンパーまで切り込んだ大型グリルとヘッドランプのデザイン変更、ボディ...

記事を読む

NO IMAGE

今秋日本投入の新型インプレッサはガッチリ骨太なスポーティセダン

スバルが渾身の開発を示唆次世代プラットフォームを採用して生まれ変わった新型インプレッサの詳細に迫る! 4代目となる現行型インプレッサがデビューしたのが2011年11月。早いもので既に丸4年以上が経過し、5年目に入っている。この先代と同様、ニューヨークショーでデビューしたのが新型、5代目インプレッサの市販バージョンだ。これまでと同じく、4ドアセダンとハッチバックボディの5ドアが同時に発表された...

記事を読む

NO IMAGE

最上級スポーツクーペのレクサスLCは来春3~4月に国内販売

レクサスブランドの最上級クーペ「LC」は国内向けについてはこれまで今年末の発売を予定していましたが、来春の3月か4月に先送りする見通しです。 年末はトヨタブランドの新型コンパクトSUVやヴィッツハイブリッドなど、有力新型車が発売の予定で、トータル的なPR戦略や組み立て工場のダブりを考慮した為と思われます。 LCの国内向けモデルはLSベースの最上級スポーツクーペで5L V8エンジン搭載の...

記事を読む

NO IMAGE

怒涛の新車ラッシュ。ジュネーブショーはなぜ盛大なのか?

3月3日から13日まで開催されたジュネーブモーターショー。ワールドプレミアされた車を見ると注目車ばかりで自動車メーカーがいかに重要視しているのかわかる。去年の東京モーターショーとは大違いだ。 なぜここまで盛大なのかというと、隔年開催のパリ、フランクフルトショーと違ってジュネーブモーターショーは毎年開催であるため、欧州の自動車メーカーの賀詞交換会的な意味合いを持つこと。 またスイスという...

記事を読む

NO IMAGE

アストンマーチン最新作、DB11登場!DB史上最強のパフォーマンス

アストンマーチンはDB11を世界初公開した。歴代DBシリーズのフォルムを受け継ぎながらアストンマーチンならではのグリルとアクセントラインなどアイコン的なデザインを大胆に進化させている。 フロントに搭載される新開発のパワーユニットは608ps/71.4kgmを発生する5.2L V12ツインターボ。0→100km/h加速は3.9秒、最高速度は322km/hに達する。 価格は15万4900ポ...

記事を読む

NO IMAGE

ポルシェ中古車の狙い目は300万円台で買える先代987ボクスター

初めてのポルシェとして考えた場合、やはりその筆頭にあげたいのは04~12年まで生産された先代の987型ボクスターだ。価格的に言えば、それ以前の986型初代ボクスターは100万円以下から買える。しかし、きちんとメンテナンスされた個体が少なく、購入後のことを考えるとあまりお勧めできないのだ。 04年~05年モデルはボクスターが245ps/27.5kgmの2.7L、ボクスターSが280ps/32....

記事を読む

NO IMAGE

最速のシロン見参!最高速度420km/h、1500ps

ブガッティヴェイロンの後継車、シロンがついにその姿をあらわした。LMP1マシンに匹敵するボディー剛性を確保したカーボンファイバー製モノコックボディのミドには8L W16気筒4ターボユニットを搭載。その性能は、最終モデルのヴェイロンの1200psを上回る1500ps/163.2kgm!0→100km/h加速は2.5秒以下、速度は420km/hという信じがたい高性能ぶりだ。 生産台数は500台、...

記事を読む

NO IMAGE

一番安い素のポルシェははたして選んでいいのか?

718ボクスターの登場により、ケイマンのターボ化もほぼ既定路線であることは容易に察せられる。今回、同乗試乗ながらそのエンジンフィーリングを確認するに、ターボによる著しいフィーリングの損失はないとわかった。 となると、大きく向上した速さとトレードオフの対象になるのは、やはり4気筒のサウンドと微かに纏う鼓動感だろうか。これらは肯定的に見ればポルシェのスポーツカーの歴史に新たな個性を与えていると思...

記事を読む

NO IMAGE

ランボルギーニ史上最強の770ps!約2億円の限定車

センテナリオは、アヴェンタドールをベースに創業者フェルッチオ・ランボルギーニの生誕100周年を記念した40台の限定モデルで価格は税別で175万ユーロ(約2億1525万円)だが、なんと世界初公開前に既に完売。 わずか40台のために専用設計されたフルカーボンモノコックボディはエアロダイナミクスを追求、特にリアのアグレッシブなディフューザーが目立つ。エンジンはアヴェンタドール用の6.5L V12を...

記事を読む

NO IMAGE

ポルシェが変わった!3Lフラット6ツインターボになって走りはどう変わったのか?

まさかポルシェまでもターボ化の波に乗ろうとは思ってもみなかった。911カレラの自然吸気フラット6はどこからみても最高のエンジンであることは間違いない。たとえライバルメーカーがターボ化しても、ポルシェだけは自然吸気のフラット6を残してほしかった。だが911カレラのフラット6は本当にターボ化されてしまったのだ。 カナリア諸島のリゾートアイランド国際試乗会で島の飛行場に着くと、いきなり3Lターボを...

記事を読む

NO IMAGE

アバルト124スパイダー復活!

昨年12月のLAショーでNDロードスターベースの124スパイダーを発表したのに続いて、ジュネーブショーではアバルト124スパイダーとアバルト124ラリーがワールドプレミアとなった。 ★★毛のない頭で考えるな!無料相談受付中!★★ 詳細はここをクリック→>>アイランドタワークリニック<< アバルト124スパイダーは、72年に生産されたWRCベース車両の124アバルトスパイダーと同様、フ...

記事を読む

NO IMAGE

ポルシェが変わった!フラット4ターボの718ボクスターはNAのフラット6よりいいのか

718ボクスターのフラット4ターボは標準グレードが2L、Sが2.5Lと2種類が用意される。基本的には先に911に搭載された3Lフラット6と同じモジュールとなり、室内側に近いシリンダーを2気筒分省いて出来たスペースに、ターボと吸排気の取り回しを加えたものだ。 空水両冷となるインタークーラーはシリンダー上部におかれ、エンジン搭載位置を低くする都合上、シングルタービンは不等長排気管に接続される。こ...

記事を読む

NO IMAGE

インフィニティQ60(スカイラインクーペ)欧州初登場

デトロイトショーで公開されたインフィニティQ60(スカイラインクーペ)が欧州初登場。新開発のV6、3Lツインターボは304ps/40.8kgm、405ps/48.4kgmの2種類を設定し、歴代最強のパフォーマンスを発揮。また、4気筒の2Lターボ、210ps仕様もある。 ボディサイズは全長4685☓全幅1850☓全高1385mm、ホイールベース2850mmで、7速ATを装備すると発表されている...

記事を読む

NO IMAGE

好調レクサス 2016年日本の高級ブランドがベンツを凌駕するのか?

15年販売台数でBMWを抜いたレクサスクル。車好きの評価は必ずしも高くはないけれど、今売れているレクサスの秘密とは? 前年からアップで15年販売台数はレクサスがBMWを逆転 レクサスの売れ行きが好調だ。年間販売台数は13年が4万6772台。14年は4万4246台と前年より2000台以上減少したものの、15年は前年比109%の4万8231台にアップ。リーマンショックのあった08年以降は14年を除...

記事を読む

NO IMAGE

レクサスLC500h初公開!いよいよ新世代ハイブリッドが登場

来年春の発売が予定されているレクサスのフラッグシップクーペ、LC500h。V6、3.5Lのハイブリッドだが、従来のTHSⅡとは違う進化型ハイブリッド搭載している。有段ギアの自動変速機を加えることで、リニアでダイレクトな加速感を実現。ダイナミックな走りが楽しめるハイブリッドとしている。 内外装の質感は世界のプレミアムブランドに真っ向から勝負できるものを備えており、流麗なクーペデザインと共に世界...

記事を読む

NO IMAGE

BMWミニ ミニコンバーチブル 3月2日受注開始

第3世代「BMW」ミニのコンバーチブルが登場した。日本では3月2日から予約受注が始まり、納車は5月末から。ラインアップ及び価格は全車6速AT仕様で、1.5L直3ターボを積むミニクーパーコンバーチブルが342万円、2L直4ターボのミニクーパーSコンバーチブルが397万円、ハイパフォーマンスモデルのミニジョンクーパーワークスコンバーチブルが483万円(5月末からの納車) まずは、新型ミニコンバー...

記事を読む

NO IMAGE

次期XVコンセプトモデルが登場

次期XVのコンセプトモデルが世界初公開された。ハッチバック、セダンに続くデザインコンセプトで、これで次期インプレッサファミリーのデザインの方向性を全て見せたことになる。 当然というべきだろうが、デザインテイストはセダン、ハッチバックとよく似ている。立体的で塊感があり、大きく張り出したフェンダーフレアをはじめ、迫力もたっぷりだ。 発表されたボディサイズは全長4520☓全幅1920☓全高1...

記事を読む

NO IMAGE

スズキの小型車猛攻 切り札はバレーノ

バレーノのここがポイント アルトで新開発された軽量、高剛性プラットフォームをBセグメントとして初採用 全長は4m以下としながらも全幅は1745mmとして余裕の室内空間 新開発直列3気筒1Lターボエンジン搭載 インドで生産する ★★毛のない頭で考えるな!無料相談受付中!★★ 詳細はここをクリック→>>アイランドタワークリニック<< スズキの小型車戦略がまさに...

記事を読む

NO IMAGE

シビックHBプロトタイプ初登場

ホンダは10代目となるシビックハッチバックのプロトタイプを世界初公開。日本ではタイプR以外売られていないシビックだが、今も昔もホンダの象徴。これまで欧州と北米はそれぞれ別のプラットフォームを使ったモデルが投入されていたが、この10代目から欧州、北米共通のモデルを販売。北米では既にセダンとクーペが売られており、この5ドアハッチバックは新たに追加される第3のボディというわけだ。 今回公開されたの...

記事を読む

NO IMAGE

インプレッサは10月頃にフルモデルチェンジ

★★毛のない頭で考えるな!無料相談受付中!★★ 詳細はここをクリック→>>アイランドタワークリニック<< スバルは今秋の10月にもインプレッサをフルモデルチェンジします。現行シリーズの登場が11年11月ですから5年ぶりの世代交代です。キープコンセプトで進化させますが、エクステリアデザインは一段とソリッド感を盛り込み、クオリティアップ、走りのポテンシャルアップを図ります。パワートレインは水平...

記事を読む

噂のプリウスSUVは予想以上のかっこよさ

噂のプリウスSUVは予想以上のかっこよさ

東京モーターショーではコンセプトモデルが出展されていたトヨタC-HR。その市販型がジュネーブでワールドプレミアとなった。コンセプトモデルの段階ではどこがアンバランスに見えたデザインが、この市販型ではうまくまとまっており、予想以上のカッコよさ。ベースはプリウスで、新しい概念で作られたプラットフォームTNGAを使った車の第二弾となる。 ボディサイズは全長4350☓全幅1795☓全高1555mmで...

記事を読む

NO IMAGE

次期型CR-Vは国内投入を見送る方針

ホンダは次期型CR-Vの国内投入を見送る方針のようです。現行モデルはオーダーストップして生産を打ち切り、在庫一掃セール中です。 ★★毛のない頭で考えるな!無料相談受付中!★★ 詳細はここをクリック→>>アイランドタワークリニック<< 次期型はグローバルでは年末にも一新し、北米を皮切りに各所で販売をスタートさせます。アッパーミドルクラス市場において、国内はニーズが先細り状態にあると判断...

記事を読む

NO IMAGE

ノートHVでわかった次期セレナのスゴイ秘密!

ノートハイブリッドの更なる新情報!完全なモーター駆動のシリーズハイブリッドながら、プラグイン機能を持たないハイブリッドで、しかもこれまでの日産にはなかったこの新しいシステムは次期型セレナにも採用されることも明らかになった。 日産の主力コンパクトカー、ノートが10月にビックマイナーチェンジを実施。これまでにない革新的なハイブリッドが加わる事になる。このノートハイブリッドは、エンジンが発電用、モ...

記事を読む

NO IMAGE

ダイハツの次世代登録小型車はプラットフォームひとつで3カテゴリーをカバー

ダイハツは今年8月、トヨタの完全子会社となりますが、国内登録車の小型車はプラットフォームひとつでベーシックコンパクトクラス3分野をカバーすることが濃厚となっています。4月11日発表、12日発売で次期型パッソ(トヨタ)/ブーン(ダイハツ)を投入しますが、このプラットフォームをベースにトールワゴンSUVを派生させる可能性が強いのです。展開するパワーユニットは1L3気筒のNA&ターボ、4気筒1....

記事を読む

NO IMAGE

ホンダが低金利残価設定クレジットで増販攻勢

この決算期のホンダの低金利残価設定クレジットキャンペーンは異例です。実質年利でフィット1.9%、ハイブリッド&ミニバンが2.9%、その他のモデルが3.5%と3つの低金利を設定しています。ほかの国産系列店だとほとんどが3~5%以上であり、低金利を設定しているとしても車種や期間を限定しているのが一般的です。 これに加えて、ジェイドハイブリッド成約で10万円、ステップワゴンスパーダで8万円...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダスポーツカー戦略が変わる!S1000は別企画で動き出す。S2000後継車は大丈夫か?早くもNSXの次の計画が浮上 

過去にはホンダはスポーツカーで大成功を収めた事はないが、今後「成功」するスポーツカー作りのため、新たな体制作りが行われる。そこから誕生するのは・・・ 通常、株主総会終了後の7月頃行われる年央会見と業績が確定する12月~1月頃の年末、年始会見がホンダの社長会見だが、今回は異例とも言える2月24日、八郷隆弘社長が今後の事業展開などについて報告した。 今回の会見の骨子は大きく分けて三つ。一つ...

記事を読む

NO IMAGE

オーリス、ターボに続いてHVも4月18日にデビュー

先代プリウスと同じ手信頼のハイブリッドユニットを搭載。JC08モードは30.4km/L実現 オーリスが間もなく、4月18日にマイナーチェンジ。ついにハイブリッドモデルが投入される。既に欧州ではワゴンボディのオーリスツーリングスポーツにハイブリッドモデルが設定されているが、それが日本では従来からの5ドアHBボディのオーリスで新設定されるわけだ。 ハイブリッドユニットは先代プリウスと同じ1.8...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタはセダンの商品ラインアップを強化

トヨタは今年中盤から来年初めにかけて中上級セダンの商品ラインアップを強化します。プレミオ/アリオン/マークX、カムリなど中軸モデルをビッグマイナーチェンジまたは、フルモデルチェンジする予定です。プレミオ/アリオンは4~6月、マークXは10~12月、カムリは12月ないしは来年1月あたりの投入でスケジュール調整を進めています。プレミオ、マークXはトヨペット店、アリオンはトヨタ店、カムリはカローラ店の扱...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

1 2