「 トピック 」一覧

NO IMAGE

GTグレードを持つ車

2017年、国産車の中でGTグレードを持つのは、わずかに7モデル(車名にGTが入るGT-Rを入れれば8モデル)。 30年前はDOHCエンジン搭載グレードにGT名を使い、11モデルもGTグレードを持っていたトヨタも、今はたったの1モデル。現在GTはどうなっているのだろうか。各メーカーのGTについて以下に記載します。 国産モデルに見るGTグレード トヨタ/スバル 86/BRZ:グレード名/G...

記事を読む

NO IMAGE

燃費向上技術のトピック

気筒休止エンジン:使わないシリンダーは休ませる新技術 燃費の悪さでは有名なアメ車のキャデラックセビルに突如現れた気筒休止エンジン(1981年)。要するに高速クルージングなど負担が少ない時にいくつかの気筒を休ませて燃費を稼ごうというものだ。 国産で最初に搭載したのは、三菱ミラージュ(1982年)。現行モデルではレジェンドなどが採用している。 アルミボディ:スチールからアルミボディへ軽量化最...

記事を読む

NO IMAGE

国内燃費測定モードの変遷!そもそもカタログ燃費とは?

燃費というのはとても不確定要素が大きい。燃費燃費と言うけれど、燃費とはつまり「燃料消費量」のことで、日本では慣例的に「16.5km/L」のように、1Lの燃料で走行できる距離を表している。 カタログには現在JC08モードによって測定された燃費値が記載されている。元々JC08モード測定は燃費値を測定するためというよりも、排ガスを測定するために実施され、排ガス測定のために燃費消費量が測定されるため...

記事を読む

NO IMAGE

エコカー減税見直しによる販売店の動向

新車販売への影響 エコカー減税が最初に実施された2009年頃は対象車が急速に増えたことで、販売店各社は恩恵を受け、販売促進に存分に活用した。 ところが2015年度、そして今回の2017年度と見直しが行われるたびに徐々に減税幅が削減され、販促の効果があまりなくなったことで販売店の営業マンは一様に困った表情を見せている。 ただ、ハイブリッドカーの多くをはじめ電気自動車、プラグインハイブリ...

記事を読む

NO IMAGE

エコカー減税見直しで新車販売台数はどうなる?

エコカー減税の改訂は、販売面に悪影響を与えるが大打撃にはならない。販売ランキングの上位に位置する売れ筋のハイブリッド車などは、従来と同じ免税を保つからだ。 例えばプリウス、ノートe-POWER、アクア、C-HRハイブリッドなどは、いずれも2020年度燃費基準+50%を達成する。 17年度のエコカー減税に加えて、さらに厳しい18年度でも最上位の免税となる。ワゴンRのマイルドハイブリッドの...

記事を読む

NO IMAGE

車を売る時HDDナビに録音した音楽はどうなる?

車の買い替えを検討中なのだがHDDナビに録音されている曲を消去できるのかが気になる。好きな音楽がナビに残ったまま次の人に車がわかるのはお互いに困るような気がする。また録音した曲を次の車に移すことはできるのでしょうか?こんな疑問を見つけました。 そういえば、自分が昔乗っていたプリウスはCDが聞けてたんですが、今乗っているアクアにはCDプレーヤーがなくなってたんですよね。 音楽はもう配信さ...

記事を読む

NO IMAGE

3月決算セール終了後の2017年の買い時は?

2017年の買い時 モデルチェンジを狙え 直近では6~7月の夏期セールを買い時の筆頭としてあげたい。 今年5~9月はトヨタのアクアはじめ、ハリアー、ヴォクシー/ノア/エスクァイア、ランドクルーザー、日産のセレナ、ホンダのフィット、シャトル、グレイス、ステップワゴン、ダイハツのミライース、スバルのレヴォーグがフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ、一部改良、追加モデルの設定などによって新型車と...

記事を読む

NO IMAGE

燃費を節約する運転方法!無駄な出費を節約!

車の運転方法はひとそれぞれ。毎日長距離を乗る人もいれば、たまに近所だけという人もいると思います。そんな中、多くの人が思うのは、少しでもガソリン代を節約したい、ということではないでしょうか。 今回は、すでに常識になっていると思われるものも含めて、無駄な出費を抑える走り方について紹介してみます。 アクセルの踏み方で年間2万円は無駄になる 同じ距離を走るのでもガソリン代は安い方が嬉しいものだし...

記事を読む

NO IMAGE

高速道路の最高速度が110km/hに!その区間は?

警察庁は昨年3月、高速道路の一部区間の最高速度を現行の100km/hから段階的に120km/hに引き上げる方針を決めた。 その約半年後の10月13日、静岡県の新東名高速道路と岩手県の東北自動車道の一部区間を対象に、2017年度中を目処に最高速度110km/hへ試験的に引き上げると発表。 最高速度引き上げの対象となるのは、設計上の最高速度が120km/hでカーブが緩やかな片側3車線の事故...

記事を読む

NO IMAGE

JC08モード燃費廃止 WLTPモードに変更!2018年10月予定

JC08モード燃費は2011年4月1日以降に型式認定を受けた車から義務付けられたが、2018年10月からWLTPという新燃費測定モードに変更される。 WLTPとは「ワールドハーモナイズド・ライトビーグル・テスト・プロシージャ」の頭文字をとったもので、各国バラバラだった燃費測定モードを統一する世界共通の燃費規格である。 ご存知の通り、カタログ燃費のJC08モード燃費と実燃費との乖離が大き...

記事を読む

NO IMAGE

スライドドアの車種 国産車一覧

車のスライドドアが日本に最初に生まれたのは1966年。商業車のダットサンキャブライトが 最初だった。 日本の狭い道路でもドアが開けられ、荷物を出し入れできる。そんな利点で人気になった。以来、商業車を中心に広がり始める。 そして1980年代に入り日本にもミニバンブームが到来、リアにスライドドアを持った初代プレーリーが登場したのが1982年、以来ミニバンブームの盛り上がりとともにスライドド...

記事を読む

NO IMAGE

日本で買えるスーパーチャージャー

現行モデルのSC車は日本車だとノートだけど寂しいが、輸入車ではそれなりにある。ここでは今日本で買えるSC車を紹介する。 いま日本で買えるSC車一覧 ジャガーXE ベンツCクラス、BMW3シリーズがライバルとなるジャガーXE。3L V6 SC(340馬力)は最上級のSに搭載され、0-100km/h加速は5.1秒。 ジャガーXF ジャガーXFはベンツEクラス、BMW5シリーズ級の4ドアセダン...

記事を読む

NO IMAGE

新エコカー減税で減税が縮小する車種予想(スズキ・ダイハツ)

スズキ、ダイハツは軽自動車メーカーなので、以前の軽自動車の税金引き上げの時に販売台数が減少するなどの問題がありました。 燃費がいいのでエコカーに指定されていた軽自動車ですが、ここでエコカー減税幅の縮小にあうとなると、売れ行きがさらに厳しくなりそうです。 街中をちょっと走って、というセカンドカーの用途として便利な軽自動車ですが、買い替え時期に来ているのならエコカー減税が縮小する前に購入を...

記事を読む

NO IMAGE

新エコカー減税で減税が縮小する車種予想(ホンダ車)

ホンダはトヨタと並んでハイブリッド車による低燃費車をだしていたわけで、そういうハイブリッド車についてはエコカー減税の対象車種になると思いますが、そうでないガソリン車はエコカー減税が縮小してしまうと思われます。 もしも、これからガソリン車の購入を検討しているのであれば、早めに対応したほうがいいでしょう。 たとえば、ホンダフリード13G(6人乗り)は2020年度基準を達成していて、現在は取...

記事を読む

NO IMAGE

新エコカー減税で減税が縮小する車種予想(レクサス、日産)

日産のノートe-POWERは燃費がよくてバカ売れしたわけで、もちろんエコカー減税対象というわけですが、ガソリン車を中心に減税額が縮小してしまう車種が多いようです。 エコカーと言われていても、燃費基準をどこまで達成しているかによって税金がどうなるのかが変わってきますから、この部分も十分に注意が必要ということ。 これから車を買い換える場合、燃費がいいに越したことはないでしょうが、希望の車種...

記事を読む

NO IMAGE

新エコカー減税で減税が縮小する車種予想(トヨタ車)

エコカー減税は燃費性能のいい車にかかる税金を軽くして購入しやすくするもの、というのはご存知のとおりですが、この減税率が2017年4月から縮小される予定です。 どの車種がどの程度、減税額が縮小されるかは明確ではなく、各メーカーは公表していませんが、エコカー減税の改正案は発表されているので、ある程度の予想はできるようです。 最終的にはディーラーに確認する必要がありますが、目安にはなると思い...

記事を読む

NO IMAGE

コンパクトカー最新カタログ!200万円で買えて燃費もいい

3月は車の買い替え時。税金が安いということで人気の高かった軽自動車に2016年異変が起こった。税金体系の見直しだ。そこで再注目したいのがコンパクトカークラスの経済性。しかも軽より広く、走りも快適。今、車を買うならコン、パクトカーが狙い目だ。 新車販売については、残念ながら2016年の新車販売台数は500万台終わったというニュース。これは新車販売台数が約421万台に落ち込んだ東日本大震災の20...

記事を読む

NO IMAGE

2016年国内自動車メーカー販売台数ランキング

2016年の概況 昨年は15年末にフルモデルチェンジを果たしたプリウスが、それまで3年連続でトップとなっていたアクアから見事に王座を奪還する形になった。年間累計販売台数は22万840台で、2位アクアに5万2632台と圧倒的な差をつけている。 このトヨタのハイブリッド軍団がワンツーを形成し、それに続く登録車も9位にシエンタ、10位にヴィッツとトヨタ車がトップ10にランクイン。 トップ1...

記事を読む

NO IMAGE

残価設定ローンにみる最新モデルの期待値

最新モデルは下取り価格がまた予想されていないので、残価設定ローンの残価設定額が市場価値の参考になる。 販売店がその車に対してどの程度の市場価値を見込んでいるのか、あるいはどのくらいの期待値を持っているのかが数字となって出ていると思っていい。 新車価格から3年後の残価設定率を調べてみると、なかなか興味深い数字となっており、1位はプリウスとセレナが59.4%で並び、3位がC-HRの54.9...

記事を読む

NO IMAGE

下取り残価率ライバル対決!本当に価値があるのは?

車の本当の価値は売る時の価格残存率に表れるんだそうです。ということで、下取り残価率についてライバル対決の表でご紹介します。(2017年1月現在) アルファードハイブリッド vs ガソリン(2年落ち2015年式で比較) 車名 新車価格→下取り価格(万円) 残価率(%) アルファードハイブリッドG 442.2→315 71.2 アルファード3.5S...

記事を読む

NO IMAGE

2017年新車カレンダー 注目の輸入車!

BMW5シリーズ 日本上陸2月 約100kg軽量化した7代目の走りは? 09年に登場したF10系から7年。型式名称をG30系に改められた新型5シリーズが2月にも日本に上陸する。 折しも最大のライバルといえも言えるメルセデスEクラスは一足先にフルモデルチェンジが施されたばかり。 その内容に注目が集まる。そして内容においての注目すべきトピックは、CLARと呼ばれる最新モジュールの採...

記事を読む

NO IMAGE

2017新車カレンダー国産車(10~12月)

2017年10月 三菱RVR後継モデル クリーンディーゼル搭載のコンパクトSUV RVRの後継モデルは、15年のジュネーブショーで公開されたコンセプトカー、XR-PHEVⅡをベースとしたコンパクトクロスオーバーSUVとしてデビューする。 当初、RVR後継は15年の東京モーターショーに出展されたEVのeXコンセプトと思われたが、注目のパワーユニットは直4、2.2Lクリーンディーゼルの進化版...

記事を読む

NO IMAGE

2017新車カレンダー国産車(7~8月)

2017年7月 日産ジューク e-POWERでクラス1の低燃費をマーク 今までの日本車にはない衝撃的なデザインでデビューしてから7年。コンパクトSUV人気の先駆け的存在でもあるジュークが17年7月にもフルモデルチェンジする。 注目されるデザインは16年のフランクフルト&15年の東京モーターショーで公開されたショーモデル「グリップスコンセプト」を発展させたもので、ワイドフォルムの斬...

記事を読む

NO IMAGE

スズキは16年の登録車販売が10万台で悲願達成確実

スズキの16年(1~12月)における登録車販売は、目標だった10万台を突破して、悲願を達成しそうです。 1~11月の販売実績は9万5677台で前年同期比35.6%増ですから、あと4323台に迫っています。11月が7422台であり、12月は年末セールの最終で、11月29日にソリオにフルハイブリッドを追加していることから、引き続き販売台数はプラスで推移する見込みです。 こうしたことから暦年...

記事を読む

NO IMAGE

2017新車カレンダー国産車(4~6月)

2017年1月 ホンダフィット 加速性能の向上と低燃費を両立 ホンダの人気コンパクト、フィットのマイナーチェンジが4月に行われる。 今回の変更ではフロントとリアのデザインに手が入れられ、よりアグレッシブなものとなる他、搭載エンジンも熟成されて第2世代に進化。加速性能の向上と燃費を両立させたものとなる。 また、先進安全装備「ホンダセンシング」も設定され、総合的な安全性能は大きく向上すること...

記事を読む

NO IMAGE

2017新車カレンダー国産車(1~3月)

2017年1月 トヨタヴィッツ 1月12日 マイナーチェンジでハイブリッド追加 1月12日にヴィッツがマイナーチェンジを実施し、ハイブリッドモデルが追加される。ハイブリッドアクアなどと同じ1.5L+モーターのハイブリッドシステム。 すでに12月13日より事前予約を開始している。ハイブリッドの追加に伴い、1.5Lガソリンエンジンモデルは廃止となる。 価格はハイブリッドをFが181万9...

記事を読む

初詣に行く!ご利益ドライブガイド 仕事運、金運、健康運!

初詣に行く!ご利益ドライブガイド 仕事運、金運、健康運!

日本人にとって神社は馴染みのある存在で、神様を祀るそこに行けば身が引き締まり、パワーと良い運気を授かった気分になる。 2017年のお正月が近づいてきたところで、「仕事運、金運、健康運」などにご利益がある神社を紹介する。今回は首都圏、名古屋圏、大阪圏に比較的近い神社を上げてみた。 神社一覧 群馬県 榛名神社 高崎市榛名山町849 神社への問い合わせTEL027-37...

記事を読む

NO IMAGE

懐かしい車は何台あるのか?あの車の残存数一覧

車の寿命が伸びてきたとは言っても、生産終了から15年程度経つと、急速にその数は激減していく。ましてやもともと販売台数の少ない地味な車であればなおさら。そこで、特に残存数が少ない車たちの現状をここに。 懐かしい車の残存台数一覧表 車名 国内販売期間 現存台数(台) レクサスLFA 2010年12月~2012月12月 200 トヨタ・ヴェロッサ ...

記事を読む

高齢ドライバーの認知症問題

高齢ドライバーの認知症問題

今年の10月、横浜の港南区で小学生の列に軽トラが突っ込んだ。運転していた87歳のドライバーは「ゴミ捨てに家を出たが、戻れなくなった。その間どこを走っていたか覚えていない」と勾留中の取り調べに対して答えている。 そしてその1か月後、今度は東京立川市の病院の敷地内で83歳の女性が運転していた車が暴走。30代の男女2人がはねられ死亡した。運転していた女性は、ブレーキを踏んだが車が止まらなか...

記事を読む

NO IMAGE

2Lターボサルーン日欧米対決

小排気量、少気筒化の流れ 300ps以上も珍しくなくなったハイパワー系2Lターボエンジン。ベンツAMGシリーズなど381ps/48.4kgmというスペックだ。 80年代はスカイラインRSターボの205ps(しかも現在のネット表示よりも大きな数字で表示されるグロス値)でもハイパワーと言っていたのだから恐るべしである。 一方、サルーン系に搭載される大排気量NAエンジンの置き換えとして開発...

記事を読む

NO IMAGE

海外で売れているクルマとその評価

トヨタオーリス 2012年にデビューした当初は1.5Lと1.8Lの直4DOHCを2種類設定したが、その後にダウンサイジングの直4、1.2Lターボと1.8LのTHSⅡを搭載したハイブリッドモデルを設定。 日本では年間1万台に届かないくらいだが、欧州では人気車種で、今年第1四半期の3ヶ月間だけで4万台を超える販売台数を記録している。 欧州では日本にも導入されているハッチバック以外にス...

記事を読む

NO IMAGE

自動運転の危険性 本当にバラ色の未来が待っているのか?

「自動運転」というフレーズがある。手放し運転を想像する人や、部分的な運転支援を考える人など受けるイメージは様々だろう。確かに、いずれ実現する自動運転社会は魅力的だが早くも問題点が見つかった。 自動運転社会に対する問題点は大別して3項目ある。 過信 人への影響 社会への影響 この3つだ。 自動運転とはいえ機械の方にもミスは発生する aで真っ先に問われるのは運転支...

記事を読む

NO IMAGE

カタログ燃費30km/L超え軽自動車の実燃費は?

30km/Lを超える燃費の軽自動車は登場しているが、それらの燃費はどうなのか?投稿による燃費結果を集計して紹介しているwebサイト「e燃費」の軽自動車燃費ランキング上位150位までの中からJC08モード燃費30km/L以上の車種をピックアップした。 実燃費は20km/L以上をマークしている車種が多く、最も高いJC08モード燃費達成率となるミライースのOEM車のプレオは79.03%を達成。実燃...

記事を読む

NO IMAGE

レクサスLS、センチュリー、プレジデント、高級車の未来

圧倒的な静粛性で世界の高級車メーカーを驚かせた初代レクサスLS400(日本名セルシオ)が登場してから早くも27年が経つ。日本の高級車として、実質的に世界で初めて認められたモデルと言っていいだろう。 もちろん、日本にも昔から高級車はあった。60年代にはクラウンの上級者、クラウン8やセドリックの上級モデル、スペシャルもあったし、その後、センチュリーやプレジデントも生まれ、80年代にはシーマ現象を...

記事を読む

NO IMAGE

プラットフォームはどこまで流用?

「プラットフォーム」という概念が一般化してきたのは思いのほか最近である。 つまり、80年代から90年代の中盤ごろまでは、車の土台となる部分を「プラットフォーム」という言葉で解釈するのではなく、フロアパネルやシャシー、サスペンションなどの個別の部位の集合体として捉えている。 例えばスカイラインを例にとるとわかりやすいかもしれないが、1967年にデビューしたハコスカこと3代目C10型以来、...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

1 2 3