「 ホンダ 」一覧

NO IMAGE

ホンダN-VANの詳細とシビックIXの情報

18年に新型N-BOXの派生モデルとしてデビューする商用バン、N-VANの詳細がついに明らかになった!さらに来年はシビックにハイブリッドモデルが新設定される! 17年9月2代目へとフルモデルチェンジしたN-BOXが、発売から1ヵ月で5万台以上の受注と好調な売れ行きを見せているホンダは、来年には2車種のニューモデルを投入。更なるラインアップ強化で販売攻勢をかける! 18年ホンダ一番の目玉はN...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダN-ONEマイナーチェンジ、ステップワゴンHVは好調!

12月21日発表、22日発売でN-ONEをマイナーチェンジ ホンダは、軽自動車のN-ONEを12月21日発表、22日発売でマイナーチェンジします。 今回は車種ラインアップの再編、装備の充実、新ボディカラーの追加が主な改良内容となります。 装備はUVカットガラス、遮音性フロントガラス、USB差し込み口の設置など。 グレード体系は、これまで特別仕様車を含めて10タイプ以上設定されて...

記事を読む

NO IMAGE

最新ミニバン10車!買いのポイント

今注目のミニバン10モデルの購入ポイントチェック! トヨタエスティマ 327万1418~492万8727円 90年に発売された初代エスティマは、卵型の外観、上質な内装、快適な居住性などにより、新時代の高級車として人気を集めた。 その後も路線を変えずにフルモデルチェンジを行い、現行型は06年に発売された三代目になる。 プラットフォームは先代ヴェルファイアあるファードと共通で、操舵感や...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダは来春SUVラインアップ強化、N-ONEは廃止か?

ホンダは来春、SUVのラインアップ強化で巻き返し ホンダは18年3月にヴェゼルをマイナーチェンジ、5月に新型CR-Vを投入することでSUVラインナップを強化し、SUVの分野で増販攻勢を図る方針です。 ヴェゼルのマイナーチェンジの内容は内外装のデザイン変更、新グレード&ボディカラーの設定、安全パッケージ「ホンダセンシング」の進化バージョンの標準装備など。 CR-Vは、先に開催さ...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダ2018年ニューモデルとオデッセイマイナーチェンジ

ホンダが18年に投入するニューモデル ホンダは18年春から夏に投入のニューモデルとして、ハイブリッド専用小型車、次期型CR-V、新型PHV、新型軽商用車を中心に展開する方向で開発を進めています。 来春トップを切ってデビューするのは軽キャブワゴンであるバモス/バモスホビオの後継モデルです。 Nシリーズの商用車バージョンとして、新開発のプラットフォーム&基本コンポーネントを採用し...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダスパーダ ついにハイブリッド登場!

今回マイナーチェンジとなったステップワゴンは「スパーダ」全面押しである。 現行モデル登場から3年経過。 ハイブリッド搭載なしの1.5Lターボで善戦する中、ステップワゴン標準車とスパーダの販売比率は2対8ほどと圧倒的にスパーダの方が高い。 ならば、その流れで強烈にプッシュすべしと、標準車はわずかな変更に留め、スパーダを大胆にチェンジ。 変身した顔につい目がいくが、注目は待望の...

記事を読む

ホンダ新型N-BOXはヒット?オデッセイマイナーチェンジは?

ホンダ新型N-BOXはヒット?オデッセイマイナーチェンジは?

cタイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名:佐藤秀峰 新型N-BOXはヒットモデルになれるか? ホンダが9月1日に発売した新型N-BOXがヒットか、それとも今一歩か、評価が微妙な状況にあります。 月間計画1万5000台に設定したのに対して、事前約1ヶ月の受注台数は2万5000台でした。 この数字だけを見ると「好調な滑り出しでヒット作の予感がする」ということになります。...

記事を読む

新型N-BOXは中身がすごい

新型N-BOXは中身がすごい

cタイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名:佐藤秀峰 日本にベストな乗り物を創造する、と言う意志のもと、新型Nシリーズを開発したホンダ。 従来型N-BOXはその第一弾として2011年に登場し、その広い室内や使い勝手の良さで、ベストセラーモデルとなったのはご存知の通り。 そんなN-BOXの新型が8月31日、ついに姿を現した。 「全ての領域で性能を向上させた」と言...

記事を読む

ホンダ CR-Z後継スポーツコンセプト

ホンダ CR-Z後継スポーツコンセプト

cタイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名:佐藤秀峰 ホンダ隠し球のスポーツカーがサプライズデビュー ホンダは東京モーターショーで「ホンダらしさ」をアピールしたいとしている。 では「ホンダらしさ」とは? 世代によってイメージに差異はあろうが、車好きであればホンダ=スポーツと言う図式に異論は無いだろう。 前々回の東京モーターショーでホンダはS660へとつな...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダシビック 10代目 7月27日発表

世界のCセグメントをリードする。その目的の為、歴代初となるセダン、ハッチバック、そしてタイプRも含めたシリーズ同時開発が行われた10代目シビック。 新たに開発された低重心シャシーおよびボディは、ハイテン材の効果的な配置や結合構造の最適化などで、ねじり剛性を25%向上しつつ、22kgの軽量化も達成した。 ボディ形状は、伸びやかなリアピラーが優雅な印象を与えるセダンと、短縮されたリアオーバ...

記事を読む

NO IMAGE

N-BOX、ステップワゴンスパーダHV 最新情報

次期型N-BOXは発売直後に納期が来年にずれ込む? ホンダが8月に発売する次期型N-BOXは発売直後の納期が早くも来年にずれ込む見通しとなっています。 ホンダは最近、ホンダカーズ店の営業担当者を集め、商品説明会を実施し、あわせてタブレットによる商品内容の情報発信を行い、実質的なティザーキャンペーンを実施しています。 そして、販売店向けには「新開発のプラットフォームによる室内の居住空間...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダN-BOX 8月下旬デビュー

モデル末期の今の好調に売れているN-BOXだが、8月下旬にフルモデルチェンジ。新型は最新の予防安全装備「ホンダセンシング」を採用するのが最大のポイント。 「ホンダセンシング」はミリ波レーダー+単眼カメラで事故を予防するもので、現在のN-BOXに搭載されている緊急自動ブレーキが30km/h以下でしか使えないのに対し、こちらは80km/hまで対応。 また、歩行者も検知するので安全性は大きく...

記事を読む

NO IMAGE

2017年6月7月はニューカーラッシュ!

今年の6から7月はニューカーラッシュの時期となる。フルモデルチェンジはカムリだけだが、シビックが復活して、そのタイプRも登場。そして、人気モデルが次々にマイナーチェンジして商品力を向上。 コンパクトクラスではアクアとフィット、SUVではハリアーとエクストレイルがマイナーチェンジ。 ハリアーには2Lターボが新設定され、エクストレイルはセレナに続くプロパイロットがオプション設定される。また...

記事を読む

NO IMAGE

N-BOX モデル末期でも売れ行き衰えず!他のモデル末期でも売れた車は?

2011年12月の発売からもう5年半が経過。しかもあと数ヶ月でモデルチェンジするというのに売れ行きが全く落ちない車がある。ホンダのスーパーハイトワゴン軽N-BOXだ。 N-BOXはデビュー直後から高い支持を獲得。2012~13年度と軽自動車販売1位となり、2014年度はタントにトップを譲って2位になったものの、2015~16年度とトップを奪還。 また、今年3月単月でも登録車を含めた全て...

記事を読む

NO IMAGE

新型N-BOX 新エンジンで燃費性能アップ、S07A型エンジンは廃止?

ホンダ新型N-BOX 2017年8月デビュー予定 今年ホンダが導入する新型車は2車種。そのひとつはシビックでこちらの内容はほぼ明らかにされているだけに、注目されるのはもう一台、次期型のN-BOXだ。 現行型N-BOXは、ホンダ軽自動車のNシリーズ第一弾として2011年にデビュー。7年目を迎える今年も好調な売れ行きを続けていて、昨年は年間ベストセラーとなった。 そんな人気モデルのフルモ...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダステップワゴンハイブリッドとN-BOXの最新情報

今秋発売のステップワゴンハイブリッドは2L&リチウムイオンバッテリー方式か? ホンダは今秋の9月頃にもステップワゴンをマイナーチェンジすると同時に、ハイブリッドモデルを設定する方法で開発を進めています。 パワートレインは2L&2モーター&リチウムイオンバッテリーの組み合わせが有力になっています。 ただ、同方式のハイブリッドはオデッセイやアコードに搭載されていま...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダフィット、N-BOXモデルチェンジ

フィットをマイナーチェンジしホンダセンシング装備車を設定 ホンダは6月上旬にもフィットをマイナーチェンジすると同時に安全パッケージ「ホンダセンシング」装備車を設定、発売します。 マイナーチェンジでは内外装のデザイン変更と同時に、Fパッケージを除くL&Sパッケージにホンダセンシング装備車を設定します。 ハイブリッド車は新型フリードに採用した改良ユニットを移植する可能性もあります...

記事を読む

NO IMAGE

新エコカー減税で減税が縮小する車種予想(ホンダ車)

ホンダはトヨタと並んでハイブリッド車による低燃費車をだしていたわけで、そういうハイブリッド車についてはエコカー減税の対象車種になると思いますが、そうでないガソリン車はエコカー減税が縮小してしまうと思われます。 もしも、これからガソリン車の購入を検討しているのであれば、早めに対応したほうがいいでしょう。 たとえば、ホンダフリード13G(6人乗り)は2020年度基準を達成していて、現在は取...

記事を読む

NO IMAGE

日産、ホンダ、スズキ 低金利残価設定クレジットで増販攻勢

日産 決算セールを低金利残価設定クレジットで増販攻勢 日産は3月末までの今期決算セールを実質年利0.1~2.9%の低金利残価設定クレジットで盛り上げ、増販攻勢をかける方針です。 車種別に実質年利を分けて実施します。電気自動車のリーフは0.1%、セレナ、エルグランド、スカイラインを1.9%。エクストレイル、ジューク、キューブ、軽自動車を2.9%としています。 通常だと4.9%なのがセレ...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダスのポーツスピリッツS2000、NSXタイプR

ホンダスポーツスピリッツの意地を見せる。待望のS2000後継車が登場可能性大! S2000コンセプト 新型シビックタイプR用2Lターボをミドシップに搭載。320psのピュアスポーツいよいよ出展 ホンダが東京モーターショーですごいことになるには、何と言っても新しい時代のスポーツカー像を提案してくれることだ。 北米中心に開発されたNSXよりも、日本のホンダファンを納得させるスポーツカー...

記事を読む

NO IMAGE

ヴェゼルの価格と値引き目標金額

ホンダヴェゼル 価格:192万~288万6000円 値引き目標額21万円 コンパクトクラスのクロスオーバーSUVだが、低床フロアのフィットをベースにしているため、キャビンは広く、ラゲッジルームも実用的な広さだ。 パワーユニットはスポーティグレードのRSでも1.5L DOHCとなる。標準仕様は不満のない実力だが、RSは期待度が高いため、もう少し高性能なエンジンが欲しくなる。足がスポーテ...

記事を読む

NO IMAGE

シビックセダン レスポンスに優れる1.5Lターボ搭載

米国ではコンパクトな部類に入りそうなサイズだが、そういう車はだいたい日本に導入されると予想以上に大きかったというオチがつく。 米国では、他が大きすぎてスケールが感じられなくなるのだ。しかし、シビックは明らかに大きい。何しろボディサイズは全長4503mm、全幅1752mm、全高1435mmである。シビックというよりアコードだ。 ただし、大きなぶんキャビンスペースはしっかりと広い。乗り心地...

記事を読む

NO IMAGE

2017年ホンダ!N-BOX、シビックR、フィットなど

これから1~2年後、ホンダはまたスポーツモデルを続々投入する! 11月下旬、関東地方のあるサッカーアリーナで、ホンダディーラーの代表者を招き、17年度に導入する新車ラインアップを紹介する「ビジネスミーティング」が開かれた。 15年のS660の市販、750台限定とはいえイギリスからシビックタイプRの導入、そして16年のNSX発表と、ホンダファンにとって注目すべきモデルがここ1~2年で続々...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダ ステップワゴンモデューロX

ステップワゴンモデューロXは、ピシッとした乗り味だけど突き上げ感などはなく、むしろノーマルよりも乗り心地良く感じる。 特に高速道路のロングドライブでは、アイポイントの上下移動が少なくて疲れが軽減されるのが嬉しい。 「目指したのは2列目や3列目の同乗者も感じられる上質さです」と開発担当者が言うように、比較的低速で走る一般道でも路面段差の乗り越えの時の「タタン」という衝撃のいなし感など、ド...

記事を読む

NO IMAGE

新型フリードの納期が来年2月下旬~3月に延長

ホンダが9月16日に一新した新型フリードの生産が追いつかず、納期が来年2月下旬から3月と3ヶ月以上の納車待ちとなっています。なお、ガソリン車よりもハイブリッド車の方が1か月程度長く待たされる状況です。 月販目標を6000台に設定したのに対して、1か月後の受注台数はその4.5倍にあたる2万7000台強に達しました。 このため月産1万台規模に引き上げ、納期の短縮を図っていますが、ま...

記事を読む

NO IMAGE

年末ボーナス商戦!コミコミ350万円のホンダ車は?

フリード 188万~272万8200円 コンパクトミニバンの代表で、現行型は1~3列目シートの間隔を90mm拡大。3列目の足元空間を広げたが、床と座面の間隔が乏しく膝が持ち上がる。 最大の欠点は床の高さがステップワゴンと同等なのに全高は130mm低いこと。そのために座る位置も下がった。価格はハイブリッドの割安。 ノーマルエンジンと比べて、装備差を補正すると実質28万円の上乗せに収まる...

記事を読む

NO IMAGE

新型フリードが販売絶好調で納期が来年にずれ込む

9月16日に発表発売した新型フリードが絶好調の販売推移を見せています。10月末現在の納期は来年初めにずれ込む状況となっています。 中でもハイブリッド6人乗りのGが売れ筋で生産が間に合っていないそうです。増産対応していますが、希望の多いLEDヘッドランプのオプションパーツの供給遅れで十分な対応ができていないのが現状です。 当初設定した月販計画は6,000台ですが、発売後1か月の受注台数は...

記事を読む

NO IMAGE

新型シビックタイプR 発売は来年末?

9月29日より開催されていたパリモーターショーでサプライズ発表されたのは新型シビックタイプR。 今回はあくまでも2017年の市販に向けたプロトタイプということでボディサイズ等、詳細スペックは明らかにはされていない。 しかし、シビックハッチバックは全長4497mm、全幅1800mm、全高1421mm、ホイールベース2700mmと発表されており、これをベースにワイドトレッド/ワイドフェンダ...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダ新型フリード増産で納期短縮へ

9月16日発表、発売した新型フリードは絶好調の滑り出しを見せています。 月間6千台の計画に対して、これを大幅に上回る受注ピッチとなっていることから、月産八千台以上へ増産します。 このため、本来であれば来年にずれ込む納期をガソリン車が11月、ハイブリッド車が12月と年内納車に短縮しています。 新型フリードは8月上旬から事前予約の受付を開始して、発表、発売までに1万3千台を受注してい...

記事を読む

NO IMAGE

シビックタイプR 次はセダンで18年に!

今年2月、ホンダの八郷社長は、2年以内のシビックセダンの国内復活を明らかにした。そのセダンに新しい動きがある。 シビックセダンは昨年11月、北米で市販され、9月29日から開かれるパリサロンでヨーロッパでも初公開されるグローバルモデル。 それを日本にも導入するということだが、日本仕様で一番力が入れられているのが、どうやらタイプRということのようだ。 すでにニュルブルクリンクでの高速...

記事を読む

NO IMAGE

新型フリード好調!納期は早くも来年に?

9月16日に発表発売したホンダの新型フリードが好調な立ち上がりを見せています。発売直後の納期はガソリン車が12月後半、ハイブリッド車が来年の年明け早々と供給が追いつかない状況になっています。 当面はフル生産で、月販1万台ペースになる見込みです。コンパクトミニバンは昨年フルモデルチェンジしたトヨタのシエンタがこれまで圧倒的な強さで売れていましたが、新型フリードの登場で、当面このクラスは新型フリ...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダS1000&S2000は出るのか出ないのか?

S1000 当初浮上していたワイド版S660ではなく、1L直噴ターボをフロントに搭載するFRとして開発が進められる。 S2000 シビックタイプRにも搭載された310psを発揮する直4、2Lターボエンジンをミドに搭載するS2000。NSXのような複雑なフロント2モーターシステムなどは搭載せず、純粋なミドシップ後輪駆動となる模様。イメージとしては初代NSXの正常進化版か? ホ...

記事を読む

NO IMAGE

9月16日登場の新型フリードとシエンタどっちがいい?

9月16日に発売開始となる新型フリードはすでにホンダがティザー広告展開しており、内外装が明らかにされているし、1.5Lガソリンエンジン&ハイブリッドといったパワートレーンも明らかにされている。 8月5日より予約受注が開始されており、すでに3万台を超える受注台数で、年内納車も難しい状況だと言う。 価格は3列シート車のフリードが189万~231万円ほどで、フリードハイブリッドは224万~2...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダNSX日本デビュー!2370万円の価値はあるのか!? 

3.5L、V6ツインターボ+ハイブリッド&フロント2モーターが繰り出す異次元の走りは、これまでのどんなスーパーカーも一線を画することは間違いないが・・・ NSXのここがポイント 世界に類のない3モーター式トルクベクタリングハイブリッドシステムを採用するミドシップ4WD システム出力581ps、システムトルク65.8kgm 軽量&高剛性を実現するアルミをベースとした複合材素材...

記事を読む

NO IMAGE

次期型フリードの予約受付を開始。価格は188万~268万5000円

9月15日発表、16日発売予定の次期型フリードは8月5日に予約受注の受付を開始しましたが、首都圏のホンダカーズ店筋によると絶好調の滑り出しになっているという事です。発売までに仮予約台数は3万台を突破し、発売直後は年内納車が難しくなるほどの勢いです。 グレード構成は、3列シート(6人~7人乗り)のハイブリッド車がB、G、EX、同ガソリン車はB、G、Gホンダセンシング。 2列シート(名称は...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

1 2 3 4