「 2017年01月 」一覧

NO IMAGE

プリウスPHV 2月15日発表!燃費性能や価格情報は?

新型プリウスPHVはJC08モード燃費37.2km/L、EV走行距離68.2km 昨年突如、発売が延期され、ホームページで2月発売とだけアナウンスされていたプリウスのプラグインハイブリッドモデル「新型プリウスPHV」が正式デビュー。2月15日に発表される。 先代モデルはプリウスに外部充電機能をつけたPHVだったが、新型はEV走行性能を強化したのがポイント。 先代比で約2倍となる8...

記事を読む

NO IMAGE

15代目クラウンはどう変わるのか?

いつの時代も車好きの話題は「クラウンはどう変わるのか」だった時に未来的に、時には保守的に。日本の「うねり」を車に投影してきたと言っていいのかもしれない。世界が大きく変わろうとしている現代に生まれるクラウンは? 「いつかはクラウン」と、今でも思っているトヨタファンはずいぶん少なくなってしまったかもしれないが、トヨタというメーカーにとって、クラウンは相変わらず精神的支柱であり、トヨタの技術力、商...

記事を読む

NO IMAGE

三菱 新型SUV投入とRVRマイナーチェンジ

今秋投入の三菱新型SUVはアウトランダーとRVRの中間に位置 三菱自動車が10月頃に投入する新型SUVはアウトランダーとRVRの中間に位置するミディアムクラスになる見込みです。発売当初は2.2Lのクリーンディーゼル車のみを設定します。 そして18年にはPHEVを設定。2Lガソリンエンジンとの組み合わせになりますが、アウトランダーPHEVとは多少アレンジを変えてコストを抑えるようです。 ...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタ ノア三姉妹、カムリ、C-HRの現状

5月にヴォクシー/ノア/エスクァイアをビッグマイナーチェンジ トヨタは5月のゴールデンウィーク明けにもヴォクシー/ノア/エスクァイアをビッグマイナーチェンジします。 内外装のデザイン変更に加えて、ハイブリッド車、ガソリン車ともに燃費性能や使い勝手、それに安全対策を強化する方針です。 ライバルの日産セレナは昨年8月下旬に新型となり、今夏にもe-POWER車を追加設定し、さらなる増販攻勢...

記事を読む

NO IMAGE

ワゴンRスティングレー2017年2月1日発表

当初のスケジュールから発売が延期となっていた期待の新型ワゴンRはいよいよフルモデルチェンジ。JC08モード燃費40.0km/L達成か? 主力モデルのワゴンRが、いよいよ2月1日に5年ぶりのフルモデルチェンジを受ける。当初予定された昨秋よりも発売時期が延期されたが、それだけに力の入ったモデルとして満を持して登場することになりそうだ。 なんといっても最大の注目ポイントは、昨年11月に登場し...

記事を読む

スイフト 新型プラットフォーム&3つのパワーユニットを搭載

スイフト 新型プラットフォーム&3つのパワーユニットを搭載

欧州仕込みのRSグレードをカタログモデル化 83年に登場したカルタスの流れを汲み、2000年に誕生したスイフト。その三代目となる先代モデルのフルモデルチェンジから6年。4代目となる新型スイフトはついにデビューした。 先代モデルが質の高い走りとスタイルで好評だっただけに注目される新型スイフト。そのデザインは、縦長のヘッドライトやブラックに塗られたAピラーなどのデザインアイデンティ...

記事を読む

NO IMAGE

新型レクサスLS、新型カムリ登場

新型レクサスLS 当初はV6、3.5L HVのみだが後に3LターボとFCVも追加へ 15年の東京モーターショーに出展されたLF-FCをベースに、実に11年ぶりのフルモデルチェンジで2代目へと進化する次期型LS。 登場は11月以降だが、ホイールベースは3mを超え、全長5225mmに達するフラッグシップらしい、凄みのあるモデルとして満を持して登場する。期待大だ。 新型LSで大き...

記事を読む

NO IMAGE

スバルWRX STI、WRX S4マイナーチェンジ

14年8月にデビューした現行型スバルWRX STI&S4。あれからまもなく2年半が経過しようという今年1月、開催中の北米デトロイトショーにビックマイナーチェンジモデル(北米仕様)がその姿を現した。 スバルWRX STI フロントマスクを大幅に迫力アップ!機械式DCCD(一部電制)を全自動式へ変更 まずはWRXシリーズのイメージリーダーモデルとも言えるSTIだが、フロントバンパーの...

記事を読む

NO IMAGE

ヴィッツGRMN2 スペシャルなヴィッツは200台限定で今秋発売?

2013年、ヴィッツをベースにターボの架装、専用チューニングの足回りなどを与えられて登場した「ヴィッツGRMNターボ」。 200台限定で発売され、そのスポーティな走りが高く評価されたが、そのモデルが「GRMN2」となって再登場する。 このモデルはトヨタのWRC参戦を記念して制作されるもので、ボディは欧州仕様の3ドアがベース。 ラリー参戦記念ということで、迫力あるワイドボディをまと...

記事を読む

NO IMAGE

スズキとダイハツ次の一手!ジムニー、ブーンX4

スズキジムニーコンセプト 歴代最強のモデルライフとなった現行ジムニーの次期モデルがついに登場。卓越した悪路走破性はそのままに最新エンジンで燃費性能も向上 現行型登場から20年目となる2018年にジムニーが新型に切り替わる可能性が極めて高い。となれば、その前年の東京モーターショーにプロトタイプ的なモデルが出展されることになるはずだ。 新型のトピックは搭載エンジンの変更。従来のK6A型か...

記事を読む

NO IMAGE

三菱RVR後継モデル

三菱オリジナル企画社が出展されるのは今回が最後か?三菱ファン必見の1台がRVR後継車だ。 RVR後継モデル 力強いフロントと美しいリアスタイル。RVR後継車が日本のSUV市場を賑わす 一連の燃費不正問題で新車スケジュールが遅れた三菱だが、久々のニューモデルが東京モーターショーに出る。RVR後継モデルがそれだ。 当初、RVR後継モデルは2015年の東京モーターショーに出展された「eX...

記事を読む

NO IMAGE

スバル レガシィ、XV、インプレッサSTIスポーツ

さらなる上級移行を目指すフラッグシップのレガシィと新ストロングハイブリッドが凄い。次期型XVが登場。 NEWレガシィコンセプト 2Lターボ搭載。さらに上質感を高めてフラッグシップサルーンの座を固める 14年に登場した現行6代目レガシィ/レガシィアウトバック。先代まで続いたツーリングワゴンのポジションを現行型レヴォーグに継承し、セダンのB4とクロスオーバーSUVのアウトバックという2種類に...

記事を読む

NO IMAGE

マツダ RX-VISIONⅡ、CX-6

新型ロータリークーペ&新型7人乗りSUV。「RX-VISION」は市販化に向け超進化 RX-VISIONⅡ 次世代ロータリーエンジン+電動化技術。21世紀を走るにふさわしいスポーツとして登場 SKYACTIV戦略の成功で、現在最も勢いのある国産メーカーの一つとなったマツダ。しかし、そんなマツダにも、まだ一つだけ欠けているパズルのピースがある。 それがロータリーエンジンだ。前...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダスのポーツスピリッツS2000、NSXタイプR

ホンダスポーツスピリッツの意地を見せる。待望のS2000後継車が登場可能性大! S2000コンセプト 新型シビックタイプR用2Lターボをミドシップに搭載。320psのピュアスポーツいよいよ出展 ホンダが東京モーターショーですごいことになるには、何と言っても新しい時代のスポーツカー像を提案してくれることだ。 北米中心に開発されたNSXよりも、日本のホンダファンを納得させるスポーツカー...

記事を読む

NO IMAGE

レクサスLC、レクサスGS スポーツモデル「F」にもターボ化

レクサスGS F 次期型GS Fはダウンサイズターボで新時代のスポーツサルーンへ進化する 2015年にマイナーチェンジを実施し大幅なフェイスリフトと同時にGS Fの追加をしたレクサスGSだが、現行型にモデルチェンジしたのは2012年ですでに丸4年を経て5年目に入っている。 次期型へのフルモデルチェンジは来年、2018年の予定で、基本的にはキープコンセプトのモデルチェンジとなり、パワー...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタスポーツカー戦略 スープラ、S-FRⅡ、カローラGTI

GRガレージ展開のキーとなるスポーツカー大中小のラインアップを拡充する。トヨタが積極的に進めるスポーツカー戦略 NEWスープラ コンセプト BMWZ5がフランクフルトで発表に続き、トヨタスープラは東京でワールドプレミア BMWとの協業により開発が進められる新型スープラと言われるトヨタのスポーツカーがいよいよ今年の東京モーターショーでベールを脱ぐ。 東京モーターショーに先立つ9月に開...

記事を読む

NO IMAGE

日産電動化戦略!フェアレディZ、ジューク

いよいよ本格的に動き出す日産の電動化戦略。そのキーとなってくる技術を一気に公開!ノートe-POWERに続いて日産が進める電動化続々。 フェアレディZコンセプト 400psの3L、V6ツインターボだけではない、新型Zにハイブリッド搭載。 現行型Z34のデビューは2008年なのですでに丸8年が経過し、いくどとなく新型Zの情報が聞こえてきては消えていくという状況が続いていたが、いよいよ今年の東...

記事を読む

NO IMAGE

日産セレナストロングハイブリッドと新型PHVの動向

セレナストロングハイブリッドの投入は17年8月以降に延期か 日産は、今年2~3月と見られていたセレナのストロングハイブリッドモデルの投入時期を、8月下旬以降に延期する見通しです。 現行のマイルドハイブリッド搭載モデルが新車効果やプロパイロットの設定、クオリティや使い勝手の向上などで、好調な売れ行きが続いていることから、1年後の需要一巡期に合わせて追加発売することにしたと思われます。 ...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタはアッパーミディアム、ラグジュアリークラス再編か?

トヨタは今年8月から年末にかけてカムリ、クラウンと次世代セダンシリーズを投入しますが、これに合わせ、アッパーミディアムクラスとラグジュアリークラスのセダンを再編する見込みです。 アッパーミディアムはカムリの他SAI、マークXがありますが、次期型カムリを投入する際、統合してSAIとマークXは廃止すると思われます。 カムリはカローラ店、マークXはトヨペット店の各専売モデル、SAIはトヨタ全...

記事を読む

NO IMAGE

ヴェゼルの価格と値引き目標金額

ホンダヴェゼル 価格:192万~288万6000円 値引き目標額21万円 コンパクトクラスのクロスオーバーSUVだが、低床フロアのフィットをベースにしているため、キャビンは広く、ラゲッジルームも実用的な広さだ。 パワーユニットはスポーティグレードのRSでも1.5L DOHCとなる。標準仕様は不満のない実力だが、RSは期待度が高いため、もう少し高性能なエンジンが欲しくなる。足がスポーテ...

記事を読む

NO IMAGE

フォレスターの価格と値引き目標金額

スバルフォレスター 価格:214万9200~312万8760円 値引き目標額29万円 クロスオーバーSUVの先駆者で、全モデル4WDを採用して優れた操縦安定性を手に入れている。ライバルがスマートなデザインに変わって行くなか、ラギッド感の強いSUVルックは逆に新鮮だ。 しかも無骨な外観でありながらアイサイトに代表される先進安全装備をテンコ盛りでこれも魅力だ。 エンジンは2L水平対...

記事を読む

NO IMAGE

CX-3の価格と値引き目標金額

マツダCX-3 価格:237万6000~303万4000円 値引き目標額19万円 日本で扱いやすい大きさで、立体駐車場に無理なく入れることができる。ただし、キャビンは平凡な広さだ。開放感も今一歩に止まる。ラゲッジルームも広くはないが、荷物を積みやすい。2ウェイカーゴボードも便利だ。 パワーユニットは1.5L DOHC直噴ターボだけに絞り込んでいる。が、6速ATだけでなく6速MTも設定...

記事を読む

NO IMAGE

アウトランダーの価格と値引き目標金額

三菱アウトランダー 価格:251万9640~459万円 値引き目標額28万円(PHEVは17万円) 2WDの2Lモデルは扱いやすいが、多人数乗車で坂道を走る場面などでは余力がなくなる。4WDに搭載される2.4Lの直列4気筒DOHCもフラットトルクで扱いやすいエンジンだ。ただし、活発に走るとこちらもエンジン音が耳に付く。 2Lエンジンに高出力モーターを組み合わせたPHEVは、その気にな...

記事を読む

NO IMAGE

エスクードの価格と値引き目標金額

スズキエスクード 価格:212万7600~234万3600円 値引き目標額22万円 長い間、本格派のSUVとして多くのファンを魅了してきたエスクードは、車名をエスクード2.4に変更して脇役に回った。 代わって主役をつとめるのがSX4 Sクロスと基本コンポーネンツを共用するエスクードだ。クロスオーバーSUVに生まれ変わり、2WDの設定する。 4WDはオールグリップと呼ぶスズキ独自...

記事を読む

NO IMAGE

エクストレイルの価格と値引き目標金額

日産エクストレイル 価格:223万8840~309万6360円 値引き目標額27万円 駆動方式では2WD(FF)も用意しているが、エクストレイルの主役はオールモード4☓4-iを採用した4WDモデルだ。 走行状況に合わせて前後のトルク配分を100対0から50対50まで自動的にコントロールし、ミューの低い滑りやすい路面でも高いトラクション性能を手に入れている。 しかもヨーモーメント...

記事を読む

NO IMAGE

ジュークの価格と値引き目標金額

日産ジューク 価格:197万5320~346万8960円 値引き目標額22万円 一番の魅力は外観だ。フロントマスクは見慣れたが、個性が強いために発売から6年以上を経過しても古く感じない。 ボディ幅が強調されこの顔立ちだとアクが強すぎるとか、全長が4m少々だから視覚的なバランスもいい。 15RX・Vアーバンセレクションは全高が1550mmに収まり、立体駐車場を利用しやすい。今はC...

記事を読む

NO IMAGE

レクサスRXの価格と値引き目標金額

レクサスRX 価格:459万~728万5000円 値引き目標額10万円 前輪駆動をベースにした上級SUVとあって、乗り心地が快適だ。ランクルをベースにした価格が1100万円のLXよりも、はるかに上質に感じる。 450h・Fスポーツは電動アクティブスタビライザーを装着して足まわりの伸縮性を高めた。接地性が良く20インチタイヤを装着しながら乗り心地が上質だ。走行安定性も優れている。 ...

記事を読む

NO IMAGE

レクサスNXの価格と値引き目標金額

レクサスNX 価格:428万~582万円 値引き目標額10万円 海外向けに開発されたSUVのなかでは、ボディがコンパクトな部類に入り運転しやすい。最小回転半径も、17インチタイヤの200tであれば5.3mに収まる。乗り心地は快適だ。 内装はレクサスらしく上質な仕上がり。プラットフォームの基本部分はハリアーと共通で、ホイールベースも等しいため、後席の足元にも余裕がある。 SUVで...

記事を読む

NO IMAGE

ランドクルーザープラドの価格と値引き目標金額

トヨタランドクルーザープラド 価格:334万9963~513万3927円 値引き目標額27万円 悪路向けに開発されたシャシーと足回り、副変速機を内蔵する4WDを備えたオフロードSUVだから走破力が優れている。 また悪路を重視する国産SUVの中では、舗装路における安定性が最も高い。従って峠道や高速道路も安心して走れる。 クリーンディーゼルターボは幅広い回転域で駆動力が強い。他の国...

記事を読む

NO IMAGE

ランドクルーザーの価格と値引き目標金額

トヨタランドクルーザー 価格:472万8437~682万5600円 値引き目標額28万円 V型8気筒の4.6Lエンジンは基本的にはレクサスLSと同型だ。専用の設定が施されて実用回転域の駆動力が高く、回転感覚がなめらかで静粛性も優れている。 シャシーは悪路向けでサスペンションが柔軟に伸縮するから凸凹道でも空転しにくい。副変速機も備わり、様々な制御を加えて走破力を向上させた。 だが...

記事を読む

NO IMAGE

ハリアーの価格と値引き目標金額

トヨタハリアー 価格:279万7714~459万1963円 値引き目標額25万円 SUVでは珍しく国内市場を重視して開発され、日本のユーザーの高級志向に合わせたデザインを採用する。 半透明の樹脂を使ったフロントグリル、ステッチの入った合成皮革のインパネなどを緻密に造り込んだ。 以前のヴァンガードとプラットフォームを共通化したので、空間効率が優れ、後席の足元も広い。乗り心地は柔軟...

記事を読む

NO IMAGE

C-HRの気になるポイント!走行安定性と乗り心地がいい

12月14日に発売されたトヨタの新型SUV、C-HR。スタイルが注目されるが、その実力はどうか? C-HRのポイント トヨタの新しい車づくり「TNGA」採用の第2弾 個性的なスタイリング パワートレーンは、1.2Lのターボと1.8Lハイブリッドの2本立て ハイブリッドの燃費は30.2km/L トヨタセーフティセンスP標準装備 C-HRは比較的コンパクトなS...

記事を読む

NO IMAGE

マツダ新型CX-5 2017年2月2日発売開始!

マツダ新世代商品群第1弾モデルがついにフルモデルチェンジ!G--ベクタリングも搭載 新型CX-5のポイント G-ベクタリングコントロールを採用し、意のままのドライブフィールに ディーゼルエンジンの改良で静粛性と同乗者の快適性の両立を実現 新カラー「ソウルレッドクリスタルメタリック」を初採用 MRCCで0~10km/h追従機能をマツダ車初採用 現在のマツダの収益の...

記事を読む

NO IMAGE

eKスペース&eKスペースカスタム 大胆に生まれ変わり安全性+快適性で勝負

eKスペース&カスタムのポイント 大胆な顔チェンジ、2モデルで差別化 標準モデルにもターボ 安全装備充実のお買い得なグレードを追加 カスタム専用の15インチアルミホイール採用 再出発を図る三菱から大幅改良モデルとして登場したのが、eKスペースとeKスペースカスタムだ。フロントデザインの大胆な変わりようにはつい目がいく。 一生親しみやすくなった可愛い雰...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタマークX試乗 7年目の大幅刷新

マークXのポイント 初代マークXを彷彿とさせる6眼ヘッドランプなどで更に精悍な顔つきに。 90カ所以上のスポット増しと6m以上になる接着による大幅なボディ補強。 RDSにはAVS(電子制御可変サスペンション)を採用して乗り心地を向上 一瞬フルモデルチェンジか?と錯覚するほどに、マークXの顔つきが変わった。しかし、大人のスポーティーセダンとして、より洗練されたデザインへと...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

1 2