「 2016年04月 」一覧

NO IMAGE

トヨタC-HR いよいよ正式デビューハイブリッド小型SUV

プリウスのプラットフォームとハイブリッドシステムを採用するコンパクトSUV。全長4350mm、全幅1795mm、全高1555mmでホイールベースは2640mm。日本での正式発売は9月頃の予定。1.8Lハイブリッドと1.2Lターボが用意される。 C-HR予想スペック 全長☓全幅☓全高(mm) 4350☓1795☓1555 ホイールベース(mm) 2640 パワ...

記事を読む

NO IMAGE

日産の反撃!ゴーン緊急指令!

ここ数年、日本マーケットを軽視していると指摘される日産だが、ある関係者はついにカルロスゴーンCEO自ら日本での業績に警鐘を鳴らしたと証言する。これまで海外展開に力を入れてきたが、国内ディーラーからの反発で動かざるをえなくなったのかもしれない。 今年は注目のノートHVの追加、マーチのフルモデルチェンジ(来年の可能性も)、そしてGT-Rのビッグチェンジなど、日本のユーザー層に人気のあるモデルが相...

記事を読む

NO IMAGE

注目の2016年登場のニューカーベスト10予想

今年もこれから続々ニューカーが生まれてくる。待望のフルモデルチェンジだったり、新規投入車だったり色々予定されているが、日本市場にインパクトを与えそうなニューカーをまず10車種ピックアップしてみた。 順位としては以下のようになる。 1位:トヨタ・プリウスPHV(11月) 2位:スバル・インプレッサ(9月) 3位:日産・セレナ(8月) 4位:トヨタC-HR(9月) ...

記事を読む

NO IMAGE

日産、マイレージ&購入サポートキャンペーンで新車販売を全国規模で盛り上げ

日産は今夏まで投入する新型車が存在しないことから、メーカー主導でマイレージや購入サポートキャンペーンで新車販売の盛り上げをカバーする方針です。 マイレージキャンペーンは3月末まで実施していた企画の継続で、4~9月までの6ヶ月間展開されます。これは代替する下取り車の走行距離や経過年数で買い取る金額を決めるというものです。走行距離が4万5000kmだと4万5千円で、もしくは初登録日からの年数☓1...

記事を読む

NO IMAGE

ベンツAクラス BMW1シリーズ アウディA3スポーツバック 比較

エンジンは排気量も微妙に異なれBMWのみ3気筒という違いもある。サウンドや振動、吹け上がりのスムーズさでは4気筒が勝るも、性能面では3気筒の方がトルク特性にすぐれ、力強さを感じる。シャシー性能はどうこういってもBMWがFRにこだわった意義を感じる。FFの2台も回頭性は良いが、動きの素直さや前後バランスなど、コーナリングでの懐の深さはFRの1シリーズに軍配。ランフラットタイヤの履きこなしも巧く、乗り...

記事を読む

NO IMAGE

ベンツGLC BMW X3 アウディQ5 比較

以前のこのクラスは、ボクシーなややオフロードよりのデザインで左ハンドルしかなかったGLKが一人負け状態で、X3とQ5がしのぎを削っていたが、16年2月に日本導入されたばかりのGLK改めGLCは「これは売れる!」と誰もが確信する程商品力をアップしてきた。 最新のメルセデスらしい官能的で洗練されたエクステリア、高級感のあるインテリアなどデザインでは最下位からトップに踊り出た感があり、右ハンドルも...

記事を読む

NO IMAGE

メルセデスAMG C63 BMW M3&M4 アウディRS5 比較

走りがとにかく魅力的だと思えるのは、やはりBMWのM3/M4だ。現行型は、エンジンをそれまでの4L版V型8気筒自然吸気(420ps)から、3Lの直列6気筒ツインターボ(431ps)へと変更したことが、技術面でのハイライト。同時にストイックなまでの軽量設計を実現することで、ドライビングファンがピュアに追求された。 コーナーでの動きは、ミドシップのスーパースポーツと比較しても全く見劣りしない。常...

記事を読む

NO IMAGE

ハイブリッドとガソリン車どっちが買いか?

ハイブリッドとノーマルの両方設定されている車でどっちが買いか比較してみました。 ●カローラアクシオ&フィールダー vs カローラアクシオ&フィールダーHV ・おすすめ:ノーマルエンジン車 (理由)ハイブリッドは実質約37万円高い。燃料代の差額で取り戻すには18万kmの走行を要する。 ●クラウン vs クラウンHV ・おすすめ:ハイブリッド車 (理由)ハイブリッドは2.5Lより実...

記事を読む

NO IMAGE

メルセデスAMG A45 BMW M2 アウディRS3 比較

初代(E30型)や二代目(E36型)M3で走りの楽しさを知った者には、まさに待望の1台とも言えるニューモデルが誕生した。それは新たにMモデルのベーシックラインを担うことになった、2シリーズベースのM2クーペだ。 実際に見るM2クーペは、その第一印象から、パフォーマンスへの期待感を高めてくれるアピアランスに満ちあふれている。フロントに搭載されるエンジンは、370ps誇る新開発の3L直列6気筒タ...

記事を読む

NO IMAGE

ソリオG vs ソリオMX(マイルドハイブリッド)どっちが買いか

ソリオはマイルドハイブリッドを搭載する。モーター機能付き発電機が減速時の発電、アイドリングストップ後の再始動、エンジン駆動をアシストする。ただし、モーターの最高出力は3.1psで1回の駆動時間も最長30秒。モーターのアシスト感が少ないシステムだ。 マイルドハイブリッドの機能を備えないのは、価格が最も安いGのみ。売れ筋のMXと上級のMZは搭載する。 装備差を補正してマイルドハイブリッドの...

記事を読む

NO IMAGE

メルセデスAMG GT、BMW i8、アウディR8比較

スーパースポーツの世界には、それを生み出す各社の哲学が常に強くアピールされる。スーパースポーツとしてのデザイン、そしてエンジニアリングの斬新さが最も強く感じられるのはBMWのi8。その姿を初めて見た時の感動は、かつてあのスーパーカーブームのなかで、ランボルギーニカウンタックの存在を知った時のそれにも似ている。 実際の走りにも、これまでのスーパーカーにはない独特なフィーリングがある。i8はエレ...

記事を読む

NO IMAGE

ジェイドRS vs ジェイドHV どっちが買いか

パワーユニットは1.5Lのターボとハイブリッドを選べる。両タイプの価格差を割り出すと、ハイブリッドが約30万円高く、減税額を含めると約26万円に縮まる。 この実質価格差を燃料代の差額で取り戻せるのは11.3万kmを走った頃だ。JC08モード燃費はたーぼのRSが18km/L、ハイブリッドXが24.2km/Lだから比率が134%にとどまり、取り戻せる距離も長引いてしまう。 またRSはターボ...

記事を読む

NO IMAGE

日産エクストレイル vs エクストレイルHV どっちが買いか

エンジンはハイブリッドを含めて2Lになる。ハイブリッドの価格は、ノーマルエンジンに比べて実質的に約45万円高く、減税額を含めると約39万円に縮まる。 それでもこの金額を燃料代の差額で取り戻せるのは18.9万kmを走った頃だ。4WDのJC08モード燃費は、ノーマルエンジンが16km/L、ハイブリッドは20km/Lだから比率は125%にとどまる。そのため実質価格差を取り戻せる距離が長引いてしまう...

記事を読む

NO IMAGE

テスラ モデル3 3月31日予約開始

テスラが開発中の次世代電気自動車「モデル3」の予約がグローバルで3月31日から開始された。モデル3は「ロードスター」「モデルS」「モデルX」に続く第4の市販EVとなる。 予約はテスラ青山またはテスラ心斎橋での直接予約(電話予約は不可)とオンライン予約の二通り。クレジットカードでの予約金15万円の決済が必要となる。 生産開始は2017年終盤からを予定。予約番号はテスラロードスター、モデル...

記事を読む

NO IMAGE

DS DS 4/DS 4CROSSBACK 4月1日発売

クーペのスタイルを持ちながらSUVとセダンを融合したようなスタイリングを持つ「DS 4」が一新。30mmアイポイントが高いSUVタイプの「DS 4 クロスバック」もラインアップに追加して発売された。 DSオートモービルのブランド立ち上げ※にともない、新しくDSロゴが配された新しいフロントグリル、DS ウイングを採用している。 パワートレーンはどちらも共通で、最高出力165ps/最大トル...

記事を読む

NO IMAGE

ハリアー vs ハリアーハイブリッド どっちが買いか

2Lのノーマルエンジンと、2.5Lのハイブリッドを設定する。後者は後輪をモーターで駆動する4WDのみで、前輪駆動は選べない。 ハイブリッドの価格は、装備差を補正すると、2Lの4WDよりも実質約70万円高い。エコカー減税の差額を含めると約63万円に縮まる。 この金額を燃料代の差額で取り戻せるのは約20万kmを走った頃だ。実質価格差が大きく、ハイブリッドの燃費が2Lエンジンの141%にとど...

記事を読む

NO IMAGE

ダイハツコペン 一部改良 4月4日発売

ドレスフォーメーションによる新たなデザイン提案として、樹脂外板パーツの塗り分けにより個性ある外観とした「カラーフォーメーション タイプA」をメーカーオプションとして、ローブ、ローブSに新設定。 車体色はブラックマイカメタリック、フロントグリル、サイドステップ、リアバンパーには、マタドールレッドパールがアクセのとして入っている。ほかにもホイールやインテリアカラーも選択肢が増え、より自分らしさを...

記事を読む

NO IMAGE

アルファード/ヴェルファイア vs アルファードHV/ヴェルファイアHV どっちが買いか

ハイブリッドは後輪をモーターで駆動する4WDで、前輪駆動の設定はない。そこでノーマルエンジンのほうは2.5Lのn4WDと比べる。 ハイブリッドの価格はノーマルエンジンよりも実質的に約60万円高く、減税額の違いを含めると約51万円差だ。この金額を燃料代の差額で取り戻すには、10万km程度を走る必要がある。 51万円を10万kmで取り戻せる理由は、JC08モード燃費の格差が大きいからだ。2...

記事を読む

NO IMAGE

日産スカイライン 仕様向上 4月18日発売

今回の一部仕様向上で「350GT」、「350GT FOUR HYBRID」、「200GT-t」のグレードに、最先端の安全技術である「全方位運転支援システム」を標準装備した。 前方には「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」や、自車から見えない2台前を走る車両の状況を検知し、減速が必要と判断した場合に警報でドライバーに知らせる「PPCW(前方衝突予測警告)」などを搭載。 側方、後方に...

記事を読む

NO IMAGE

ヴォクシー/ノア vs ヴォクシーHV/ノアHV どっちが買いか

ハイブリッドシステムは基本的に先代プリウスと同じで、1.8Lエンジンがベースになる。2Lのノーマルエンジンに比べて実質的に約35万円高いが、減税額の違いを含めると約29万円に縮まる。 この実質価格差を燃料代の差額で取り戻せるのは8.8万kmを走った頃だ。ミニバンの場合、長距離を頻繁に移動するユーザーも多い。1年間に1.5万kmを走れば、実質価格差が約6年で取り戻され、その後は走行距離が伸びる...

記事を読む

NO IMAGE

日産GT-R 2017年モデルは7月発売予定

GT-Rの進化は「深化」である。チーフ・プロダクト・スペシャリスの田村氏はGT-R2017モデルを説明するにあたりそう表現した。 日産GT-Rは2007年10月の発表以来8年、毎年毎年細部を改良し、着実に進化を続けてきた。その進化の変遷で内外装についてはこれまで「大きな」変更はなかった。 エクステリアの変化と言えば、2010年11月7日に実施された「2011年モデル」に際し、バンパー及...

記事を読む

NO IMAGE

シエンタ vs シエンタHV どっちが買いか

ハイブリッドの価格を装備差も補正して割り出すと、ノーマルエンジンよりも約35万円高い。減税額の違いを含めると約32万円に縮まる。それでもこの実質格差を燃料代の差額で取り戻すには、約16万kmも走る必要がある。1年間に1.5万kmを走っても10年以上だ。 シエンタの場合、ノーマルエンジンのJC08モード燃費が20.2km/Lと優れているので、ハイブリッドの27.2km/Lは、比率にすれば135...

記事を読む

NO IMAGE

2代目プリウスPHVは最高傑作か?

北米市場でプリウス・プライム(極上)のモデル名が与えられた2代目プリウスPHVは、先代でパッとしなかった販売を巻き返すベく、プリウスとは明確にエクステリアデザインを作り変え、一段上級のモデルという位置づけとしている。 ヘッドライトはプリウスが縦目なのに対し、カバーの形状こそ異なるが「ミライ」と同じ薄型の4灯式LEDを採用。Aピラーより前のボディパネルのすべて別物だ。リア回りも、横方向に伸びた...

記事を読む

NO IMAGE

今夏から軽はムーヴコンテとミラ、ワゴンRが一新し、NMKVの新規モデルが登場

登録車が16年度に入り、回復基調に転じつつある一方で、軽自動車は取り残され低迷がまだしばらく続きそうです。ただ新年度の下期以降はダイハツ、スズキ、ホンダ、NMKVが相次いで戦略新型車を投入するので、本格的な回復が期待できそうです。 マーケットを引っ張るのは今夏から来春にかけて相次で登場する次期型ムーヴコンテ、ミラ、ワゴンR、スペーシア、N-BOX、それにNMKVが企画開発する5ドアハッチバッ...

記事を読む

NO IMAGE

86大変身!

大がかりなマイナーチェンジを受けた86。やはり目立つのはエアインテークの開口部を大きく取り、形状が滑らかになったフロントバンパーとLEDヘッドライトの組み合わせ。サイドのバッチはシンプルな丸型に変更。これはバンパーからの風の流れをよりスムーズにする効果もあるそうだ。リアバンパーと共にテールランプをLEDに変更され、エアロスタビライジングフィンの形状も見直された。 開発責任者の多田氏が力説する空力...

記事を読む

NO IMAGE

ダイハツ4月中旬にウェイクを一部改良、バンを新設定

ダイハツはこの4月上旬にもウェイクを一部改良すると同時に、新たに4ナンバーの商用車、バンを設定して発売します。一部改良は安全パックの「スマートアシストⅡ」装備車の追加などで商品ラインアップを強化します。 バンはウェイクの室内の広さを活かし、業務用としての活用範囲を広げるのが狙いです。こちらにも安全パックが設定されます。 ウェイクはトヨタに「ピクシスメガ」としてOEM供給していて、同モデ...

記事を読む

NO IMAGE

新型インプレッサ 進化の中身!日本発売は今年10月

スバルグローバルプラットフォームを初めて採用する新型インプレッサはまさに「維新を感じさせる」ものだった。 スバルのデザインキーワード「ダイナミック☓ソリッド」。これもこの新型インプレッサから採用されたものだが、正面、サイドとリアの4つの面を一連につないで一体感を持たせたフォルムのボディ四隅にタイヤを踏んばらせるような格好で配置した。 ボディサイズは全長4625(5ドアは4460)mm、...

記事を読む

NO IMAGE

アウトランダーPHEV、デリカD:5&パジェロクリーンディーゼルの補助金半減分を値引きで対応

三菱自動車も15年度クリーンエネルギー補助金の期限切れにより、その対象となるアウトランダーPHEV、デリカD:5&パジェロクリーンディーゼルについて補助金の半減分は値引きでカバーする方針です。 15年度から16年度へ切り替わることで各補助金額は、アウトランダーPHEVが29万円から12万~13万円、デリカD:5のディーゼル車が5万円から2万1千円、パジェロのディーゼル車が14万円から5万30...

記事を読む

NO IMAGE

マツダロードスターRF 日本仕様は2L、6AT&6MTで今秋登場!

今回のニューヨークオートショー最大のサプライズはマツダMX-5(国内名ロードスター)RFだった。ロードスターのRHT(リトラクタブル・ハードトップ)が発表されるとの事前情報は得ていたが、RF=リトラクタブル・ファストバックという名称、そのルーフ形状、そしてその完成度の高さは想像を大きく超えるものだった。 派生車ではなく、別の車を思わせる完成度の高さ クローズドの状態でサイドから眺めると、ルーフ...

記事を読む

NO IMAGE

マツダはクリーンディーゼルの補助金半減を値引きでカバー

3月中旬に15年度クリーンエネルギー車補助金が期限切れとなり、クリーンディーゼル補助金が半減する見込みです。マツダはその分を値引きでカバーし、ユーザー負担増を最小限にする方針です。 15年度分のクリーンディーゼル補助金はマツダ車の場合、12万~16万円でした。これが16年度分は半分の6万~8万円程度に半減される見込みとなっています。 半減する16年度の補助金ではユーザーの負担増になるた...

記事を読む

NO IMAGE

次期スイフトスポーツの心臓は話題のターボか、痛快なNAか?

スズキの小型車の主力モデルであるスイフト。その高性能スポーツモデルとなるスイフトスポーツの次期型の姿は? 初代スイフトスポーツが誕生したのは03年。05年登場の2代目と11年登場の現行モデルの3代目がキープコンセプトのモデルチェンジだっただけに、次期型はどうなるのか? 基本フォルムやブラックアウトしたA&Bピラーなど、2代目から続くスイフトのアイデンティティを継承。その上で、次...

記事を読む

NO IMAGE

次期レクサスGSがスゴイ

今や日本国内において、日本メーカーの高級車市場は壊滅的な状況にある。これまでトップだったVWを抜いた好調なメルセデスベンツ、そしてBMW、アウディ、ジャガーといわゆる高級車に太刀打ちできるのはクラウンしかないのが実情だ。 確かに、このジャンルでは販売台数がそのまま車の評価につながるわけではないが、クラウン以外の日本車は苦戦しているのは間違いない。理由として性能や品質ばかりではなく、メーカーの...

記事を読む

NO IMAGE

新型パッソの価格を決め、事前予約の受付開始

トヨタカローラ店は4月12日発表、発売する次期型パッソの価格を決めて事前予約の受付を開始しています。 2WDだと標準タイプが115万200~144万7200円、上級タイプのMODAが143万1000~165万7800円。従来モデルにくらべると5万円程度の値上げになっていますが、スマートアシストⅡやエコカー減税分を差し引くと実質的には据え置きとなります。4WD車は全グレードに設定されて約18万...

記事を読む

NO IMAGE

レクサスISのビッグマイナーチェンジデザイン変更点 登場は今年9月

デザイン的にレクサスブランドの中では最もすぐれていると言われるIS。そのISが早くもビックマイナーを受ける。フロントバンパーやヘッドライト周辺を大きく変更し、新しいレクサスブランドをイメージさせるデザインとなる。メカニズム面では大きな変更はなさそう。 早いものでISの登場から5月で丸3年になるが、この秋にもビッグマイナーチェンジを受けることになる。 デザイン的にはバンパー、ヘッドライト...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタ、エスティマのビッグマイナーチェンジ車の概要を扱い店に提示

トヨタはこのほど6月6日にビッグマイナーチェンジする「新型エスティマ」の商品概要を、扱い店であるトヨタ店とカローラ店に提示しました。フロントマスクの一新、パワートレインラインアップの整理、グレード構成の一本化、ボディーカラーの拡大など、が主な変更点です。 フロントマスクは最近のトヨタ車のトレンドに合わせ、バンバーまで切れ込んだ六角形の大型グリルを採用。パワートレインは3.5Lを廃止し、2.4...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

1 2