「 トヨタ 」一覧

トヨタノアのおすすめグレードはこちら

トヨタノアのおすすめグレードはこちら

トヨタノアは2014年1月20日登場。2016年5月販売台数3030台となっています。 グレード別販売構成比上位3グレード Si:20.0% Xディライトプラス:17.0% ハイブリッドG:16.0% ※ガソリン:ハイブリッド比率は57対43 人気ボディカラー ホワイトパールクリスタルシャイン:47% ブラック:19% シルバーメタリック:...

記事を読む

トヨタシエンタのおすすめグレード

トヨタシエンタのおすすめグレード

トヨタシエンタは2015年7月9日登場。2016年5月販売台数9,450台となっています。 グレード別販売構成比上位3グレード G:43.0% ハイブリッドG:36.0% X:13.0% 人気ボディカラー ホワイトパールクリスタルシャイン:31% ブラックマイカ:19% シルバーメタリック:14% この車のポイント トヨタの末っ子ミニ...

記事を読む

プリウスのイチ押しグレードは?

プリウスのイチ押しグレードは?

トヨタプリウスは2015年12月9日登場。2016年5月販売台数19,860台となっています。 グレード別販売構成比上位3グレード S:38.0% A:21.0% Sツーリングセレクション4WD:19.0% 人気ボディカラー ホワイトパールクリスタルシャイン:38% アティチュードブラックマイカ:17% スティールブロンドメタリック:11% ...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタプレミオ/アリオン大変身!安全装備を充実 6月13日マイナーチェンジ

トヨタの正統派5ナンバーセダン、プレミオ/アリオンがマイナーチェンジ。現行モデルの登場から9年目にして驚くほど大胆な改良が行われた。そのエクステリアはクラウンのような押し出し感のあるフロントグリル、それにシャープなヘッドライトなど、フロント回りの大変身ぶりが特徴。その他、リア回りもコンビランプのデザインが変更され、ボディカラーは新色5色を含む全8色が用意されている。 また、インテリアもセンタ...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタエスティマ 10年目のビッグマイナーチェンジ

デビューから10年が経つエスティマは今でも高い人気を誇るミニバンだ。今回大胆なビッグチェンジで生まれ変わった新型エスティマ。 今回のエスティマのマイナーチェンジのポイント フロントマスクを中心にエクステリアを大幅デザイン変更 アエラス仕様にグレードを一本化 3.5Lエンジンを廃止 トヨタセーフティセンスCを全車標準装備 6月6日、エスティマが大胆なビッグマイナー...

記事を読む

NO IMAGE

新型プリウスPHVは走行距離60km超を目標 価格は320万円~で10月発売 補助金は10万円弱か?

ソーラーパワーで年間費1000km走れる! 片側4灯、合計8灯のLEDヘッドライトを採用するプリウスPHVのフロントマスクの印象は、ノーマルプリウスとは大きく異なったもので、どちらかと言うと燃料電池車MIRAIのイメージ。「従来のプリウスPHVは基準車との外観上の差別化がほとんどなく、それがお客様からは不評でした。今回は明確な差別化を与えると共に、先進性、未来感を感じさせたいと考え、MIRAIと...

記事を読む

NO IMAGE

ヴィッツHV 12月大変身

やはり日本市場にはハイブリッド(HV)が不可欠!すでに欧州で販売されているヤリスハイブリッド(HV)。その流れを受け、12月のヴィッツマイナーチェンジ時にはHVが搭載される。ズバリ「戦闘力」を持つモデルだ! 日本市場にとって待望のHV搭載車と言っていいだろう。現行3代目となり6年が経過するヴィッツ。フルモデルチェンジの噂も聞こえてくる頃だが、トヨタが出した答えは現行モデルの「肉体改造」だ。 ...

記事を読む

8月30日、サクシード/プロボックスに安心パッケージのTSS-Cを標準装備

8月30日、サクシード/プロボックスに安心パッケージのTSS-Cを標準装備

トヨタは8月30日、4ナンバーバンのサクシード/プロボックスに安心パッケージのTSS-C(トヨタセーフティセンスC)を標準装備して発売します。日産など他社が4ナンバーの商用車に同様のパッケージを装着して発売しているのに対抗する狙いがあります。レスオプションの廉価バージョンも引き続き販売します。バンは商店などで貨客兼用として使われるケースも多く、この種の安心パッケージのニーズが高まっています。 ...

記事を読む

NO IMAGE

新型プリウスPHVの販売店向け商品説明会を実施(6月中旬~下旬)

トヨタは6月中旬から下旬にかけて、10月発売の新型プリウスPHVの販売店向けの商品説明会を実施しました。次期型は昨年12月に一新した現行プリウスをベースにしながら、樹脂製のリアウインドウなどを採用してプリウスとの違いを盛り込みます。駆動用バッテリー充電後のEV走行距離を従来の2倍にあたる60kmに延長するほか、ソーラー充電システムを装着するなどの改善も行います。 国内販売計画もこれまでの月間...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタハリアー「プレミアム スタイルアッシュ」「プレミアム アドバンスドパッケージ・スタイルアッシュ」 6月1日発売

グレード「プレミアム」をベースにした特別仕様車が新たに設定された。内装はグレー基調とし、ウルトラスエードのシート表皮と合成皮革を組み合わせた専用シートなどを採用した。また内装の随所に、ライトグレーのステッチが施されている。外板色は、特別設定色ブルーメタリックを含む5色。 価格は323万7055~469万2109円

記事を読む

NO IMAGE

大変身エスティマのアドバンテージは?

ロングセラーミニバン、エスティマが大幅にリファイン。その新型はオデッセイ、アルファード/ヴェルファイアというライバル2車と比較してみるとどうなのか? 6月6日、エスティマがマイナーチェンジを実施。現行型はデビューから10年が経過していて正直言ってフルモデルチェンジしても良いタイミング。そのため今回は大幅な改良となっている。 そのマイナーチェンジのポイントは大胆なまでの外観デザインの一新...

記事を読む

NO IMAGE

ノア/ヴォクシーの新特別仕様車「XディライトプラスW×B」、「ZS煌Ⅱ」発売

トヨタは7月6日、従来ノア/ヴォクシーに設定していた特別仕様車「ノアXディライトプラス」とヴォクシーZS煌」のかわりに装備を充実させた新タイプを設定して発売します。新しく発売するのはノアXディライトプラスW×B(ダブルバイビー)」と「ヴォクシー煌Ⅱ」の2モデルです。 ヴォクシー煌Ⅱは、従来ハロゲンだったヘッドランプをLEDに切り替え、グリルメッキをブラックメタリックにするなど、見栄えのいい、...

記事を読む

NO IMAGE

プレミオ/アリオン クラウンルックに大変身!

伝統あるコロナ/カリーナの後継車となるトヨタの5ナンバーサイズセダン、プレミオ/アリオンが6月13日にマイナーチェンジする。現行モデルは登場から9年目。モデル末期とあって、そのマイナーチェンジの内容はエクステリアデザインが大幅に変わるのが特徴だ。 プレミオ/アリオンはトヨタ車の中でも特に保守的なデザインだったが、マイナーチェンジ後のエクステリアは最近のトヨタデータデザインに共通したちょっとア...

記事を読む

NO IMAGE

覆面パトカーの見分け方!車種や特徴は?

現在主流の交通取り締まり用覆面パトカーといえば、圧倒的多数派で200系クラウン。大きなフロントグリルになった現行車型ではなく、一つ前のモデルである。一般道、高速道路をともに最前線で活動する覆面パトは、その多くが200系クラウンと言っても過言ではない状況となっている。 最新の「形態」はフロントグリル内に小型のLED式全面警光灯がビルトインされており、消灯時にはまず見えない。一方後ろ姿はというと...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタエスティマ大胆チェンジ!

根強い人気でロングセラーとなり、デビューから10年が経過している現行型エスティマ。通常のライフサイクルを考えるともうフルモデルチェンジが行われてもおかしくない。しかしエスティマはまもなく6月6日にマイナーチェンジが行われる。今回は価格などのさらなる詳細情報を。 デザインもグレードの変更 その内容は、「ビッグマイナーチェンジ」といえる大変身ぶりで、注目はアイラスに一本化されての大幅なデザイン変更...

記事を読む

NO IMAGE

ランドクルーザーに特別仕様車を設定

8月29日、ランドクルーザー200及びランドクルーザープラドに装備を充実させた両シリーズ初の特別仕様車を設定します。 ランドクルーザー200は、ボディカラーのブラックロードマイカ、ヘッドランプ周りの加飾、電動開閉バックドア、クールボックス、特別仕様のシート、革材質のドアトリム、ルーフレールなどを設定。プラドは電動ドアロック、ブラウン系新色、特別シート地、ルーフレールなどが装備されます。 ...

記事を読む

NO IMAGE

ポルテ/スペイドを一部改良&特別仕様車設定

トヨタは、6月30日にポルテ/スペイドを一部改良すると同時に特別仕様車を設定、発売します。 一部改良は安心パッケージの「トヨタセーフティーセンスC」を設定するとともに、緊急ブレーキシグナルを全グレードに標準装備、IRカット機能付ウインドシールドガラスを全グレードに設定、センターメーターをアナログからデジタルに変更。また、販売構成比の少ないVグレードを廃止し、外板色はブラッキッシュアゲハガラス...

記事を読む

NO IMAGE

新型フェアレディZ スープラ後継と真っ向勝負する日産渾身のV6スポーツカー

現行モデルの登場からもう8年も経つフェアレディZ。消滅も噂されたが、北米市場での人気も考え、次期モデルは開発中と言うから一安心。次期Zも新開発のVR30、V6、3Lツインターボエンジンが搭載される。 これにハイブリッドを組み合わせるのか、あるいはNAエンジン仕様も設定されるのかは不明だが、VR30を中心としたラインアップになることは確か。次期型も北米市場をメインに据えたモデルになるが、もちろ...

記事を読む

NO IMAGE

オーリスハイブリッドは堅調な滑り出し トヨペット店の参画で倍増へ

オーリスは、4月18日にハイブリッド車を加えると同時に、従来のネッツ店専売からトヨペット店との併売にしたことで、売れ行きが急増傾向にあります。これまでは月販800台の少数販売実績で推移していましたが、今後はシリーズ全体で2300台、そのうちハイブリッド車は半分を超える1600台を計画しています。 滑り出しは好調でハイブリッド車の納期は1.5ヶ月待ちの6月となっています。果たしてこのペースがい...

記事を読む

NO IMAGE

マークXは今秋、ビッグマイナーチェンジする

マークXが今秋10月にもビッグマイナーチェンジする見通しです。扱うトヨペット店には今のところ、大まかなスケジュールのみが伝えられているだけですが、内外装デザインの大幅な変更とグレード構成の見直しが主な変更点になりそうです。 現行シリーズはクラウンのプラットフォームや基本コンポーネントを使っているので、同様のデザインテイストの採用やパワーユニットの見直しが期待できそうです。 フロントマス...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタ、BMW提携の第一弾スポーツモデル スープラ

12年6月29日、衝撃的な会見から早くも4年が経とうとしている。衝撃的な会見というのはトヨタ自動車の豊田章男社長とBMWのノルベルト・ライトホーファー会長との提携会見のことだ。実際には提携が発表され、その会見では広範囲にわたる協業が発表されたわけだが、4年の月日は、遅いようにも見えるし、早いようにも見える。 すでにトヨタへのBMW製ディーゼルエンジンの供給が始まり、昨年にはBMW5シリーズの...

記事を読む

NO IMAGE

熊本地震の影響が最も大きいのはトヨタ。納期が大幅に遅れる見通し

熊本地震の影響は、自動車メーカーではトヨタが最も大きく、成約後の納期が大幅に遅れる見通しになっています。トヨタ自動車九州、高岡、堤、田原、元町の各工場の組立ラインは4月23日まで停止し、その後4月25日以降は段階的に再開していますが、ゴールデンウィークでの長期休暇もあり、その影響が毒劇しているためです。 4月下旬現在では、まだ正確に先が見通せない状況です。九州地区はトヨタ自動車九州の他、アイ...

記事を読む

NO IMAGE

ノア/ヴォクシーG’s 311万9237円で手に入る!

ベースとなっているのは2Lガソリンエンジン搭載モデルのヴォクシーZS、ノアSiで、エクステリアは専用の前後バンパー、フロントグリル、215/45R18タイヤ&アルミホイールなどに加え、全高15mmローダウンする専用チューニングポーティサス、シャシー補強など盛りだくさん。プロトタイプ試乗はサーキットを走ったのだがミニバンとは思えぬ高い運動性能を実感した。価格はどちらも約45万円アップの311万923...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタはG’sをカタログモデルとしてラインアップする?

トヨタはG'sモデルを純然たるカタログモデルとしてシリーズ化していく方針なのだという。 現状G'sはアクア、ハリアー、プリウスα、ヴィッツ、アルファード/ヴェルファイア、マークXなどに設定されているが、これらは全て登録上は「改造車」の扱いで、メーカーから廃車後、各販売店で登録時に車検場に持ち込み登録をする必要がある。ユーザー側には何のデメリットもないのだが(車種によってはエコカー減税から外れ...

記事を読む

NO IMAGE

エスティマ ビッグチェンジでスタイリッシュに変身

6月に大幅なフェイスリフトを含むビッグマイナーチェンジが予定されているエスティマ。販売の中心となるハイブリッドは残され、ガソリンエンジン車は3.5L、V6を廃止し2.4Lのアエラスに一本化されることになる。 全長☓全幅☓全高(mm) 4815☓1820☓1760 ホイールベース(mm) 2950 パワーユニット 直4DOHC 2362cc+モーター ...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタスポーツカー戦略の大中小 S-FR、スープラ後継車、86ビッグマイナーチェンジ

なかなか具体的な動きが見えてこないトヨタのスポーツカー戦略だが、まずは「86」が初のマイナーチェンジを実施することから動きが始まる。 4月のニューヨークショーで初公開されたマイナーチェンジモデルでは内外装の変更が明らかにされているが、本質はそこではない。現在「徹底的にチューニングを煮詰めている」と開発に関わる関係者が言うように、スポーツカーに最も大切なシャシー性能を磨き上げていると言うから楽...

記事を読む

NO IMAGE

新型センチュリー 20年ぶりのフルチェンジでV8、5Lハイブリッドに!

97年に登場したセンチュリーは国産車で唯一のV12エンジンを搭載する、ショファードリブン専用車として国産車で孤高の存在。総理大臣専用車の主流はレクサスLSに取って代わられたけど、センチュリーをベースとした「ロイヤル」は皇室専用車としてなくてはならない存在だし、やはりレクサスLSでは得られない威厳がある。 とはいえ現在開発中の次期型センチュリーは残念ながらV12を廃止し、LS600hにも搭載さ...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタコンパクトミニバン!1L、直3ターボ搭載

4月12日にフルモデルチェンジしたブーン/パッソだが、これまでのトヨタ&ダイハツの共同開発から、ダイハツ単独の開発、トヨタで販売されるパッソはOEM供給というスタイルに変更された。これはダイハツのトヨタ完全子会社化と密接な関係があり、今後、両社のコンパクトカーはこの形態で開発、生産、販売されることとなる。 ブーン/パッソの派生車として企画されているのがこのコンパクトユーティリティで、...

記事を読む

NO IMAGE

新型カローラ&カローラフィールダー。若者に向けた新生カローラが18年登場!

12年5月にフルモデルチェンジした、現在販売中のE160系で11代目となるカローラ。この前の型から国内向けと欧州、北米、中国をはじめとした海外向けでプラットフォームを別物として、国内向けはあくまでも全幅1700mm以下の5ナンバーサイズとする一方で、海外向けは全幅を1760mmまで拡大した、一回り大きなボディサイズとしたのが特徴。国内向けでは13年8月にハイブリッドを追加、15年3月にはマイナーチ...

記事を読む

NO IMAGE

トレジアがオーダーストップに。ラクティスベースをダイハツからのOEM供給に切り替えか?

このほどスバルから扱い店に、コンパクト5ドアハッチバックの現行型トレジアを廃止するという通告があったようです。現行モデルはトヨタのラクティスがベースのOEM供給モデル。ラクティスが近く生産中止となるに伴い、継続が難しいため廃止となります。 後継モデルになる可能性が高いのはダイハツが開発中の新型コンパクトハイトワゴン。スズキソリオの対抗モデルで背の高いコンパクトクラスの両側スライドドアモデルで...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタC-HR いよいよ正式デビューハイブリッド小型SUV

プリウスのプラットフォームとハイブリッドシステムを採用するコンパクトSUV。全長4350mm、全幅1795mm、全高1555mmでホイールベースは2640mm。日本での正式発売は9月頃の予定。1.8Lハイブリッドと1.2Lターボが用意される。 C-HR予想スペック 全長☓全幅☓全高(mm) 4350☓1795☓1555 ホイールベース(mm) 2640 パワ...

記事を読む

NO IMAGE

アルファード/ヴェルファイア vs アルファードHV/ヴェルファイアHV どっちが買いか

ハイブリッドは後輪をモーターで駆動する4WDで、前輪駆動の設定はない。そこでノーマルエンジンのほうは2.5Lのn4WDと比べる。 ハイブリッドの価格はノーマルエンジンよりも実質的に約60万円高く、減税額の違いを含めると約51万円差だ。この金額を燃料代の差額で取り戻すには、10万km程度を走る必要がある。 51万円を10万kmで取り戻せる理由は、JC08モード燃費の格差が大きいからだ。2...

記事を読む

NO IMAGE

ヴォクシー/ノア vs ヴォクシーHV/ノアHV どっちが買いか

ハイブリッドシステムは基本的に先代プリウスと同じで、1.8Lエンジンがベースになる。2Lのノーマルエンジンに比べて実質的に約35万円高いが、減税額の違いを含めると約29万円に縮まる。 この実質価格差を燃料代の差額で取り戻せるのは8.8万kmを走った頃だ。ミニバンの場合、長距離を頻繁に移動するユーザーも多い。1年間に1.5万kmを走れば、実質価格差が約6年で取り戻され、その後は走行距離が伸びる...

記事を読む

NO IMAGE

2代目プリウスPHVは最高傑作か?

北米市場でプリウス・プライム(極上)のモデル名が与えられた2代目プリウスPHVは、先代でパッとしなかった販売を巻き返すベく、プリウスとは明確にエクステリアデザインを作り変え、一段上級のモデルという位置づけとしている。 ヘッドライトはプリウスが縦目なのに対し、カバーの形状こそ異なるが「ミライ」と同じ薄型の4灯式LEDを採用。Aピラーより前のボディパネルのすべて別物だ。リア回りも、横方向に伸びた...

記事を読む

NO IMAGE

86大変身!

大がかりなマイナーチェンジを受けた86。やはり目立つのはエアインテークの開口部を大きく取り、形状が滑らかになったフロントバンパーとLEDヘッドライトの組み合わせ。サイドのバッチはシンプルな丸型に変更。これはバンパーからの風の流れをよりスムーズにする効果もあるそうだ。リアバンパーと共にテールランプをLEDに変更され、エアロスタビライジングフィンの形状も見直された。 開発責任者の多田氏が力説する空力...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

1 2 3 4 5 6 7 8