マツダ

CX-5

マツダCX-5改良モデル。新型は出来が良い!

発売から約1年、マツダCX-5がガソリン&ディーゼルモデル共に商品改良を受けて進化した。 ガソリンモデルは2.5L車のみに4気筒→2気筒への気筒休止システムが追加され燃費性能を向上。 高速道路などを負荷が少ない状況で4気...
マツダ

マツダアクセラ オールニューでSKYACTIV第二世代!

アクセラのフルモデルチェンジは2019年秋に予定されている。 デザインの基本テイストは昨年の東京モーターショーで公開された「魁(カイ)コンセプト」で示されたスタイルとなり、魂動デザインの第2世代への進化がポイントとなる。 あるマ...
CX-8

マツダCX-8はプレミアム3列シートSUV?

CX-5のフルモデルチェンジでフェーズ2へと進化したマツダの新車群。 その裏でMPVやプレマシー、ビアンテが姿を消している。 北米や中国市場ではミニバンよりも3列シートSUVの人気が上昇中でもあることから、3列シートSUVの投入...
マツダ

マツダ デミオ・ロードスター一部改良

デミオとロードスターがこのほど一部改良を受けた。 発売はデミオが12月7日からロードスターが12月14日から。 まず、デミオは先進安全技術の「i-ACTIVSENSE」採用を拡充。 具体的にはアドバンスト・スマート・シティ...
CX-8

マツダCX-8発売日は12月14日!初の3列シートSUV

マツダのクロスオーバーSUVのフラッグシップかつ、同社国内初となる3列シートSUV、CX-8が9月14日ついにデビュー。 同日から予約受注を開始し、発売は12月14日から。 月間目標販売台数は1200台としている。 マツダ...
マツダ

マツダ アクセラ改良、CX-8発売延期?

アクセラを改良し、安全対策強化&グレード変更 マツダは8月24日にアクセラを改良し、安全対策&グレード変更によって商品力を強化して、9月28日から発売開始します。 安全対策では新開発の「360度ビューモニター」をメー...
スバル

東京モーターショー2017注目モデル マツダ、スバル

マツダからは前回発表されたコンセプトモデル、RX-VISIONの発展型が登場しそうだ。奇しくもロータリー登場50年を迎える今年、コスモスポーツの復活となることを期待したい。 他にもマツダ初の三列シートSUV CX-8が出展され、スカイ...
CX-6

CX-6の新型車は3列シートSUV、新型アテンザは?

新型CX-6 2017年11月デビュー予定 2012年登場の初代CX-5から始まったマツダのSUVシリーズも、現在は海外専売モデルまで含めると下から、CX-3、CX-4、CX-5、CX-9と4モデルまでラインアップを拡大。今年2月にはフル...
スバル

新エコカー減税で減税が縮小する車種予想(マツダ・三菱・スバル)

マツダ、三菱、スバルともエコカー減税縮小の影響は大きいと思われます。三菱は燃費不正問題などがあり、これが追い打ちをかける形になるのかもしれません。 ガソリン車についてはもちろんですが、スバルのXVハイブリッドは、ハイブリッドであっても...
CX-6

マツダ RX-VISIONⅡ、CX-6

新型ロータリークーペ&新型7人乗りSUV。「RX-VISION」は市販化に向け超進化 RX-VISIONⅡ 次世代ロータリーエンジン+電動化技術。21世紀を走るにふさわしいスポーツとして登場 SKYACTIV戦略の成功で、...
CX-3

CX-3の価格と値引き目標金額

マツダCX-3 価格:237万6000~303万4000円 値引き目標額19万円 日本で扱いやすい大きさで、立体駐車場に無理なく入れることができる。ただし、キャビンは平凡な広さだ。開放感も今一歩に止まる。ラゲッジルームも広くはないが...
CX-3

マツダはミニバンから完全撤退しCXシリーズの次世代SUVラインアップ強化で対応

マツダは18年までの国内次世代商品ラインナップでプレマシーとビアンテを廃止してミニバン市場からて完全撤退し代わってCX-3、CX-4、CX-5、CX-6のSUVラインアップの確立で対応する方針のようです。 CX-3がコンパクト、CX-...
CX-5

マツダCX-5 来年2月デビュー12月15日発表

乗り心地や静粛性アップで上質な走りを予感させる 現行型CX--5のデビューは2012年と割と最近だ。マツダが大きく変わり始めた、スカイアクティブ技術と魂動デザインを採用した新世代商品の第一弾として登場したのが、このCX--5。 ...
マツダ

CX-9 SKYACTIVの実力はいかに?

大きい。とにかく米国製大型SUV並べても遜色のないサイズ。しかも、存在感のあるデザインなのだ。 そのエクステリアの印象のままの走りがCX-9の魅力だろう。特に、4WDバージョンが乗り心地もハンドリングにも、落ち着きがあり頼もしい。エン...
マツダ

年末ボーナス商戦!コミコミ350万円のマツダ車は?

デミオ 135万~221万4000円 コンパクトカーのなかでも後席や荷室が狭く、後方視界も悪い。その半面、操舵に対する反応が正確で安定性も優れ、乗り心地を含めて走りの質が高い。 スイフトがモデル末期の今、走りを優先させた貴重なコンパ...
タイトルとURLをコピーしました