マツダ

NO IMAGE CX-5

マツダCX-5改良モデル。新型は出来が良い!

発売から約1年、マツダCX-5がガソリン&ディーゼルモデル共に商品改良を受けて進化した。 ガソリンモデルは2.5L車のみに4気筒→2気筒への気筒休止システムが追加され燃費性能を向上。 高速道路などを負荷が少ない状況で4気...
NO IMAGE マツダ

マツダアクセラ オールニューでSKYACTIV第二世代!

アクセラのフルモデルチェンジは2019年秋に予定されている。 デザインの基本テイストは昨年の東京モーターショーで公開された「魁(カイ)コンセプト」で示されたスタイルとなり、魂動デザインの第2世代への進化がポイントとなる。 あるマ...
NO IMAGE CX-8

マツダCX-8はプレミアム3列シートSUV?

CX-5のフルモデルチェンジでフェーズ2へと進化したマツダの新車群。 その裏でMPVやプレマシー、ビアンテが姿を消している。 北米や中国市場ではミニバンよりも3列シートSUVの人気が上昇中でもあることから、3列シートSUVの投入...
NO IMAGE マツダ

マツダ デミオ・ロードスター一部改良

デミオとロードスターがこのほど一部改良を受けた。 発売はデミオが12月7日からロードスターが12月14日から。 まず、デミオは先進安全技術の「i-ACTIVSENSE」採用を拡充。 具体的にはアドバンスト・スマート・シティ...
NO IMAGE EV

EVシー・エー・スピリット設立 ロータリー復活はレンジエクステンダーか?

トヨタとマツダ、そしてデンソーが9月28日、EVの開発を手掛ける新会社「EVシーエースピリット」の設立を発表した。 トヨタとマツダは8月にも互いに500億円を出し合って資本提携を発表。 EVの共同開発などで合意していたが、新会社...
NO IMAGE CX-8

マツダCX-8発売日は12月14日!初の3列シートSUV

マツダのクロスオーバーSUVのフラッグシップかつ、同社国内初となる3列シートSUV、CX-8が9月14日ついにデビュー。 同日から予約受注を開始し、発売は12月14日から。 月間目標販売台数は1200台としている。 マツダ...
CX-3

CX-3は急回復、プレマシー、ビアンテは年内生産終了

cタイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名:佐藤秀峰 CX-3がガソリン車の追加で販売が急回復 6月28日、CX-3にガソリン2L車を加えたことで、同シリーズの販売が急増状態にあります。 受注ピッチが前年実績に対して...
NO IMAGE マツダ

マツダ アクセラ改良、CX-8発売延期?

アクセラを改良し、安全対策強化&グレード変更 マツダは8月24日にアクセラを改良し、安全対策&グレード変更によって商品力を強化して、9月28日から発売開始します。 安全対策では新開発の「360度ビューモニター」をメー...
NO IMAGE スバル

東京モーターショー2017注目モデル マツダ、スバル

マツダからは前回発表されたコンセプトモデル、RX-VISIONの発展型が登場しそうだ。奇しくもロータリー登場50年を迎える今年、コスモスポーツの復活となることを期待したい。 他にもマツダ初の三列シートSUV CX-8が出展され、スカイ...
NO IMAGE ジューク

SUV人気拡大中!CX-8、レクサスUX、ジューク、フォレスター登場?

今、国産車も輸入車も大きいサイズから小さいサイズまでSUVが激増中。4月6日にスバルXVがフルモデルチェンジし、19日には新型ベンツGLAが登場。 また、26日には299万円スタートという戦略的な価格でアウディQ2がデビューした。さら...
NO IMAGE CX-6

CX-6の新型車は3列シートSUV、新型アテンザは?

新型CX-6 2017年11月デビュー予定 2012年登場の初代CX-5から始まったマツダのSUVシリーズも、現在は海外専売モデルまで含めると下から、CX-3、CX-4、CX-5、CX-9と4モデルまでラインアップを拡大。今年2月にはフル...
NO IMAGE スバル

新エコカー減税で減税が縮小する車種予想(マツダ・三菱・スバル)

マツダ、三菱、スバルともエコカー減税縮小の影響は大きいと思われます。三菱は燃費不正問題などがあり、これが追い打ちをかける形になるのかもしれません。 ガソリン車についてはもちろんですが、スバルのXVハイブリッドは、ハイブリッドであっても...
NO IMAGE CX-6

マツダ RX-VISIONⅡ、CX-6

新型ロータリークーペ&新型7人乗りSUV。「RX-VISION」は市販化に向け超進化 RX-VISIONⅡ 次世代ロータリーエンジン+電動化技術。21世紀を走るにふさわしいスポーツとして登場 SKYACTIV戦略の成功で、...
NO IMAGE CX-3

CX-3の価格と値引き目標金額

マツダCX-3 価格:237万6000~303万4000円 値引き目標額19万円 日本で扱いやすい大きさで、立体駐車場に無理なく入れることができる。ただし、キャビンは平凡な広さだ。開放感も今一歩に止まる。ラゲッジルームも広くはないが...
NO IMAGE CX-3

マツダはミニバンから完全撤退しCXシリーズの次世代SUVラインアップ強化で対応

マツダは18年までの国内次世代商品ラインナップでプレマシーとビアンテを廃止してミニバン市場からて完全撤退し代わってCX-3、CX-4、CX-5、CX-6のSUVラインアップの確立で対応する方針のようです。 CX-3がコンパクト、CX-...
NO IMAGE CX-5

マツダCX-5 来年2月デビュー12月15日発表

乗り心地や静粛性アップで上質な走りを予感させる 現行型CX--5のデビューは2012年と割と最近だ。マツダが大きく変わり始めた、スカイアクティブ技術と魂動デザインを採用した新世代商品の第一弾として登場したのが、このCX--5。 ...
NO IMAGE マツダ

CX-9 SKYACTIVの実力はいかに?

大きい。とにかく米国製大型SUV並べても遜色のないサイズ。しかも、存在感のあるデザインなのだ。 そのエクステリアの印象のままの走りがCX-9の魅力だろう。特に、4WDバージョンが乗り心地もハンドリングにも、落ち着きがあり頼もしい。エン...
いすゞ

ハッチバックの名車たち

1970年代の初頭、日本ではホンダのシビックが、ヨーロッパではVWゴルフがFFの2BOXスタイルを採用して、ハッチバック(HB)ブームの基礎を作った。 これを追うように登場し、ヒットしたのが三菱のミラージュだ。そして80年代には使い勝...
NO IMAGE 5ドアハッチバック

日欧Cセグメントハッチバック10車

新型インプレッサがデビューし、にわかに脚光を浴びているのがCセグメントカテゴリーだ。 VWゴルフをベンチマークとして新開発のプラットフォームが与えられた新型インプレッサは、大幅に完成度を上げて登場したが、その好敵手であるアクセラも今夏...
NO IMAGE インプレッサ

新型インプレッサは本当にいいのか?アクセラ、V40との比較

スバルインプレッサスポーツ2.0i-S 構成されている面そのものにソリッド感演出などの表現が弱く、初心者の厚化粧のように強く数多いキャラクターラインだけで表現されているデザイン。 一方シャシー性能はとても高く評価。ボディ剛性も高く、...
NO IMAGE マツダ

年末ボーナス商戦!コミコミ350万円のマツダ車は?

デミオ 135万~221万4000円 コンパクトカーのなかでも後席や荷室が狭く、後方視界も悪い。その半面、操舵に対する反応が正確で安定性も優れ、乗り心地を含めて走りの質が高い。 スイフトがモデル末期の今、走りを優先させた貴重なコンパ...
NO IMAGE CX-5

マツダ SUV拡大、ミニバン廃止、CX-5オーダーストップ

ラインアップ再編でマツダは2020年までにSUVを拡大、ミニバンは全車廃止に マツダは2020年までに商品ラインナップを再編、SUVシリーズを拡大、ミニバンのプレマシー、ビアンテを廃止する見込みです。 SUVは現行CX-5、CX-3...
NO IMAGE スバル

海外で売れているクルマとその評価

トヨタオーリス 2012年にデビューした当初は1.5Lと1.8Lの直4DOHCを2種類設定したが、その後にダウンサイジングの直4、1.2Lターボと1.8LのTHSⅡを搭載したハイブリッドモデルを設定。 日本では年間1万台に届かないく...
NO IMAGE CX-3

デミオ、CX-3 G-ベクタリングコントロール標準装備 10月14日発表

デミオマイナーチェンジで魅力向上 G-ベクタリング コントロール&アダプティブLEDヘッドライト採用 2014年9月のデビューから2年目でマイナーチェンジを受けたデミオはアクセラと同等の装備と質感を備え、コンパクトクラスの概念を打ち破る...
NO IMAGE CX-4

マツダの次世代!スカイアクティブ、ロータリーエンジンは?

スカイアクティブ戦略は次世代に突入。REはどうなる?新たなSKYACTIV技術が投入されるアテンザ。ロータリースポーツは燃費大幅アップで登場? モーターに頼らず燃費向上を果たしたSKYACTIV技術で、車好きから喝采を浴びるマツダ。そ...
NO IMAGE CX-3

マツダ現行CX-5オーダーストップ、デミオ・CX-3にG-ベクタリング装備

11月いっぱいでCX-5の現行車はオーダーストップ マツダは今年11月いっぱいをもって、現行CX-5をオーダーストップし、生産を終了する見込みです。来年2月にも発売する次期型に切り替えるため、既に生産グレードやボディカラーは売れ筋に絞った...
NO IMAGE マツダ

アテンザ改良モデル!見た目の変化はなくても中身は段違い

アクセラに引き続き、アテンザに商品改良モデルが導入された。 目玉はディーゼルエンジンの静粛性とパフォーマンス向上、そしてアクセラ同様Gベクタリングコントロールの採用だが、外装には全く手を入れず、内装も加飾パターンの変更程度。あとは新色...
NO IMAGE マツダ

改良型アクセラが好調

7月14日にマイナーチェンジしたアクセラが好調な売れ行きを見せています。改良前に月販2000台ペースだったのが、改良後は3000台以上と50%以上の急増ぶりとなっているのです。 今回のマイナーチェンジでは、ディーゼルエンジンがこれまで...
NO IMAGE フィアット

アバルト124スパイダー登場!広島生まれのイタリア車

マツダロードスターとプラットフォームを共通にして誕生したアバルト124スパイダー。1.4Lを搭載するFRスポーツの登場でますます車が楽しくなってきた。 見ても乗っても「思ったよりロードスターとの違いが出ている!」注目のアバルト124ス...
NO IMAGE マツダ

マツダロードスターRF 今秋予約受付、年内発売か?

「私はロードスターを最も愛している人間だと自負しています。私のガレージには、初代NA型とND型ロードスターが仲良く並んでいます。この26年間、ロードスターと共に過ごした時間や経験を糧にして、”守るために変えていく”、挑戦を続けていくことを約...
マツダ

マツダデミオおすすめグレードは?

マツダデミオは2014年9月11日登場。2016年5月販売台数は3832台となっています。 グレード別販売構成比 13S 6AT:25.0% XDツーリング 6AT:14.0% 13Sツーリング 6AT:12.0% ...
NO IMAGE マツダ

マツダアクセラ G-ベクタリングコントロール初採用

マツダは7月14日、ビッグマイナーチェンジを施したアクセラを発売した。改良の内容はあらゆる領域にわたっているが、まず、あげたいのがディーゼル。 これまでの2.2Lに加え、CX-3やデミオと同じ1.5Lディーゼルを追加し、ディーゼル車の...
NO IMAGE マツダ

マツダロードスターRF 2016年10月発表

2Lエンジン搭載のロードスターRFが姉妹車アバルト124スパイダーと共に、もうすぐ発売となる ロードスターから2Lエンジン搭載のRF(リトラクタブル・ファストバック)が10月に発売になる。クローズドボディの美しさを目指し、電動タルガト...
マツダ

マツダロードスターのおすすめグレードは?

マツダロードスター(4代目)は2015年5月20日登場。2016年5月販売台数は364台となっています。 グレード別販売構成比 Sスペシャルパッケージ6MT:29.4% RS 6MT:18.8% Sスペシャルパッケー...
マツダ

今秋にもロードスターにハードトップモデルを追加へ

マツダは今秋にもロードスターにハードトップモデルを追加設定する方向で開発を進めています。現行型オープンエアモデルのプラットフォーム&基本コンポーネントを使い、電動開閉式のハードトップモデルに仕立てます。走行中でもスピーディな開閉が可能な仕様...